ペイ・フォワード 可能の王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペイ・フォワード 可能の王国
Pay It Forward
監督 ミミ・レダー
脚本 レスリー・ディクソン
製作 ピーター・エイブラムス
ロバート・L・レヴィ
スティーヴン・ルーサー
製作総指揮 メアリー・マクラグレン
ジョナサン・トレイスマン
出演者 ハーレイ・ジョエル・オスメント
ケヴィン・スペイシー
ヘレン・ハント
音楽 トーマス・ニューマン
撮影 オリヴァー・ステイプルトン
編集 デイビッド・ローゼンブルーム
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年10月20日
日本の旗 2001年2月3日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000
興行収入 $55,707,411
テンプレートを表示

ペイ・フォワード 可能の王国』(ペイ・フォワード かのうのおうこく、原題: Pay It Forward)は、キャサリン・ライアン・ハイド小説、および2000年製作の同タイトルの映画ミミ・レダー監督。

あらすじ[編集]

ラスベガスに住むアルコール依存症の母と家を出て行った家庭内暴力を振るう父との間に生まれ、中学1年生になった主人公トレバーの担任教師は社会科のシモネット先生だったが、彼の顔面には酷い火傷の跡が残っていた。シモネット先生は生徒達に、「もし自分の手で世界を変えたいと思ったら、何をする?」と問いかける。生徒達は中学生(アメリカでは7年生)である、悪く言えば幼稚な考えを提出するが、トレバーは違った。彼の提案した考えこそ、後に世界を変えることになる、「ペイ・フォワード」だった。ペイ・フォワードとは自分が受けた思いやりや善意を、その相手に返すのではなく、別の3人の相手に渡すというものだった。 トレバーは“渡す”相手を探す。仕事に就かない薬物中毒の男。シモネット先生。いじめられている同級生。 “ペイフォワード”は本人は失敗だったと思い始めるトレバーだったが、そんなトレバーを見ていた母親が、彼には内緒でこの運動をはじめることで、トレバーの努力は日に日に報われる。遂にはテレビに取材されるなど、波紋は着実に広がっていくのだが…。

作品誕生のきっかけ[編集]

原作者キャサリン・ライアン・ハイドは「ペイ・フォワード」誕生についてこう語っている。 治安の悪い町で車がエンストしてしまったハイドは、車に近付いてくる男2人に恐怖心を抱く。しかし男はエンストしてしまったハイドの車を快く修理してくれたのだった。そこから、この“善意を他人へ回す”という思考が誕生した。

コピー[編集]

きっかけはここにある!

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
トレヴァー・マッキニー ハーレイ・ジョエル・オスメント 進藤一宏
ユージーン・シモネット ケヴィン・スペイシー 田原アルノ
アーリーン・マッキニー ヘレン・ハント 小林優子
クリス・チャンドラー ジェイ・モーア 横堀悦夫
ジェリー ジェームズ・カヴィーゼル 寺杣昌紀
グレイス アンジー・ディキンソン 斉藤昌
リッキー・マッキニー ジョン・ボン・ジョヴィ 宮本充
ショーン ショーン・パイフロム

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]