ロイス・レイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロイス・レーンから転送)
移動先: 案内検索
ロイス・レイン
出版の情報
出版者 DCコミックス
初登場 Action Comics #1 (1938年6月)
クリエイター ジェリー・シーゲル
ジョー・シャスター
作中の情報
種族 地球人
所属チーム デイリー・プラネット
パートナー クラーク・ケント
ジミー・オルセン
著名な別名 スーパーウーマン
レッドトルネード

ロイス・レイン(: Lois Lane)は、DCコミックスの出版するアメリカン・コミックススーパーマン』に登場する架空の人物。ジェリー・シーゲルとジョー・シャスターによって創造され、1938年のアクション・コミックス誌第1号で初登場した[1]スーパーマンの恋人。

概要[編集]

ロイス・レインのキャラクターは、モデルのジョアン・カーター(Joanne Carter)、女優のグレンダ・ファレル(Glenda Farrell)が演じた1930年代の映画『Torchy Blane』に登場する女性記者から影響を受け、名前は女優のローラ・レイン(Lola Lane)から取られた[2]。また、実在した女性ジャーナリスト、ネリー・ブライの影響も受けているという[3]

アメリカン・コミックスのシルバー・エイジと呼ばれる1950年代から1970年代にはロイス・レインを主人公としたスピンオフ作品『Superman's Girl Friend, Lois Lane』が出版されていた。

2015年からはロイス・レインを主人公にしたヤングアダルト小説が刊行されている[4]

なお、日本語表記をロイス・レーンとしている資料もある。

人物[編集]

本名:ロイス・ジョアンヌ・レイン・ケント (Lois Joanne Lane Kent)

気の強い行動的な女性で、その行動力・そして運からデイリー・プラネット社の新聞記者の中でもスクープを手にする事が多い[5]

軍人であるサム・レイン(Sam Lane)とエラ・レインの間に生まれ、ルーシー・レイン(Lucy Lane)という名前の妹がいる[注釈 1]

新旧設定のどちらにおいてもクラーク・ケントの同僚記者、スーパーマンの恋人という関係性はほぼ同一。他作品では他の人物の設定が異なり、さらに出会いの時期などが異なることにより結婚の時期[注釈 2]や結婚相手[注釈 3]など設定が異なることもある。

その他のロイス・レイン[編集]

スーパーウーマン[編集]

スーパーヒロインとしてのスーパーウーマン

1943年に初登場し、スーパーマンの血を輸血された事でスーパーマン(クラーク・ケント)と同じ能力を得ている。スーパーマンはロイス・レーンの活躍を陰ながら支えていくが、能力は物語の進行とともに次第に消えていった[7][8]。この一件は、ロイスがスーパーマンの正体を知るきっかけの1つとなっている。

スーパーヴィランとしてのスーパーウーマン

アース3では、アース1のワンダーウーマンやアース2のスーパーウーマンに対応する形で登場する[9]。この世界では善と悪が逆転した世界であり、このスーパーウーマンも名前がロイス・レーンであるものの、ヴィランという立場となっている[9]。魔法の金色の投げ縄を使用し、相手を束縛することができるほか、真実を話させる自白剤的な役割も持ち[9][10]、さらに彼女が思い描く形に投げ縄を変化させることができる[9]

レッドトルネード[編集]

アース2では、アース2のスーパーマン(クラーク・ケント)と結婚し幸せな時を過ごしていたが、「クライシス・オン・インフィニット・アース」で、アンチモニターによってアース2が消滅してしまい、アース2のスーパーマンとともに、アース3のアレクサンダー・ルーサーに救われる[11][5]。アレクサンダー・ルーサーとクラーク・ケント(スーパーボーイ・プライム)の活躍により、アンチモニターは倒されアース2も復活するが、ロイスは死亡してしまう。その死は、アース2のスーパーマンがアース1のスーパーマンに襲い掛かるという事態にまで発展する。

2009年の「ブラッケストナイト」ではブラックランタン隊として復活。アース2のスーパーマンとともにスーパーボーイに襲い掛かるという活躍を見せる[12]。その後、復活した別のアース2でも、ダークサイドの部下により、やはり死亡してしまう[13]

死後、記憶と人格を移植されたレッドトルネードとして起動する。風を操る能力があり、弟のような存在の二代目スーパーマン(ヴァル・ゾッド)に飛行方法などを教える[14]

映画[編集]

スーパーマン (1941年-1943年)
声 - ジョアン・アレクサンダー英語版
スーパーマン英語版 (1948年)
演 - ノエル・ニール英語版
アトムマン vs スーパーマン英語版 (1950年)
演 - ノエル・ニール英語版
スーパーマン (1978年)
演 - マーゴット・キダー
スーパーマンII/冒険篇 (1981年)
演 - マーゴット・キダー
スーパーマンIII/電子の要塞 (1983年)
演 - マーゴット・キダー
スーパーマンIV/最強の敵 (1987年)
演 - マーゴット・キダー
スーパーマン リターンズ (2006年)
演 - ケイト・ボスワース、日本語吹き替え - 安藤麻吹
マン・オブ・スティール (2013年)
演 - エイミー・アダムス、日本語吹き替え - 中村千絵
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (2016年)
演 - エイミー・アダムス、日本語吹き替え - 中村千絵
ジャスティス・リーグ (2017年)
演 - エイミー・アダムス、日本語吹き替え - 中村千絵

ドラマ[編集]

スーパーマン (テレビドラマ)英語版 (1952年-1958年)
演 - フィリス・コーツ英語版
LOIS&CLARK/新スーパーマン (1993年-1997年)
演 - テリー・ハッチャー、日本語吹き替え - 日野由利加
ヤング・スーパーマン (2001年-2011年)
演 - エリカ・デュランス、日本語吹き替え - 園崎未恵

アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

スーパーマン新冒険 (1966年-1970年)
声 - ジョアン・アレクサンダー英語版
スーパーマン (1996年-2000年)
声 - ダナ・デラニー、日本語吹き替え - 佐藤ゆうこ
ジャスティス・リーグ (2001年-2004年)
声 - ダナ・デラニー、日本語吹き替え - 佐藤ゆうこ
ジャスティス・リーグ・アンリミテッド (2004年-2006年)
声 - ダナ・デラニー
ザ・バットマン (2004年-2008年)
声 - ダナ・デラニー、日本語吹き替え - 佐藤ゆうこ
バットマン:ブレイブ&ボールド (2008年-2011年)
声 - シリーナ・アーウィン英語版
Tales of Metropolis (2013年)
声 - マリア・バンフォード
短編アニメのオムニバス『DC Nation Shorts』のエピソード。現在は公式サイトで無料で視聴できる[15]
  1. 『Tales of Metropolis - "Lois" (full)』 - YouTube
  2. 『Tales of Metropolis - "Bizarro" (full)』 - YouTube
DCスーパーヒーロー・ガールズ (2015年-現在)
声 - アレクシス・G・ザル英語版
ジャスティス・リーグ・アクション (2016年-現在)
声 - タラ・ストロング

長編アニメ[編集]

スーパーマン:ブレイニアック・アタック (2006年)
声 - ダナ・デラニー
スーパーマン:ドゥームズデイ (2007年)
声 - アン・ヘッシュ
オールスター・スーパーマン (2011年)
声 - クリスティーナ・ヘンドリックス
ジャスティス・リーグ:ドゥーム (2012年)
声 - グレイ・デリスル
スーパーマン VS. エリート (2012年)
声 - ポーリー・ペレット
スーパーマン:アンバウンド (2013年)
声 - スタナ・カティック
ジャスティス・リーグ:アトランティスの進撃 (2015年)
声 - ジュリエット・ランドー

スピンオフ[編集]

コミック[編集]

17歳の新聞の立ち売り「エロイザ・"ロイス"・レイン」として登場している。
  • Superman Family Adventures
アート・バルタザール(Art Baltazar)とフランコ・アウレリアー二(Franco Aureliani)による絵本。

小説[編集]

グウェンダ・ボンドによるロイス・レインのノベルシリーズ。

  • FALLOUT[16] (2015年)
  • DOUBLE DOWN[17] (2016年)
  • TRIPLE THREAT[18] (2017年)

書籍情報[編集]

漫画[編集]

『Superman's Girlfriend Lois Lane Archives Vol.1』
2012年1月3日発売[19]ISBN 978-1401233150
『Lois Lane A Celebration of 75 Years』
2013年11月27日発売[20]ISBN 9781401247034
『Superman Family Adventures Vol.1』
2013年7月2日発売[21]ISBN 978-1401240509
『Superman Family Adventures Vol.2』
2014年2月11日[22]ISBN 9781401244156

小説[編集]

『Fallout (Lois Lane)』
ハードカバー - ISBN 9781630790059
ソフトカバー - ISBN 9781630790066
『Double Down (Lois Lane)』
ハードカバー - ISBN 9781630790387
ソフトカバー - ISBN 9781630790394
『Triple Threat (Lois Lane)』
ハードカバー - ISBN 9781630790820

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 原作コミック初期は「ピッツデール」と呼ばれる町の農家の娘という設定だった[6]
  2. ^ アース1では1996年にスーパーマン(クラーク・ケント)と結婚(Superman: The Wedding Album)。アース2では1978年にスーパーマン(クラーク・ケント)と結婚(Superman Takes a Wife!)。
  3. ^ スーパーマン: レッド・サン』ではレックス・ルーサー結婚

出典[編集]

  1. ^ ロイス・レイン キャラクター”. 2017年閲覧。...
  2. ^ The True Inspiration for Lois Lane”. Joanne Siegel. 2015年閲覧。...
  3. ^ Farghaly, Nadine (2013). Examining Lois Lane: The Scoop on Superman's Sweetheart. p. 44. ISBN 978-0810892361. 
  4. ^ Switch Press - Gwenda Bond”. 2015年閲覧。...
  5. ^ a b Justice League of America #73
  6. ^ Superman's Girl Friend, Lois Lane#13 (1959年11月)
  7. ^ Issue #156
  8. ^ Issue #207
  9. ^ a b c d Justice League of America"#29
  10. ^ Forever Evil #7
  11. ^ Superman Takes a Wife!
  12. ^ Blackest night:Black lantern corps vol.1
  13. ^ Worlds Finest v3, 32
  14. ^ "The Dark Age, Part3" Earth 2 #19
  15. ^ DC Nation - Tales of Metropolis - "Lois"”. 2013年閲覧。...
  16. ^ Fallout by Gwenda Bond”. 2015年閲覧。...
  17. ^ Double Down by Gwenda Bond”. 2016年閲覧。...
  18. ^ Triple Threat by Gwenda Bond”. 2017年閲覧。...
  19. ^ SUPERMAN'S GIRL FRIEND LOIS LANE ARCHIVES VOL.1”. 2012年閲覧。...
  20. ^ LOIS LANE: A CELEBRATION OF 75 YEARS”. 2013年閲覧。...
  21. ^ SUPERMAN FAMILY ADVENTURES VOL.1”. 2013年閲覧。...
  22. ^ SUPERMAN FAMILY ADVENTURES VOL.2”. 2014年閲覧。...

外部リンク[編集]