小菅剣之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小菅 剣之助(こすげ けんのすけ/こすが けんのすけ[1]、常用漢字制定前は小菅剱之助元治2年1月24日1865年2月19日) - 昭和19年(1944年3月6日)は、将棋棋士名誉名人)、実業家国会議員八代 伊藤宗印門下。愛知県名古屋市出身。

将棋界が近代の形へ移っていく最初期の棋士であり、近代将棋界を確立した関根金次郎の兄弟子であるが、各地に将棋組織が乱立し、その統一で揉めた一連の過度期の中では既に引退し、棋界から離れていた人物である。しかしながら、関東将棋界と関西将棋界が決定的に決裂した神田事件において仲裁を行い、将棋大成会として再統一を果たし、その功労で名誉名人の称号を贈られた。

人物[編集]

庄屋の子として生まれる。1877年に上京して勉学に励んだが病気のために翌年一旦帰省。将棋を本格的に初めて1879年に再び上京し、八代 伊藤宗印に入門。二段となる。20歳で四段となり諸国を漫遊。1887年に三たび上京し、宗印の内弟子となる。1888年春六段。1893年七段。1904年八段。

師匠の宗印が亡くなった1893年に現役引退し、実業界に転じる。米穀取引の仲介を営みながら自身も相場をはった。失敗するたびに場所を変え、1900年四日市市に落ち着く。その後株式売買、木材取引、土地開発に着手。1920年に当時の三重県1区から第14回衆議院議員総選挙に立候補して当選し衆議院議員となったが、一期務めただけで引退している。

1921年に名人に推されたが固辞し、弟弟子の関根金次郎を十三世名人に推挙した。

1936年神田辰之助の八段昇段を巡って将棋界が分裂した、いわゆる神田事件の際に調停の役割を果たし、「将棋大成会」の結成に尽力、自ら命名した。同年11月16日に名誉名人の称号を贈られた。

1944年3月6日、熱海の別荘で死去。

八代伊藤宗印の実戦集「将棋名家手合」を編集した。

実業家としては四日市鉄道などの創設の他、東海電線(現・住友電装)、静岡電力、静岡電気鉄道(現・静岡鉄道)などの役員に名を連ねた。これらの事業は1934年に全て引退した。地元では市民病院、公会堂、商工会議所等を建設し、四日市市へ寄付をした。他にも四日市の港湾整備や工業発展に尽力している。また、私財を投じて米価暴騰に苦しむ人々を救済している。政治家としては自身の経験から米価安定が国民経済へ不可欠と考えて、米穀専売法を建議するものの、立憲政友会憲政会の2大政党ではなく小政党に属したために通らなかった(同様の趣旨の食糧管理法1942年に制定された)。

弟子・系譜[編集]

日本将棋連盟に所属した物故棋士とは紹介されないものの連盟の棋士系統図においては祖の一人となっている[2]

小菅自身の直弟子として後の将棋連盟所属棋士にも系譜が続いているのは山本樟郎だけである。山本の弟子には戦中から終戦直後にかけて現役棋士として活躍し、引退後は観戦記者や連盟会長として将棋界に尽力した加藤治郎がいる。その加藤の弟子筋には、原田泰夫桜井昇といった普及活動や後進育成に熱心な棋士がおり、小菅門下の系譜の棋士は他の祖となっている同世代の棋士と比べて数はあまり多くないものの、中田宏樹(王位)や飯島栄治(竜王戦1組)、村山慈明(新人王、NHK杯)など、平成期以降にも一線級の棋士を輩出している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  2. ^ 日本将棋連盟「棋士系統図」

関連項目[編集]