暗黒街の顔役 (1932年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
暗黒街の顔役
Scarface
監督 ハワード・ホークス
脚本 ベン・ヘクト
製作 ハワード・ヒューズ
出演者 ポール・ムニ
ジョージ・ラフト
ボリス・カーロフ
撮影 リー・ガームス
L・ウィリアム・オコンネル
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1932年3月31日(プレミア)
日本の旗 1933年3月
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

暗黒街の顔役』(あんこくがいのかおやく、Scarface)は、1932年製作のアメリカ映画。1994年にはアメリカ国立フィルム登録簿に新規登記された。

1930年代初頭にブームとなったギャング映画には、3本の代表作がある。マーヴィン・ルロイ監督の『犯罪王リコ英語版』(1930年)とウィリアム・A・ウェルマン監督の『民衆の敵』(1931)とこの『暗黒街の顔役』であるが、特に強烈でプロダクション・コード(当時の米国での映倫規定)とのトラブルが多かったのは、この作品である。

1930年の末、ハワード・ヒューズアル・カポネをモデルにしたギャング映画の製作を思い立ち、アーミテイジ・トレイルの小品を購入し、共同製作兼監督にハワード・ホークスを招いた。ホークスはジョセフ・フォン・スタンバーグ監督の『暗黒街』(1927)の土台となった脚本を書くとき協力したベン・ヘクトに会い、カポネの物語を近親相姦や残忍な悪行で名高い中世イタリアのボルジア家風に味付けしてみたいのだが、と意見を打診した。この着想が気に入ったヘクトは11日間で脚本を書き上げた。1931年1月のことであるが、ホークスはさらにジョン・リー・マーヴィン、W・R・バーネットに撮影台本を作らせ、1929年にハリウッド入りしたが、失望してブロードウェイへ帰っていたポール・ムニを呼び戻して主役に据え、撮影を開始した。撮影はリー・ガームズにL・W・オコンネルが協力した。

ストーリー[編集]

大親分「ビッグ・ルイ」コステロ(ハリー・J・ヴェハー)の用心棒トニー・カモンテ(ポール・ムニ)は対立する大親分ロウヴォ(オズグット・パーキンス)に買収されてコステロを暗殺し、逮捕されたがロウヴォに買収されてもらい、最高幹部に取り立てられる。しかし、野心満々の彼は大親分の地位とその情婦ポピー(カレン・モーレイ)を手に入れる機会を狙い、南地区の親分を射殺してビール密売の縄張りを奪い、さらにギャフニー(ボリス・カーロフ)を親分とする北地区にも手をのばそうとする。弱気なロウヴォはこの計画に反対するが、マシンガンを手に入れて、いよいよ強気になったトニーは大虐殺で北地区をも征服する。

自分の地位が脅かせるのを悟ったロウヴォは子分にトニーの暗殺を命じるが、辛くも逃れたトニーはリナルド(ジョージ・ラフト)と共にロウヴォを襲い、だらしなく命乞いする大親分を容赦なく射殺する。そして、ほとぼりを冷ますためポピーを連れて1か月の旅に出る。

市の当局はギャングの目に余る行動にたまりかね、積極的な撲滅策を打ち出す。旅から帰ったトニーは熱愛する妹チェスカー(アン・ドヴォラーク)が男と同棲していると聞いて、そっと部屋へ駆けつけてみると、相手の男が弟分のリナルドとわかる。怒りの余り弁解も聞かず、彼はリナルドを射殺する。その後でチェスカーから正式に結婚していることを聞かされるが、もう後の祭り。錯乱状態になった彼女はトニーがリナルドを殺したことを警察に密告する。トニーを狙い続けていたグアリーノ(C・ヘンリー・ゴードン)は警官隊を動員。鉄壁の防備を誇るトニーのアパートを包囲する。密告したものの兄への愛を断ち切れないチェスカーはアパートへ駆けつけるがもう手遅れ。やむなく警官隊を相手に撃ちまくる兄に協力するが、飛来した弾丸に倒される。その死を見て、いままでは鬼のように奮戦を続けたトニーは絶望と恐怖に襲われ、部屋を捨てて路地へよろめき出た所で、無名の警官に射殺される。

リメイク[編集]

1983年の本作のリメイク版。

リブート[編集]

今後に米ユニバーサル・ピクチャーズが本作のリブート[1]の映画の製作を企画している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]