アメリカ合衆国第9巡回区控訴裁判所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アメリカ合衆国第9巡回区控訴裁判所(アメリカがっしゅうこくだいくじゅんかいくこうそさいばんしょ、United States Court of Appeals for the Ninth Circuit、判例引用: 9th Cir.)は、以下の地区の地方裁判所の控訴事件を担当する合衆国控訴裁判所

  • アラスカ地区
  • アリゾナ地区
  • カリフォルニア中央地区
  • カリフォルニア東地区
  • カリフォルニア北地区
  • カリフォルニア南地区
  • ハワイ地区
  • アイダホ地区
  • モンタナ地区
  • ネバダ地区
  • オレゴン地区
  • ワシントン東地区
  • ワシントン西地区

また、以下の海外領土の裁判所における控訴事件も扱っている。

  • グアム地区
  • 北マリアナ諸島地区

カリフォルニア州サンフランシスコに本部を置く第9巡回区控訴裁判所は、13ある合衆国控訴裁判所の中で群を抜いて最も規模が大きく、現役の判事が29人いる。

歴史[編集]

第9巡回区裁判所庁舎、1905年
管轄区域 総人口 全米人口比 現役判事の人数
1891 カリフォルニア州アイダホ州モンタナ州ネバダ州オレゴン州ワシントン州 2,087,000 3.3% 2
1900 ハワイ準州追加 2,798,000 3.7% 3
1912 アリゾナ州追加 7,415,000 6.7% 3
1940 11,881,000 9.0% 7
1960 アラスカ州グアム追加 22,607,000 12.6% 9
1980 北マリアナ諸島追加 37,170,000 16.4% 23
2000 54,575,000 19.3% 28
2007 60,400,000 19.9% 28
2009 61,403,307 19.72% 29
2010 61,742,858 19.99% 29

現在、第9巡回区控訴裁判所の規模が大きいのは、1891年にアメリカ合衆国議会がこの裁判所を設置してから、アメリカ合衆国西部の人口と、第9巡回区控訴裁判所の管轄地区の双方が急激に増加したことが理由である[1]

参考文献[編集]

  1. ^ Frederick, David C. (1994). Rugged justice: the Ninth Circuit Court of Appeals and the American West, 1891–1941. University of California Press. ISBN 9780520083813 

外部リンク[編集]