オリックス (動物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オリックス
Oryx Gazella Namibia(1).JPG
オリックス Oryx gazella
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
亜目 : ウシ亜目 Ruminantia
: ウシ科 Bovidae
亜科 : ブルーバック亜科 Hippotraginae
: オリックス属 Oryx
: オリックス O. gazella
学名
Oryx gazella (Linnaeus, 1758)
和名
オリックス
ゲムズボック
英名
Gemsbok

オリックスOryx gazella)は、ウシ科オリックス属に分類される偶蹄類。別名ゲムズボックケープオリックス

分布[編集]

アンゴラジンバブエナミビアボツワナ南アフリカ共和国[2]

形態[編集]

体長190-193センチメートル[2]。尾長41-47センチメートル[2]。肩高110-130センチメートル[2]体重130-203キログラム[2]。頸部毛衣は淡灰褐色[2]。額(額斑)から吻端(鼻斑)にかけてと眼から下部(眼斑)にかけて黒い斑紋が入り、額斑と鼻斑、眼斑と鼻斑が繋がる[2]。喉から頸部腹面、体側面から後肢上部にかけて黒い帯模様が入る[2]。胸部から腹部、四肢の毛衣は白く、四肢の下部前面に黒い斑紋が入る[2]。尾の毛衣は黒い[2]

角は雌雄ともにあり、直線的で先端が外側へ向かう[2]。角長93-96センチメートル[2]。耳介は幅広く、先端が丸みを帯びる[2]

分類[編集]

ベイサオリックスを本種の亜種とする説もある[2]

生態[編集]

半砂漠、草原、サバンナに生息する[2]。オスを中心とした10-50匹からなる群れを形成して生活する。老齢化したオスは群れを離れ単独で生活することもある。

食性は植物食で、、木の等を食べる。

繁殖形態は胎生。妊娠期間は260-300日[2]

人間との関係[編集]

肉が食用とされたり、角が工芸品とされることもある。先住民が槍の穂先に本種の角の先端を用いた事が知られる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • IUCN SSC Antelope Specialist Group 2008. Oryx gazella. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育7 (偶蹄目III)』、東京動物園協会、1988年、45頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]