ブレードランナー ブラックアウト2022

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブレードランナー ブラックアウト2022
BLADE RUNNER: BLACK OUT 2022
ジャンル SF
アニメ
監督 渡辺信一郎
脚本 渡辺信一郎
キャラクターデザイン 村瀬修功
音楽 フライング・ロータス
アニメーション制作 CygamesPictures
製作 アルコン・エンターテインメント
配信サイト YouTube
配信期間 2017年9月27日 -
話数 全1話
テンプレート - ノート

ブレードランナー ブラックアウト2022』(BLADE RUNNER: BLACK OUT 2022)は、2017年インターネット配信されたアメリカ合衆国の短編SFアニメ。監督は渡辺信一郎

概要[編集]

サイバーパンクの古典『ブレードランナー』の続編である『ブレードランナー 2049』が2017年10月27日に劇場公開されるのに先立ち、9月27日(日本では26日)よりYouTubeにてウェブ配信された15分の短編アニメーション作品。作品の時間軸上、旧作(2019年)から新作(2049年)までの30年間の出来事を描く前日譚として、『2036: ネクサス・ドーン』と『2048: ノーウェア・トゥ・ラン』と合わせて短編3部作として製作された[1]

本作は旧作の物語から3年後の2022年を舞台とし、2体のレプリカントが引き起こした「ブラックアウト(大停電)」という事件を描いている[2]。「2049」作中では「ブラックアウト」は台詞のみで詳細は語られていないが[3]、この事件によって電子機器がダウンし、レプリカントの登録情報が消失してしまったことが「2049」の物語へとつながる[4]。旧作に続いて登場する捜査官ガフの声は、エドワード・ジェームズ・オルモス本人が演じている[3]

製作は「2049」と同じくアルコン・エンターテインメント。アニメーション制作はCygamesの子会社、CygamesPicturesが担当する。脚本・監督は『カウボーイビバップ』や『アニマトリックス』 (Kid's Story, A Detective Story) を手がけた渡辺信一郎。キャラクターデザイン・作画監督は『新機動戦記ガンダムW』」の村瀬修功、スピナーのデザインは『APPLESEED』の荒牧伸志、作画には寺田嘉一郎沖浦啓之大平晋也橋本晋治磯光雄ら日本の熟練アニメーターが参加している[2]。サウンドトラックはフライング・ロータスが製作。渡辺は作品の大まかなカットを行う際に、彼の音楽をプレースホルダーとして使っていた[5]

なお、渡辺監督作のテレビアニメ『残響のテロル』でも「高高度核爆発EMP攻撃による都市機能停止」という似たシチュエーションを描いているが、本作の場合はブレードランナー世界のタイムラインに設定されていたもので、監督自身が考えたわけではないとのことである[6]。ハリウッドの出資者からは「北朝鮮がミサイルを撃ってくると困る」という類のクレームがあったという[6]

あらすじ[編集]

西暦2022年、多くの反逆を起こしたネクサス6型レプリカントは4年の寿命年限を迎え死滅した。それに代わってタイレル社は寿命年限のないネクサス8型の製造を開始した。一方、社会では人間至上主義運動が過熱し、登録データ上でレプリカントとみなされた者たちが相次いで襲われ、虐殺される事件が多発する。

戦闘用レプリカントのイギーと慰安用レプリカントのトリクシーは、登録データを消し去るためテロ活動を決行する。トリクシーを慕う人間の協力者レンが偽の暗号コードで核弾頭ミサイルを発射させ、高高度で爆発させる。その電磁パルスが電子機器を破壊し、ロサンゼルスの高層ビル群は停電の闇に覆われる。イギーとトリクシーはトレーラーを乗っ取り、バックアップシステムを破壊するためデータセンターを襲撃する。

このブラックアウト(大停電)事件の後、レプリカントの製造は禁止され、タイレル社は倒産。ウォレス社による新型レプリカント開発まで10年の空白が生まれた。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

カッコ内は英語版。

脚注[編集]

  1. ^ “「ブレードランナー 2049」につながる全3本の短編映像、ラスト1本が公開!”. 映画.com. (2017年10月3日). http://eiga.com/news/20171003/22/ 2018年2月1日閲覧。 
  2. ^ a b “「ブレードランナー」渡辺信一郎による短編アニメが公開! レジェンド級アニメーター大集結にファン騒然”. ねとらぼ. (2017年9月27日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1709/27/news078.html 2018年2月1日閲覧。 
  3. ^ a b “『ブレードランナー ブラックアウト 2022』へのこだわりを、渡辺信一郎監督が語る!”. アニメイトタイムズ. (2017年10月25日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1508554306 2018年2月1日閲覧。 
  4. ^ “渡辺信一郎、「ブレードランナー」短編上映会で「やりすぎなぐらい力入れた」と告白”. 映画ナタリー. (2017年9月26日). https://natalie.mu/eiga/news/250273 2018年2月1日閲覧。 
  5. ^ Josephs, Brian (2017年9月15日). “Flying Lotus Will Soundtrack a New Blade Runner Animated Short”. Spin. https://www.spin.com/2017/09/flying-lotus-blade-runner-short/ 2017年9月27日閲覧。 
  6. ^ a b 「渡辺信一郎 『ブラックアウト2022』は、いかにして生まれたのか」『kotoba 2018年春号 特集:ブレードランナー 2019-2049』、集英社、2018年。

外部リンク[編集]