殺しの分け前/ポイント・ブランク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
殺しの分け前/ポイント・ブランク
Point Blank
監督 ジョン・ブアマン
脚本 アレクサンダー・ジェイコブス
デヴィッド・ニューハウス
レイフ・ニューハウス
原作 リチャード・スターク
(「悪党パーカー/人狩り」より)
製作 ジャド・バーナード
ロバート・チャートフ
出演者 リー・マーヴィン
音楽 ジョニー・マンデル
撮影 フィリップ・H・ラスロップ
編集 ヘンリー・バーマン
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1967年8月30日
日本の旗 1968年2月10日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $9,000,000[2]
テンプレートを表示

殺しの分け前/ポイント・ブランク』(原題:Point Blank)は、1967年制作のアメリカ合衆国アクション映画

ドナルド・E・ウェストレイクが「リチャード・スターク」名義で執筆した小説「悪党パーカー/人狩り」を映画化したネオ・ノワールジョン・ブアマン監督。

あらすじ[編集]

ウォーカーは戦友のマルに懇願されて密売の金を強奪したが、直後にマルは態度が豹変、ウォーカーを撃ち金を奪って逃げた。幸い弾は急所を外れ、ウォーカーは一命を取り留めたが、マルはウォーカーの妻リンと通じておりリンとともに逃げてしまう。

1年後、マルとリンの行方を探すウォーカーは、ヨストと名乗る男から分け前と妻を取り戻す手助けをする代わりに、自分が組織を握るのに手を貸してくれと持ちかけられ、マルがリンをかこっているマンションを教えられた。だが、ウォーカーがそのマンションに行ってみると、マルの姿はなく、さらにやっと再会できたリンは、夫への裏切りを後悔して自殺してしまう。ウォーカーはリンにマルからの手当てを持ってきた組織の下っ端を締め上げてマルの配下のビッグ・ジョンことジョン・ステッグマンの名を聞き出す。

復讐に燃えるウォーカーはビッグ・ジョンを締め上げて、マルがナイトクラブを経営しているリンの妹クリスを新しい情婦にしようとしていることをつきとめた。ウォーカーはクリスの協力を得てマルのマンションに忍び込みマルを締め上げるが、マルはウォーカーに「金は全部組織に納めて、手元にない。」と告げる。ウォーカーはマルから組織の幹部カーター、ブルースター、フェアファクスの名を聞き出す。マルはウォーカーに命乞いをするが、それがかえってウォーカーに過去のマルの裏切りを思い出させウォーカーの怒りの火に油を注ぐことになる。マルはウォーカーの手を逃れようとしてビルの屋上から転落死してしまう。

ウォーカーは「マルと強奪した金の分け前」を取り戻す決意をし、組織を牛耳る3人のボス、カーター、ブルースター、フェアファクスに次々と迫っていく。

キャスト[編集]

※テレビ放送:NET土曜映画劇場1972年4月1日

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Point Blank (1967) - IMDb
  2. ^ CHARTOFF AND WINKLER: Entrepreneurs of the Offbeat Film Two Entrepreneurs of Offbeat Movies Thomas, Kevin. Los Angeles Times (1923-Current File) [Los Angeles, Calif] 16 Jan 1968: d1.

外部リンク[編集]