トロッコ問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トロッコ問題(トロッコもんだい、: trolley problem)あるいはトロリー問題とは、「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるか?」という形で功利主義と義務論の対立を扱った倫理学上の問題・課題。

フィリッパ・フット1967年に提起し、ジュディス・ジャーヴィス・トムソン英語版フランセス・キャム英語版ピーター・アンガー英語版などが考察を行った。人間は一体どのように倫理道徳的なジレンマを解決するかについて知りたい場合は、この問題は有用な手がかりとなると考えられており、道徳心理学神経倫理学では重要な論題として扱われている。また(人工知能による自動運転が実現しつつある現在)自動運転車(公共交通の自動運転車両も含む)のAIは衝突が避けられない状況にも遭遇するであろうし、そうなれば何らかの判断もしなければなくなるわけだが、このトロッコ問題は、そうした自動運転車のAIを設計する際に、どのような判断基準を持つように我々は設計すべきなのか、ということの(かなり現実的、実際的な)議論も提起している、と公共政策の研究者は言う[1]

なお、以下で登場する「トロッコ」は路面電車を指しており、人力によって走らせる手押し車と混同しないように注意されたい。

概要[編集]

まず前提として、以下のようなトラブル (a) が発生したものとする。

(a) 線路を走っていたトロッコの制御が不能になった。このままでは前方で作業中だった5人が猛スピードのトロッコに避ける間もなく轢き殺されてしまう。
Trolley problem.png

そしてA氏が以下の状況に置かれているものとする。

(1) この時たまたまA氏は線路の分岐器のすぐ側にいた。A氏がトロッコの進路を切り替えれば5人は確実に助かる。しかしその別路線でもB氏が1人で作業しており、5人の代わりにB氏がトロッコに轢かれて確実に死ぬ。A氏はトロッコを別路線に引き込むべきか?

なお、A氏は上述の手段以外では助けることができないものとする(置き石その他の障害物で脱線や停止はできないものとする)。また、A氏およびトロッコの運転手の法的な責任の所在を棚に上げており、道徳的な見解だけが問題にされている。あなたは道徳的に見て「許される」あるいは「許されない」で答えよ、という課題だ。

つまり、単純化すれば「5人を助けるために他の1人を殺してもよいか」という問題であり、功利主義に基づくなら1人を犠牲にして5人を助けるべきだ。しかし、義務論に従えば誰かを他の目的のために利用すべきではなく、何もするべきではない。

歩道橋問題[編集]

トロッコ問題に似ているが回答の傾向が異なる「歩道橋」問題がある。この問題は、分岐器を切り替えて1人を犠牲にするかどうかではなく、1人を上から線路上に落とすかどうかを問う[2]

(2) A氏は線路の上にある橋に立っており、A氏の横にC氏がいる。C氏はかなり体重があり、もし彼を線路上につき落として障害物にすればトロッコは確実に止まり5人は助かる。だがそうするとC氏がトロッコに轢かれて死ぬのも確実である。C氏は状況に気づいておらず自らは何も行動しないが、A氏に対し警戒もしていないので突き落とすのに失敗するおそれは無い。C氏をつき落とすべきか?

トロッコ問題では1人を犠牲にすることが許されるという回答(すなわち功利主義的判断)をする人が多いのに対し、歩道橋問題では許されないという回答(すなわち義務論的判断)をする人が多い[2]。これは二重結果の原理の一例として説明される[2]

ループした路線[編集]

(1)、(2)以外にも以下の問題を考えることができる。

(3) (1)の場合と同様、A氏はトロッコを別路線に引き込むことができるが、(1)とは違いこの別路線は5人の手前で再び本線に合流している。今度の問題ではこの別路線には前述のC氏がおり、トロッコを別路線に引き込めば、トロッコはC氏にぶつかって止まるので、5人は確実に助かる。ただしその結果としてC氏は確実に死ぬ。トロッコを別路線に引き込むべきか?
(4)A氏はトロッコを別路線に引き込むことができるが、この別路線は5人の手前で再び本線に合流している(ここまでは(3)と同じ)。別路線には大きな鉄の塊があるため、トロッコを別路線に引き込めば、トロッコはその鉄の塊にぶつかって止まるので、5人は確実に助かる。しかし、鉄の塊の手前には前述のB氏がいて、B氏は確実に死ぬ。トロッコを別路線に引き込むべきか?

3番目の問題は、最初の質問と同じようにA氏の行動は分岐の切り替えのみで、他者を直接自分の手で死に追いやるわけではない。しかし、2番目の質問と同じようにトロッコが止まるのはC氏に激突するからこそであり、その死は副産物(巻き添え)ではなく行為者の意図の結果である。4番目の問題は3番目とあまり変化がないようでいて、実は鉄の塊が線路を塞いでいる以上その先で路線が再び合流していようと意味はなく、本質的には(1)と完全に同じ状況を表現を変えて再度出題にしているに過ぎない(トロッコが止まるのはB氏に激突するからではなく、あくまでその後の鉄の塊との激突によってである)。

どの質問にも一貫して合理的な判断を下すのなら、同じ回答が導きだせる。つまり、1人を犠牲にして5人を助けるか、5人を犠牲にして1人を助けるかのどちらかである。または義務論に従って判断するなら(誰かの命を他の目的のために利用すべきではないと考えるなら)すくなくとも(2)と(3)には反対しているはずである。もし判断が一貫しないのであればそれは何故だろうか。何故ある場合は誰かを犠牲にすることが許されて、他の場合には許されないと感じるのかを、合理的に説明できるだろうか。少なくともこれらのようなジレンマを一貫して合理的に解決できる倫理学の指針はない[3]

倫理学以外の分析[編集]

生物学者の分析

倫理学者ではないが、生物学者マーク・ハウザーはネット上でこれに類する30以上の質問を行い、何故そのような判断を行ったかの理由を聞いた。回答した500人の内3割ほどしか自分の判断を正当化できなかった(質問と他の質問との違いを正しく認識し、それが自分の判断の基礎となっていることを示せた場合に「正当化に成功した」と判断された)[4]。また5000人以上が回答したテストでは、最初の質問に対して89%の人が「許される」と答えたのに対して、2番目の質問に「許される」と回答したのは11%であった。3番目の質問には56%が「許される」と答え、4番目の質問は72%が「許される」と答えた。この傾向には教育の程度、宗教的背景、民族などの影響がほとんどなかった[5]

意図的な行動の結果の害には責任を問われ、ただ単にその結果が予見されたに過ぎないときには責任を問われないことをダブルエフェクトと呼ぶ。1と4を許されると回答している人の割合が大きいのは、直観的に人がダブルエフェクトを考慮していることで説明できるかも知れない。ハウザーの主張は、人の道徳的判断は理性と理論よりも、直観と感情の影響を受けていると言うことである。そしてどのような要因が非道徳的と判断されるのかを次の3つにまとめた[6]

  • 行動の原理:行動による害(例えば誰かが死ぬような出来事)は行動しなかったことによる危害よりも、非道徳的だと判断される
  • 意図の原理:意図を持ってとった行動は、意図を持たずにとった行動よりも非道徳的だと判断される
  • 接触の原理:肉体的な接触を伴う危害は、肉体的な接触のない危害よりも非道徳的だと判断される
神経学者の分析

神経哲学者ジョシュア・グリーンによれば、特に2番目の質問では他の質問と異なるの部位が反応する。人を直接死に追いやるとき、強く否定的な反応を示すようである[3]

タイム誌の分析

Time誌の記事によれば調査対象の約90パーセントが5人を救うために1人を突き落とすとした、とのことである[7]

類似したジレンマ[編集]

トロッコ問題と類似した以下のようなジレンマを考える事ができる。こうしたジレンマは、功利主義か義務論かと言う議論ではトロッコ問題と大きな違いがない。しかし人の道徳判断にどのようなパラメータが関与しているのかを明らかにしようとしている道徳心理学と神経倫理学では重要な違いである。

  • あなたはボートで5人の溺れた人を助けに向かっている。しかし、途中で溺れている1人の人を発見した。その人を助けていれば5人はその間に溺れ死んでしまう。その人を助けて5人を諦めるべきか?
  • 病院に5人の患者がいて、それぞれが異なる臓器の移植を必要としている。そこに臓器はいずれも健康な患者が現れた。彼を殺して臓器を移植すれば5人を助けることができる。彼を殺して内臓を取り出すべきか?(臓器くじ

また、自動運転車の実現可能性が高まってることもあり、自動運転車とトロッコ問題を絡めた研究が行われている[8]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Philippa Foot, The Problem of Abortion and the Doctrine of the Double Effect in Virtues and Vices (Oxford: Basil Blackwell, 1978).
    • This is the essay that introduced the original trolley problem.
  • Shelly Kagan, The Limits of Morality (Oxford: Oxford University Press, 1989).
  • Francis Myrna Kamm, Harming Some to Save Others, 57 Philosophical Studies 227-60 (1989).
  • Judith Jarvis Thomson, Killing, Letting Die, and the Trolley Problem, 59 The Monist 204-17 (1976).
  • Judith Jarvis Thomson, The Trolley Problem, 94 Yale Law Journal 1395-1415 (1985).
  • Peter Unger, Living High and Letting Die (Oxford: Oxford University Press, 1996).
  • Homepage of Joshua Greene
  • Joshua D. Greene, "The secret joke of Kant’s soul", in Moral Psychology, Vol. 3: The Neuroscience of Morality, W. Sinnott-Armstrong, Ed., (Cambridge, MA: MIT Press)

関連文献[編集]

日本語のオープンアクセス文献

関連項目[編集]

医療
法学
経済学
  • 機会費用 - ある選択をする代わりに放棄される選択肢によって得られるはずの利益のうち、最大のもの。経済学における概念。
関連学問

外部リンク[編集]

正義論の講義シリーズの初回。トロッコ問題についての学生への問いかけから講義がスタートする。