ファイナル・デッドコースター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファイナル・デッドコースター
Final Destination 3
監督 ジェームズ・ウォン
脚本 ジェームズ・ウォン
グレン・モーガン
製作 クレイグ・ペリー
グレン・モーガン
ジェームズ・ウォン
ウォーレン・ザイド
製作総指揮 リチャード・ブレナー
トビー・エメリッヒ
マット・ムーア
出演者 メアリー・エリザベス・ウィンステッド
ライアン・メリマン
音楽 シャーリー・ウォーカー
撮影 ロバート・マクラクラン
編集 クリス・ウィリンガム
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年2月10日
日本の旗 2006年9月9日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 $113,270,608[1] 世界の旗
$54,098,051[1] アメリカ合衆国の旗
前作 デッドコースター
次作 ファイナル・デッドサーキット 3D
テンプレートを表示

ファイナル・デッドコースター』(原題:Final Destination 3)は、2006年にアメリカで公開されたホラーサスペンス映画。『ファイナル・デスティネーション』シリーズの第3作目。今度の大惨事を起こす乗り物はジェットコースター。作品の中に列車事故の描写があり、そのシーンが2005年に発生したJR福知山線脱線事故を連想させるため、日本での劇場公開は延期されていた。

DVDには、「通常版」の他に「選べる!死に様マルチ版」というバージョンが存在する。このバージョンでは、再生中に二択が表示され、選んだ選択肢によってストーリーが変化する「マルチストーリー」になっている。

ストーリー[編集]

壮絶なハイウェイ事故から5年後、マッキンレー高校の卒業イベントで訪れた遊園地でジェットコースターに乗った主人公のウェンディは、凄惨なジェットコースターの脱線事故の予知夢を見る。パニックを起こしたウェンディは、10人の仲間と共にジェットコースターを降りるが、その直後に事故は現実のものとなってしまう。多くの死亡者が出る中、間一髪で助かったウェンディ達。だがその後、元々死ぬ運命にあった10人のうち2人が日焼けサロンで怪死を遂げる。ウェンディは、事故の直前に撮影された写真の中に死のヒントが隠されていることに気づき、自らの死を回避しようとする。

登場人物[編集]

ウェンディ / ウエンズデー・クリステンセン
今作の主人公。高校卒業記念で遊びに来た遊園地で、ジェットコースターの大事故を予知する。その事故で恋人のジェイソンと親友のキャリーを失う。ケヴィンから180便の爆発事故の話を聞かされ、遊園地で撮影したデジタルカメラの画像を手がかりに生存者達を救おうとする。ジェットコースターでは、最前列の座席を恐がったことやフランキーの割り込みによって最後尾の車両に乗っていた。
元々は快活で仕切り屋な性格だったが、恋人と親友を亡くしたショックで塞ぎ込むようになってしまう。当初はキャリーに「自分は仕切り屋な性格だから子供っぽい彼の姿を見ていると苛立つことがある」と語るなど、ケヴィンのことを快く思っていなかったが、一緒に死の運命に立ち向かっていく中で恋人の死という同じ傷を抱える彼に深い信頼を寄せるようになる。
死ぬ順番は10番目。最後まで生き残るが、再び地下鉄脱線事故を予知してしまう。地下鉄脱線事故の予知夢では、地下鉄脱線事故で外に放り出されたところ後方からの電車に轢かれる寸前まで描かれた。
『死に様マルチ版』の選択によっては更に進んで轢死してしまう。また、物語の冒頭でジェットコースターに乗る直前に予知夢を見てその場から逃げ出し、ケヴィン達と共に生存してジェットコースターの大事故を目にする。
ケヴィン・フィッシャー
ジェットコースターでウェンディの隣に座っていた。その時の事故でウェンディと同様に恋人を失う。普段は落ち着きがなく、子供っぽいムードメーカーな性格だが責任感が強く、ジェットコースターに乗る直前にジェイソンからウェンディのことを頼まれたこともあり、彼女と共に死の運命に立ち向かい、身を挺してウェンディを守ろうとする。
死ぬ順番は9番目で、ガス爆発で焼死しそうになるがウェンディーに助けられる。その後のウェンディの予知夢では地下鉄脱線事故で壊れた窓から車外に投げ出され即死する姿が描かれた。
ジェイソン・ワイズ
ウェンディの恋人でケヴィンの親友。
ジェットコースターで後ろの席に座ってウェンディに付き添うか悩んでいたが、ケヴィンが持ちかけたコインの表裏当てに勝ったため、ウェンディの付き添いを彼に任せて先頭車両最前列の左側に座っていた。大事故の予知夢を見てパニックを起こすウェンディを降ろすために安全バーのロックが解除されたのは3両目以降の車両だけだったため、そのままジェットコースターに残り、事故で死亡。
『死に様マルチ版』の選択によっては、ジェットコースターに乗る直前に予知夢を見たウェンディがそのまま逃げ出し、ケヴィンやキャリーと共に彼女の後を追ってジェットコースターを諦めたことで生存する(しかしアシュレー達はそのまま残ってジェットコースターに乗ってしまい、彼女達が事故死してしまう)。
キャリー・ドレイヤー
ウェンディの親友でケヴィンの恋人。物語冒頭にて、卒業後にケヴィンと別れることをウェンディに伝えていたが、ケヴィン自身はそのことを知らず、卒業した後に彼女へのプロポーズを考えていた。
ジェットコースターでジェイソンと共に最前列の席(右側)に座っていたため、ジェットコースター事故で死亡。
『死に様マルチ版』の選択によっては、ジェイソンと共に予知夢を見て逃げ出したウェンディの後を追ったことで生存する。
ジュリー・クリステンセン
ウェンディの妹。姉のことは「姉貴」と呼ぶ等、やや生意気かつ反抗的な性格で、祖母から貰った幸運のブレスレットが宝物。当初ウェンディは彼女がジェットコースターに乗っている事に気付いていなかった。死ぬ順番は7番目で、馬に引きずられ、小麦脱穀機に巻き込まれる所だったが、ケヴィンに助けられる。その後のウェンディの予知夢では、脱線事故で破損し飛ばされてきた列車の車輪に直撃され死亡する姿が描かれた。
イアン・マッキンレー
エリンの恋人。根暗な皮肉屋で、同級生から快く思われていない。街や高校の名前と同じ「マッキンレー」の姓に強いコンプックスを持っている。
死ぬ順番は5番目だったが、ウェンディ達の介入で一旦は死の運命を回避する。しかし、直後に恋人であるエリンの死を目の当たりにし、彼女の死の原因として一方的にウェンディを逆恨みするようになる。最期は暴発した花火の直撃でロックが解かれ、急降下したクレーンのアームに押し潰され死亡。
『死に様マルチ版』の選択によっては微妙に破片の少ない死に様になる。
ペリー・マリノフスキー
ジュリーの友達で、一緒にジェットコースターに乗っていた。死ぬ順番は8番目で、馬に吹き飛ばされた旗の棒が胸部を貫通し死亡する。
アンバー
ジュリーの友達。ジェットコースターに乗っていなかったためか、予知夢とは無関係に生存する唯一の人物。
エリン・ウルマー
イアンの恋人。死ぬ順番は6番目で、イアンと一緒に勤める日曜大工用具店で机に向かって転倒して後頭部をぶつけ、その際に動き出した釘打機に後ろから頭部全体に無数の釘を打ち込まれて死亡。
ルイス・ロメロ
死ぬ順番は4番目で、アメフトの合宿に訪れていたトレーニングジムのマシンが壊れたのに気付かず使用したため、両側から落下してきた重りに頭部を挟み潰されて死亡。勝ち気な自信家で、ウェンディの予知夢を信じておらず、彼女が最初にジェットコースターの大事故を予知した際はそれを信用せず、一方的に彼女を馬鹿にしてケヴィンと取っ組み合いを起こし、係員につまみ出されてしまった。
『死に様マルチ版』の選択によっては前触れが一切省略され、驚きの早さで死んでしまう。またアングルも少しだけ異なる。
フランキー / フランクリン・チェックス
死ぬ順番は3番目で、ドライブスルーで無人のトラックに追突され、ボンネットから飛び出してきた後続車のエンジンに後頭部を切り刻まれ死亡する。
女好きで、ビデオカメラを常に持ち歩いている盗撮趣味の好色家。高校は2年前に卒業しているが、アシュレー達に気があり、彼女達を追って卒業イベントに紛れ込んでいた。性欲過多な性格ゆえ、アシュレー達から嫌悪感を抱かれていたが、彼女達が死んだ時は深く悲しみ、自分を責めていたが、慰めの言葉をかけてきたジュリーに迫り平手打ちを喰らった。
『死に様マルチ版』の選択によっては生存する唯一の人物。しかしその後おとり捜査官を盗撮してしまい、逮捕される。
アシュレー・フロインド
死ぬ順番は最初で、アシュリンと共に日焼けサロンを訪れた際に持ち込み禁止の飲み物を持ち込んだことで結露によって日焼けマシンが故障、更に落下してきた棚板が挟まってマシンの蓋が開かなくなったため、異常な強さの紫外線で身体を焼かれた末にショートし発火したマシンの中で焼死し、二人並んで棺桶に入る。
『死に様マルチ版』の選択によっては、マシンが発火する前にアシュリンがマシンの蓋を開けたために焼死は免れたものの、マシンのショートによって感電死する。
アシュリン・ハルペリン
死ぬ順番はアシュレーと同じで、共に日焼けマシンに閉じ込められ、そのままマシンがショートし焼死する。ジェットコースターではアシュレーの隣に座っていた。
『死に様マルチ版』の選択によっては、棚板の落下で日焼けマシンの蓋が開かなくなる直前にマシンから出たものの、落下してきた棚板が頭部に直撃して一時的に気を失ってしまう。アシュレーの悲鳴で目を覚まし日焼けマシンの蓋を開けたが、彼女を助け起こそうと手を握った際にマシンがショートし、彼女諸共感電死する。
キンバリー・コールマン
トーマス・バーク保安官
前作の主人公およびもう一人の生存者。
本編には未登場だが、『死に様マルチ版』の選択によっては新聞の死亡記事で写真のみ登場する。二人とも木材チッパー(木材破砕機)に引きずり込まれて死亡。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ウェンディ・クリステンセン メアリー・エリザベス・ウィンステッド 林真里花
ケヴィン・フィッシャー ライアン・メリマン 置鮎龍太郎
イアン・マッキンレー クリス・レムシュ 森久保祥太郎
エリン・ウルマー アレックズ・ジョンソン 幸田夏穂
フランキー・チェックス サム・イーストン 高木渉
ジュリー・クリステンセン アマンダ・クルー 坂本真綾
ルイス・ロメロ テキサス・バトル 山野井仁
アシュレー・フロインド シャーラン・シモンズ 三石琴乃
アシュリン・ハルペリン クリスタル・ロウ 伊藤美紀
ジェイソン・ワイズ ジェシー・モス 加瀬康之
キャリー・ドレイヤー ジーナ・ホールデン 園崎未恵
ペリー・マリノフスキー マギー・マ
アンバー エクスタシア・サンダース
デビル トニー・トッド(声) 銀河万丈
ショーン ディラン・バジル 加瀬康之
牧師 R・デイビッド・スティーブンス 東和良

脚注[編集]

  1. ^ a b c Final Destination 3 (2006)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月22日閲覧。

シリーズ[編集]

外部リンク[編集]