変種第二号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
"変種第二号"
著者 フィリップ・K・ディック
原題 "Second Variety"
アメリカ合衆国
言語 英語
ジャンル サイエンス・フィクション
収録 スペース・サイエンス・フィクション英語版
出版形態 連載
出版元 Space Publications
媒体形態 印刷 (雑誌)
出版日 1953年5月

変種第二号」(へんしゅだいにごう、Second Variety1953年)は、フィリップ・K・ディックによる短編SF小説である。「人間狩り」という邦題でも翻訳されている。1996年に『スクリーマーズ』として映画化、2009年に続編『スクリーマーズ:ザ・ハンティング』が映画化された(後述)。

舞台はアメリカソ連の戦争後の世界。戦争初期のソ連の攻勢により劣勢になったアメリカは月基地(ムーン・ベース)に拠点を移す。ソ連の勝利が決定的となりかけた時に、アメリカの技術者は「クロー」と呼ばれるロボットを開発する。クローは地球の地下工場で生産されている。それは自立して行動し、次第に改良され、ソ連軍を圧倒するようになる。

映画作品[編集]

スクリーマーズ
1996年公開。監督:クリスチャン・デュゲイ。主演:ピーター・ウェラー
舞台を西暦2068年の惑星シリウス6Bとしている。
スクリーマーズ:ザ・ハンティング
2009年公開。監督:シェルドン・ウィルソン。主演:ジーナ・ホールデン
前作から13年後を描いた続編。前作同様、惑星シリウス6Bを舞台にした作品で、