アナ・デ・アルマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アナ・デ・アルマス
Ana de Armas
Ana de Armas
本名 Ana Celia de Armas Caso
生年月日 (1988-04-30) 1988年4月30日(33歳)
出生地  キューバハバナ
出身地  キューバマヤベケ州
サンタ・クルス・デル・ノルテ
国籍  キューバ
スペインの旗 スペイン
二重国籍
民族 スペイン系キューバ人
キューバ系スペイン人
身長 168cm
職業 女優
活動期間 2006年 -
配偶者 マルク・クロテット (2011年 - 2013年)
主な作品
ブレードランナー 2049
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
テンプレートを表示

アナ・デ・アルマスAna de Armas1988年4月30日 - )は、キューバ出身の女優

経歴[編集]

1988-2006 キューバ[編集]

1988年4月30日にキューバハバナで生まれ、サンタ・クルス・デル・ノルテという小さな街で育った。父親のラモンはソビエト連邦の大学で哲学を学んだ後[1][2]、銀行の支店長、教師、学校の校長、町の副市長など、さまざまな職を歴任した[2]。母親のアナは、教育省の人事課で働いていた[3][4][5]。ハビエルという兄がおり、ニューヨークを拠点とする写真家・録音技術者である[2][6]。 キューバでは決して裕福な家庭ではなく、経済危機による窮状で、配給に頼ったり燃料不足や停電などを何度も経験したりしたが[2]、アナ本人は自分の子供時代を幸せだったと語っている[3]

10代の頃はインターネットにアクセスできず、キューバ以外の大衆文化についての知識も乏しかった[7]。ただ、土曜日の20分のアニメと日曜日の映画の昼公演は見ることが可能であった[8]。家族はビデオデッキやDVDプレーヤーを持っておらず、アパートメントの隣人の部屋でハリウッド映画を見ていた[9]。当時好きだった映画は『ジョーズ』。 映画を見終わると鏡の前で作中のセリフの練習をしていた[10][11]。そうして12歳の時には女優になることを決意していた[12]。2002年、14歳の時にキューバ国立演劇学校のオーディションに見事合格し、入団することになった[3][13]。 しかし、学校に直接向かう手段を持たなかったため、毎日ヒッチハイクやバスで移動しながら、コースに参加していた[14][15]。在学中には3本の映画に参加した[4][2]。その中には恋愛映画『カリブの白い薔薇』(2006年)がある。彼女はこの映画で主役を務めた[16]。この役が決まったのは、キューバの俳優ホルヘ・ペルゴリアが自分の娘たちの誕生日パーティーに出席した際にアナと出会い、上記の映画の監督に彼女を主役として検討するように提案したことがきっかけである[17][18]。監督はアナが通う演劇学校を訪れ、オーディション中の16歳の彼女の邪魔をして、この役がアナのものであることを伝えた[17][19]。この映画のプロモーションツアーでスペインを訪れた際は、後にスペインのエージェントとなるフアン・ランハを紹介されている[17]。その後、フェルナンド・ペレス監督のドラマ『El edén perdido』(2007年)で脇役を演じる。このドラマでは演劇学校の講師の許可を得ずに、夜間に行われた撮影に参加した[4]。このように、キューバにおいて一見順調な女優としてのキャリアを積んでいたアナであったが、彼女は卒業論文を発表する数ヶ月前に4年間の演劇学校を辞めた。キューバの学生は、卒業後3年間の義務的な社会奉仕活動を終えないと出国することが禁じられているためである[4][20]。18歳のとき、スペイン人の母方の祖父母の紹介でスペイン国籍を取得し[21][16]、俳優としてのキャリアを求めてスペインのマドリードに移住した[4]

2006-2014 スペイン[編集]

アナとEl Internadoの共演者たち(2008年)

それから2週間もしないうちに、「カリブの白い薔薇」でアナを見たキャスティング・ディレクターのルイス・サン・ナルシソと出会う[7][22]。その2ヵ月後、彼にティーン向けドラマ『El Internado』のカロリーナ役に起用され[4]、2007年から2010年まで6シーズンにわたって出演した。全寮制の学校を舞台にしたこのドラマは視聴者の間で人気を博し、一躍スペインの有名人となった[4]。撮影のない期間には、人気となった映画『灼熱の肌』(2009年)に出演した[23]。しかし、本人はティーンエイジャーの役ばかりオファーされることに焦りを感じていたという[7]。アナは最終シーズンの手前で『El Internado』からの降板を申し出た[24]。その後、英語を学ぶためにニューヨークで数ヶ月間生活したが[20]、歴史ドラマ『Hispania, la leyenda』(2010年~2011年)に17話分出演するためにスペインに戻るよう説得された。その出演後はアントニオ・トラショラス監督のホラー映画『サイレント・ウェイ』(2011年)と『Anabel』(2015年)に出演し[25]、『秘密のキッス』(2014年)にも出演した[26]。演技の仕事が長く開いた期間には[14]トマズ・パンドゥールが主催するマドリードの劇団のワークショップに参加していたが[2]、その中で自分のキャリアに勢いがないことをとても不安に感じていたという[8]。この頃、新たに契約を結んだハリウッドのエージェントからのサポートもあり、ロサンゼルスに拠点を移すことを決意した[7]

2014-現在 ハリウッド[編集]

ロサンゼルスに初めて来た時[27]、アナは自身のキャリアをゼロからやり直さなければならなかった[9]。彼女は当時、英語をほとんど話せず、初期のオーディションでは「(自分が)何を言っているのかさえ分からない」こともしばしばだったという[1]。しかし、ラテン系女優のために当て書きされた役を演じることに縛られたくなかったため[4]、4ヶ月間フルタイムで英語を学んだ[28][24]。ハリウッドでの出演作で初めて公開となったのは、キアヌ・リーブスと共演した、イーライ・ロス監督の『ノック・ノック』(2015年)である。この映画でアナはセリフを音で覚えていた[29]。この共演後、キアヌはアナに電話をかけ、自身が出演・製作したスリラー『エクスポーズ 暗闇の迷宮』(2016年)でスペイン語を話す役で出演してほしいと誘ったという[30]。翌年、トッド・フィリップス監督の『ウォー・ドッグス』(2016年)で、武器商人の妻としてマイルズ・テラーの相手役を務めた。この映画でもアナはセリフを音で覚えたという[31]。『ハンズ・オブ・ストーン』(2016年)では、パナマのボクサー、ロベルト・デュランの妻としてエドガー・ラミレスと共演した。公開が遅れたものの、『ハンズ・オブ・ストーン』はアナが初めて撮影に参加したハリウッド映画だった。彼女がまだマドリードに住んでいた時、監督のジョナサン・ヤクボウィッツから連絡を受けた。ヤクボウィッツは、『El Internado』でアナを見て[24]、スペイン語を話す役のオーディションを受けるためにロサンゼルスに来るように依頼した[16]

アナ・デ・アルマス(2017年)

2017年には『ブレードランナー 2049』において、主人公を献身的に支える、人工知能を搭載した3Dホログラムのアシスタント役を演じ、注目を集めた。この映画の撮影は2016年に行われたが、その後アナは故郷のキューバに家を購入し、次の年の大半をそこで過ごした[29]

2019年には『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』で移民の看護師マルタ・カブレラ役を演じた。この映画での演技は広く賞賛され、アナにとって女優としてのブレークスルーとなった。[32]彼女はその年のゴールデングローブ賞 映画部門 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされている[33]。また、他の共演者と共にナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 キャスト賞を受賞している。最初に映画出演の話が来たとき、アナはステレオタイプの「ラテン系の世話人」を演じるというアイデアに気乗りしていなかったが、すぐに自分の役が「それ以上のもの」であることに気付いたという[34]。同年には『イエスタデイ』に出演し、ヒメーシュ・パテルと共演した。しかし、このシーンは本作の予告編のみに含まれ、ファイナル・カットからは削除されている。監督のダニー・ボイルはアナが出演したシーンを「本当に輝いていた」と評したが、このシーンで用意されていた三角関係サブプロットが観客に受け入れられないと考え、削除につながったと述べている[35]

2020年には、アナが出演した映画がアメリカ合衆国で4本公開された。その内の1本である『WASP ネットワーク』ではキューバでロケが行われており、アナにとっては10代で同国を出て以来の母国での初仕事となった[36]

2021年には『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』でボンドガール(今作からはボンド・ウーマン)を演じた。この映画では『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』でも共演したダニエル・クレイグと再び共演している[37][38]。アナが演じるキューバのCIAエージェントの役は、もともと彼女に注目していたというキャリー・フクナガ監督が彼女のために創出し、脚本家の1人であるフィービー・ウォーラー=ブリッジが完成させたものである[39][40]。アナは自身が演じた役について、本当にボンドのために用意されたパートナーなのかどうか疑問に思うほど自由で生き生きとしている、演じていてすごく楽しい人物だと評している[41][42]。撮影は、イギリスバッキンガムシャーにあるパインウッド・スタジオに作られた、ハバナの市街地を模したセットで行われた[8]

今後[編集]

パトリシア・ハイスミスの小説を基にしたエイドリアン・ライン監督の映画『Deep Water』に出演する。この映画では、アナとベン・アフレックが愛を失い冷え切った夫婦を演じる[43]。 また、ジョイス・キャロル・オーツの小説を基にしたNetflixの映画『Blonde』ではマリリン・モンローを演じる[44]。監督のアンドリュー・ドミニクは、『ノック・ノック』でのアナの演技に以前から注目しており[45]、最初のオーディションでアナに役を確保した[46]。役作りのために、アナは方言コーチに1年間学んだ[47][1]。さらに、ルッソ兄弟がNetflixで制作する『グレイマン』にライアン・ゴズリングクリス・エヴァンスとともに出演予定である[48]

人物[編集]

私生活[編集]

2010年半ばにスペイン人俳優のマルク・クロテットと交際を始め、2011年7月にスペインのコスタ・ブラバ地方で結婚したが、2013年初頭に離婚した[49][50]。2013年半ばから2014年半ばにかけては、スペインの監督・脚本家であるダビド・ビクトリと交際していた[51][52]。その後、2015年初頭から2016年末まではアメリカ合衆国のタレント・エージェントのフランクリン・ラットと交際し、一時的に婚約していた[53][54][55]。2017年から2018年にかけては、キューバ人画家のアレハンドロ・ピネイロ・ベロと交際していた[56][57]。2020年初頭から2021年1月までは、2019年末に『Deep Water』の撮影現場で出会ったベン・アフレックと交際していた[58][59]。その後、Tinderヴァイスプレジデントであるポール・ブカダキスと交際を開始している[60]

その他[編集]

ラティーナの俳優は「官能的」や「情熱的」といった固定観念を持たれていると指摘し、そのようなステレオタイプを問題視している。ただ、#MeToo以前のハリウッドでは、そうしたことが役に立つこともあったと考えている。彼女は自分のことを「せっかちで、何かをしでかしかねず、きちんとしていない人」と表現し、「礼儀正しく、きちんとした人」と仕事ができたことを幸運だと思う一方で、「キューバ人であることが助けになっている」と認めている [61]

2021年の米タイム誌が選ぶ次世代の100人に選出されている[62]

出演作品[編集]

映画[編集]

作品名 役名 備考 吹き替え
2006 カリブの白い薔薇
Una rosa de Francia
マリー (吹き替え版なし)
2007 Madrigal ステラ・マリス (吹き替え版なし)
2009 灼熱の肌
Mentiras y gordas
カローラ (吹き替え版なし)
Y de postre, qué 女性 短編映画 (吹き替え版なし)
Ánima フリエータ 短編映画 (吹き替え版なし)
2011 サイレント・ウェイ
El callejón
ローサ (吹き替え版なし)
2012 Perrito chino サビーナ 短編映画 (吹き替え版なし)
2013 Faraday インマ・ムルガ (吹き替え版なし)
2014 秘密のキッス
Por un puñado de besos
ソル WOWOWで放映 (吹き替え版なし)
2015 Anabel クリス (吹き替え版なし)
ノック・ノック
Knock Knock
ベル 恒松あゆみ
2016 エクスポーズ 暗闇の迷宮
Exposed
イサベル・デ・ラ・クルーズ 一杉佳澄
ハンズ・オブ・ストーン
Hands of Stone
フェリシダード・イグレシアス ミルノ純
ウォー・ドッグス
War Dogs
イズ 木下紗華
2017 スクランブル
Overdrive
ステファニー 松井茜
ブレードランナー 2049
Blade Runner 2049
ジョイ 小林沙苗
2018 Corazón エレナ・ラミレス 短編映画 (吹き替え版なし)
2019 イエスタデイ
Yesterday
ロクサーヌ クレジット無し (登場シーンなし)
THE INFORMER/三秒間の死角
The Informer
ソフィア・コズロー うえだ星子
WASP ネットワーク
Wasp Network
アナ・マガリタ・マルティネス (吹き替え版なし)
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
Knives Out
マルタ・カブレラ 小林沙苗
エンタリング・レッド
Entering Red
アナ 短編映画 (吹き替え版なし)
2020 ナイト・ウォッチャー
The Night Clerk
アンドレア・リヴェラ 田所あずさ
セルジオ: 世界を救うために戦った男
Sergio
カロリーナ・ラリエラ Netflixオリジナル映画 山村響
2021 007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
007 No Time to Die
パロマ 水樹奈々
2022 Deep Water メリンダ・ヴァン・アレン
Blonde マリリン・モンロー Netflixオリジナル映画
TBA グレイマン
The Gray Man
ダニ・ミランダ Netflixオリジナル映画

ドラマ[編集]

作品名 役名 備考
2007 El edén perdido グロリア テレビ映画
2007-
2010
El Internado カロリーナ・レアル・ソリス 56話分
2010-
2012
Hispania, la leyenda ネレア 17話分
2011 Actrices 本人 2話分

ミュージックビデオ[編集]

作品名 役名 アーティスト
2009 Mundo frágil Sidecars
2011 Gipsy funky love me do Rosario Flores
2018 Everyday Orishas
2021 Antes Que El Mundo Se Acabe 本人 Residente

脚注[編集]

  1. ^ a b c “Ana de Armas Is Conquering Hollywood in Record Time”. C Magazine. (2019年10月24日). https://magazinec.com/style/ana-de-armas-is-conquering-hollywood-in-record-time/ 2020年3月15日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f Navarro, Isabel (2020年3月17日). “Ana de Armas: "Mi punto fuerte es que no hay otra como yo"” (スペイン語). mujerhoy. https://www.mujerhoy.com/vivir/protagonistas/201709/09/armas-punto-fuerte-otra-20170907092030.html 2020年3月17日閲覧。 
  3. ^ a b c “De Cuba a Madrid, y hasta los cielos de Hollywood: la historia de Ana de Armas” (スペイン語). Vogue España. https://www.vogue.es/living/articulos/ana-de-armas-entrevista-vogue-abril-2020 2020年3月15日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h A Cuban Women Out To Conquer Hollywood Ana de Armas: A Cuban Woman Out to Conquer Hollywood at the Wayback Machine (archived 5 November 2016) On Cuba magazine
  5. ^ Ana de Armas is conquering Hollywood in record time”. 2019年12月12日閲覧。
  6. ^ When my brother finds a photo of me, he took back in 2015.”. Instagram. 2018年1月18日閲覧。
  7. ^ a b c d Crespo, Irene (2017年9月28日). “Ana de Armas: "Antes de 'Blade Runner' no me salía nada, por el acento"” (スペイン語). El País. https://elpais.com/elpais/2017/09/19/tentaciones/1505831920_388735.html 2020年3月17日閲覧。 
  8. ^ a b c “Ana de Armas talks James Bond & playing Marilyn Monroe”. NET-A-PORTER. https://www.net-a-porter.com/gb/en/porter/article-a838dd936e0153af/cover-stories/cover-stories/ana-de-armas 2020年3月18日閲覧。 
  9. ^ a b “Ana de Armas, la novia virtual del nuevo 'Blade Runner'” (スペイン語). La Vanguardia. (2017年10月13日). https://www.lavanguardia.com/gente/20171014/432031439621/entrevista-ana-de-armas-blade-runner-cuba.html 2020年3月15日閲覧。 
  10. ^ “Hollywood's Next Big Thing: 'Blade Runner 2049' Breakout Ana de Armas” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/hollywoods-next-big-thing-blade-runner-2049-breakout-ana-de-armas-1044837 2020年3月18日閲覧。 
  11. ^ Crespo, Irene (2017年9月28日). “Ana de Armas: "Antes de 'Blade Runner' no me salía nada, por el acento"” (スペイン語). El País. https://elpais.com/elpais/2017/09/19/tentaciones/1505831920_388735.html 2020年3月18日閲覧。 
  12. ^ “Los ojos verdes de Hollywood no tenían trabajo en España” (スペイン語). Ideal. (2016年5月16日). http://www.ideal.es/gente-estilo/201605/16/ojos-verdes-hollywood-20160514162736.html 2016年9月5日閲覧。 
  13. ^ Simpson, Richard; Costello, Eugene (2019年5月25日). “Bond girl Ana de Armas 'escaped Cuba at first opportunity' to pursue soap fame”. irishmirror. https://www.irishmirror.ie/showbiz/celebrity-news/bond-girl-ana-de-armas-16201516 2020年3月15日閲覧。 
  14. ^ a b Santos, Rubén Romero (2014年5月7日). “A seis grados de Marilyn Monroe” (スペイン語). El País. https://elpais.com/elpais/2014/05/07/icon/1399458158_612811.html 2020年3月16日閲覧。 
  15. ^ Crosley, Sloane. “All About Ana” (英語). Vanity Fair. https://www.vanityfair.com/hollywood/2020/02/all-about-ana-march-2020-cover-story 2020年3月17日閲覧。 
  16. ^ a b c “En mi primera película me enamoré de varias personas, eso ahora no me pasará” (スペイン語). Vanity Fair. (2019年12月9日). https://www.revistavanityfair.es/la-revista/articulos/entrevista-con-ana-de-armas-blade-runner-2049-fecha-estreno/23251 2020年3月15日閲覧。 
  17. ^ a b c “ANA DE ARMAS (REVELADOS)”. IMDb. https://www.imdb.com/video/vi2918824985 2020年5月23日閲覧。 
  18. ^ Sanguino, Juan (2019年11月4日). “Ana de Armas: la actriz que España infravaloró y Hollywood abrazó” (スペイン語). El País. https://elpais.com/elpais/2019/10/28/icon/1572267101_072687.html 2020年3月18日閲覧。 
  19. ^ “Ana de Armas: A Cuban Woman Out to Conquer Hollywood”. http://oncubamagazine.com/culture/ana-de-armas-a-cuban-woman-out-to-conquer-hollywood/ 2020年3月18日閲覧。 
  20. ^ a b Robinson, Circles (2011年1月22日). “Interview with Cuban actress Ana de Armas”. Havana Times. https://havanatimes.org/interviews/interview-with-cuban-actress-ana-de-armas/ 2020年3月18日閲覧。 
  21. ^ Ana de Armas on Making the Jump from Cuba to Spain to Hollywood”. Vanity Fair (2016年). 2020年7月22日閲覧。
  22. ^ “Ana de Armas: la historia de la actriz cubana que conquistó a Hollywood”. https://www.vogue.mx/estilo-de-vida/articulo/ana-de-armas-biografia-de-la-actriz-y-sus-mejores-peliculas 2020年12月11日閲覧。 
  23. ^ BELINCHÓN, GREGORIO (2009年3月30日). “Un estupendo fin de semana para el cine español” (スペイン語). El País. https://elpais.com/cultura/2009/03/30/actualidad/1238364015_850215.html 2020年3月17日閲覧。 
  24. ^ a b c Sanguino, Juan (2019年11月4日). “Ana de Armas: la actriz que España infravaloró y Hollywood abrazó” (スペイン語). El País. https://elpais.com/elpais/2019/10/28/icon/1572267101_072687.html 2020年3月15日閲覧。 
  25. ^ Costa, Jordi (2013年3月1日). “Opinión | Una coreografía sádica” (スペイン語). El País. https://elpais.com/cultura/2013/02/28/actualidad/1362084592_653965.html 2020年3月17日閲覧。 
  26. ^ Ocaña, Javier (2014年5月16日). “Opinión | Romanticismo de 'Superpop'” (スペイン語). El País. https://elpais.com/cultura/2014/05/15/actualidad/1400173366_065368.html 2020年3月17日閲覧。 
  27. ^ Hollywood's Next Big Thing: 'Blade Runner 2049' Breakout Ana de Armas”. The Hollywood Reporter. 2017年12月2日閲覧。
  28. ^ “How Ana de Armas Went from Acting in Cuba to Starring Alongside Ryan Gosling in Blade Runner 2049”. W Magazine | Women's Fashion & Celebrity News. https://www.wmagazine.com/story/ana-de-armas-blade-runner-2049/ 2020年6月12日閲覧。 
  29. ^ a b “Bond Women: How Rising Stars Lashana Lynch and Ana de Armas Are Helping Modernize 007” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/features/how-lashana-lynch-ana-de-armas-are-helping-modernize-james-bond-1252345 2020年3月17日閲覧。 
  30. ^ “Ana de Armas On Her Roles In "Hands of Stone" And "War Dogs" - BUILD Series”. https://www.youtube.com/watch?v=mA7EzRYoRzc 2020年3月17日閲覧。 
  31. ^ Crosley, Sloane. “All About Ana” (英語). Vanity Fair. https://www.vanityfair.com/hollywood/2020/02/all-about-ana-march-2020-cover-story 2020年4月12日閲覧。 
  32. ^ Lang, Brent (2019年7月23日). “Toronto Film Festival: 'Joker,' 'Ford v Ferrari,' 'Hustlers' Among Big Premieres”. Variety. 2019年7月23日閲覧。
  33. ^ film, Guardian (2019年12月9日). “Golden Globes 2020: full list of nominations” (英語). the Guardian. 2021年10月13日閲覧。
  34. ^ “'Knives Out' Star Ana de Armas on Declining to Audition and 'Bond' Chemistry with Daniel Craig” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/why-knives-star-ana-de-armas-declined-audition-at-first-1258369 2020年3月18日閲覧。 
  35. ^ “Yesterday Cut An Entire Character From The Film That Would Have Changed The Plot”. CINEMABLEND. (2019年6月26日). https://www.cinemablend.com/news/2475654/yesterday-cut-an-entire-character-from-the-film-that-would-have-changed-the-plot 2020年3月16日閲覧。 
  36. ^ Keslassy, Elsa (2019年8月31日). “Olivier Assayas on Making 'Wasp Network' in Cuba 'During a Very Tense Time' (EXCLUSIVE)” (英語). Variety. https://variety.com/2019/film/news/penelope-cruz-edgar-ramirez-olivier-assayas-wasp-network-cuba-venice-1203319151/ 2020年3月18日閲覧。 
  37. ^ Ford, Rebecca (2019年11月6日). “Bond Women: How Rising Stars Lashana Lynch and Ana de Armas Are Helping Modernize 007”. The Hollywood Reporter. 2019年11月28日閲覧。
  38. ^ Wiseman, Andreas (2019年4月25日). “Bond 25 Live Reveal From Jamaica: Rami Malek, Ana De Armas, Billy Magnussen, Lashana Lynch & Dali Benssalah Among Confirmed Cast”. Deadline Hollywood. 2019年11月28日閲覧。
  39. ^ Crosley, Sloane. “All About Ana” (英語). Vanity Fair. https://www.vanityfair.com/hollywood/2020/02/all-about-ana-march-2020-cover-story 2020年3月17日閲覧。 
  40. ^ “Ana De Armas’ ‘Bond’ Character Was Created By Cary Fukunaga & Mostly Written By Phoebe Waller-Bridge” (英語). The Playlist. (2020年2月18日). https://theplaylist.net/ana-de-armas-bond-character-20200218/ 2021年10月24日閲覧。 
  41. ^ Perry, Spencer (2019年11月7日). “Lashana Lynch, Ana de Armas Reveal Bond Character Details for No Time to Die”. comicbook.com. 2019年11月7日閲覧。
  42. ^ 石津文子 (2021年9月29日). “アナ・デ・アルマス「つらかったことは一切なし!」『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』製作チームとダニエル・クレイグに感謝”. BANGER!!!. 2021年10月22日閲覧。
  43. ^ New Regency Bringing Adrian Lyne Back To Directing With 'Deep Water;' Ben Affleck, Ana de Armas In Talks For Patricia Highsmith Adaptation”. 2019年11月28日閲覧。
  44. ^ Exclusive: Ana de Armas Eyed to Play Marilyn Monroe in Andrew Dominik's 'Blonde'”. 2020年2月18日閲覧。
  45. ^ “Sky's the Limit with Ana de Armas”. https://www.net-a-porter.com/gb/en/porter/article-a838dd936e0153af/cover-stories/cover-stories/ana-de-armas 2020年3月16日閲覧。 
  46. ^ Crosley, Sloane. “All About Ana” (英語). Vanity Fair. https://www.vanityfair.com/hollywood/2020/02/all-about-ana-march-2020-cover-story 2020年3月19日閲覧。 
  47. ^ Bahr, Lindsey. “New year is the year for actress Ana de Armas' break” (英語). The Berkshire Eagle. The Associated Press. https://www.berkshireeagle.com/stories/new-year-is-the-year-for-actress-ana-de-armas-break,591280 2020年3月18日閲覧。 
  48. ^ “Ana de Armas Joins Ryan Gosling and Chris Evans in 'The Gray Man'”. TheWrap. (2020年12月11日). https://www.thewrap.com/ana-de-armas-joins-ryan-gosling-and-chris-evans-in-the-gray-man-at-netflix/ 2020年12月11日閲覧。 
  49. ^ “Ana de Armas, de 'Hispania' y Marc Clotet, de 'Física o química' se han casado en la Costa Brava” (スペイン語). HOLA USA. (2011年7月20日). https://www.hola.com/cine/2011072053728/boda-anadearmas-marcclotet/ 2020年3月14日閲覧。 
  50. ^ “Marc Clotet confirma su separación de Ana de Armas: 'Ha sido de mutuo acuerdo'”. HOLA. (2013年2月17日). https://premiosgoya.hola.com/los-goya-2013/201302172270/marcclotet-anaarmas-separacion-goya2013/ 2020年3月14日閲覧。 
  51. ^ “Ana de Armas encuentra de nuevo el amor”. Hola. (2013年8月22日). https://www.hola.com/cine/2013082266697/ana-de-armas-enamorada-david-victori/ 2020年3月14日閲覧。 
  52. ^ “El secreto de la belleza y la sonrisa de Ana de Armas tiene nombre y es David Victori”. Hola. (2014年3月27日). https://www.hola.com/cine/2014032770435/anaarmas-davidvictori-malaga/ 
  53. ^ “Ana de Armas encuentra nuevo amor y cumple su sueño americano en Hollywood” (スペイン語). Diez Minutos. (2015年8月5日). https://www.diezminutos.es/famosos-corazon/famosos-extranjeros/news/g9163/ana-de-armas-encuentra-nuevo-amor-y-cumple-su-sueno-americano-en-hollywood/ 2020年3月17日閲覧。 
  54. ^ “¿A quién besa Ana de Armas?” (スペイン語). zeleb.es. http://www.zeleb.es/n/a-quien-besa-ana-de-armas-023436 2020年3月13日閲覧。 
  55. ^ “Ana de Armas se 'codea' con Beyoncé en Hollywood” (スペイン語). HOLA USA. (2016年8月25日). https://www.hola.com/cine/2016082587953/ana-armas-con-beyonce-deniro/ 2020年3月14日閲覧。 
  56. ^ “Ana de Armas apoya a su chico y se muestra ' muy orgullosa' de su exposición”. Hola. (2018年2月23日). https://www.hola.com/actualidad/20180223120789/ana-de-armas-orgullosa-alejandro-pineiro-deco/ 2020年3月14日閲覧。 
  57. ^ “Este es Alejandro Pineiro, el joven que robó el corazón de la cubana Ana de Armas”. CiberCuba. (2018年4月23日). https://www.cibercuba.com/noticias/2018-04-23-u194224-e198483-s27065-este-alejandro-pineiro-joven-robo-corazon-cubana-ana 2020年3月14日閲覧。 
  58. ^ Russian, Ale (18 January 2021). “Ben Affleck and Ana de Armas Split, Says Source: 'They Are in Different Points in Their Lives'”. People. https://people.com/movies/ben-affleck-and-ana-de-armas-split-source/ 2021年1月20日閲覧。. 
  59. ^ Crabtree, Erin (18 January 2021). “Ben Affleck and Ana de Armas Split After Nearly 1 Year Together”. US Magazine. https://www.usmagazine.com/celebrity-news/news/ben-affleck-girlfriend-ana-de-armas-split/ 2021年1月20日閲覧。. 
  60. ^ Kirkpatrick, Emily (2021年6月16日). “Ana de Armas Has Reportedly Started Dating Tinder VP Paul Boukadakis”. Vanity Fair Blogs. https://www.vanityfair.com/style/2021/06/ana-de-armas-new-boyfriend-tinder-vp-paul-boukadakis 2021年10月16日閲覧。 
  61. ^ All About Ana”. Vanity Fair (2020年2月18日). 2021年10月3日閲覧。
  62. ^ Jamie Lee Curtis (2021年2月16日). “Ana de Armas Is on the TIME 100 Next 2021 List”. TIME. 2021年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]