ノート:ジュラシック・ワールド

ページのコンテンツが他言語でサポートされていません。

ティラノサウルスの誕生年齢は1988年ですので修正依頼お願い申し上げます

インドミナス・レックスの学名[編集]

==劇中に登場する恐竜==のインドミナス・レックスの説明文中に、二名法に則しておらず破綻しているとありますが、そんなことはありません。国際命名規約では種小名は他の生物とかぶろうが関係ないとされています。実際に種小名が rex の生物はティラノサウルスだけではありません。参考までに:w:rex#animals Machairo会話) 2017年6月13日 (火) 09:12 (UTC)返信[返信]

毎度すみません。[1]この編集ですが、仰る通りなので除去しました。架空の世界だからかもしれませんが、キメラに学名を付けるのは興味深いですね。余談ですが、遺伝子組替生物は別種なのか別亜種なのか、興味がありますね(政治的な理由で、亜種レベルも一緒の品種だ、とか主張してそうですが)。--JapaneseA会話) 2017年6月13日 (火) 13:10 (UTC)返信[返信]

ありがとうございます。キメラに学名は同じことを思いました。ポマトには学名がないようですし、自然分類群ではないので与えないのが正しいはずです。遺伝子組換生物はベースとなる種の同種の品種という扱いになると思います。--Machairo会話) 2017年6月13日 (火) 20:06 (UTC) Machairo会話) 2017年6月13日 (火) 20:06 (UTC)返信[返信]

二名法において許容される種小名が被ったこと自体を指摘した記事は元々存在していません。インドミナス・レックスは、よくあるGigasやJaponicus等のように系統発生的非近縁種同士がたまたま同名となったのではありません。ティラノサウルス・レックスを「レックス」をそのまま相続のごとく使ってしまったのであり、その指摘はされていましたが。 作品の無謬性を保ち弁護するために、指摘の前提を恣意的に歪曲する藁人形論法はやめるべきです。格好付け、権威付けのために、意味を理解していないのに学名のまねごとをして誤りをおかした産物が「インドミナス・レックス」であるのは疑いの余地がありません。同じ事はモンスターバースの「タイタン」でも行われていますね。全く分類上異なる動物なのに、みな属名がTitanusになっている二名法のラテン語学名が設定されており、二名法の意味を誤解されかねないものになっています。 --奥利蛮人会話) 2022年9月10日 (土) 12:27 (UTC)返信[返信]