ブック・オブ・ライフ 〜マノロの数奇な冒険〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ブック・オブ・ライフ
〜マノロの数奇な冒険〜
The Book of Life
監督 ホルヘ・グティエレス
脚本 ホルヘ・グティエレス
ダグ・ランデイル
製作 アーロン・バーガー
ブラッド・ブッカー
ギレルモ・デル・トロ
カリナ・シュルセ[1]
出演者 ディエゴ・ルナ
ゾーイ・サルダナ
チャニング・テイタム
クリスティナ・アップルゲイト
アイス・キューブ
音楽 グスターボ・サンタオラヤ
ポール・ウィリアムズ
編集 アーレン・ショー[1]
製作会社 Reel FX Creative Studios
20世紀フォックス・アニメーション
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年10月17日
上映時間 95分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
テンプレートを表示

ブック・オブ・ライフ 〜マノロの数奇な冒険〜』(マノロ の すうき な ぼうけん) (原題:The Book of Life)は、2014年のアメリカ3Dコンピュータアニメーションアドベンチャーミュージカルコメディ映画。製作はReel FX Creative Studios。北米での配給は20世紀フォックス。監督及び共同脚本執筆はホルヘ・グティエレスメキシコアニメーターであるグティエレスの初の長編監督作である本作品は、主要キャラクターの声をディエゴ・ルナゾーイ・サルダナチャニング・テイタムが務め、脇役でクリスティナ・アップルゲイトアイス・キューブロン・パールマンカテ・デル・カスティーヨらが配役されている。音楽はグスターボ・サンタオラヤポール・ウィリアムズが手掛け[3][4]、プロデューサーにはギレルモ・デル・トロも名を連ねている。

本作品は、ディア・デ・ロス・ムエルトス(Día de los Muertos、死者の日)を題材に、メキシコ人の生死観、死後の世界観などをメキシコ的サウンドと共に描いた物語で、北米地域では、ディア・デ・ロス・ムエルトスの2週間前に当たる2014年10月17日から劇場公開が始まった[3][4]。日本では2D版が10月31日「新千歳空港国際アニメーション映画祭2015」で無料上映され、2015年11月6日にDVDとして発売された。

ストーリー[編集]

死者の日(スペイン語Día de los Muertos、英語Day of the Dead)にインスパイアされた物語[3][4]。マノロは3つのファンタジー世界を冒険し、自身の恐れているモノたちと向き合う。

登場人物[編集]

マノロ・サンチェス(Manolo Sánchez)
声 - ディエゴ・ルナ[1] / 日本語吹替え - 木村昴
ギターと2本の剣を持った闘牛士。代々闘牛士の家に生まれ、家族からは闘牛士になるよう期待されているが、本人には牛を殺したくないから闘牛士にはなりたくない、という思いがある[3]
マリア・ポサダ(María Posada)
声 - ゾーイ・サルダナ[1] / 日本語吹替え - 小松由佳
マノロとホアキンが恋焦がれる女性。
ホアキン(Joaquín)
声 - チャニング・テイタム[1] / 日本語吹替え - 鶴岡聡
サン・アンゲルの町のヒーロー的存在。
シバルバ(Xibalba、恐怖の場所、という意味)
声 - ロン・パールマン[1] / 日本語吹替え - 中田譲治
死後の世界のひとつLand of the Forgottenの支配者。ラ・ムエルテの夫。
メアリー・ベス(Mary Beth)
声 - クリスティナ・アップルゲイト[1][5]
博物館ツアーガイド
キャンドル・メイカー(The Candle Maker)
声 - アイス・キューブ[1][6]
生者の生活を監視する存在。
ラ・ムエルテ(La Muerte、死、という意味)
声 - カテ・デル・カスティーヨ / 日本語吹替え - 勝生真沙子
死後の世界のひとつLand of the Rememberedの支配者。シバルバの妻[1]
カルロス・サンチェス(Carlos Sánchez)
声 - ヘクター・エリゾンド
マノロの父[7]
スケルトン・ルイス(Skeleton Luis)
声 - ダニー・トレホ
マノロの死んだ祖父[7]
カルメン・サンチェス(Carmen Sánchez)
声 - アナ・デ・ラ・レゲラ
マノロの死んだ母[7]
スケルトン・ホルヘ(Skeleton Jorge)
声 - プラシド・ドミンゴ
マノロの死んだ曽祖父[7]
スケルトン・カルメロ(Skeleton Carmelo)
声 - ホルヘ・グティエレス

製作[編集]

ホルヘ・グティエレスは、3D短編アニメ「Carmelo」(カルメロ)で2001年に学生エミー賞(Student Emmy Award)を受賞した後に、ディア・デ・ロス・ムエルトスを題材とした3D長編アニメの企画を、大手映画会社各社に売り込んだが、死をテーマにした子供向け作品で少しダークな内容、ということで全社から断られた、と語っている[3]

その後、テレビ・アニメーション作品『El Tigre: The Adventures of Manny Rivera』の製作を経た後に、グティエレスが本作の企画のプレゼンをギレルモ・デル・トロたちの前で行った際、散々なプレゼンになりダメだと諦めていたが、デル・トロは、「エル・ティグレ:マニー・リベラの大冒険」を娘たちと共によく視ていて好きだったことから、グティエレスが独特なメキシカンスタイルの作風を持った人物だと知っていて、その時点で既に彼のファンだった、と語っている[3]。そして、本作品が彼にとってどれほど重要な作品であるかを感じ取ったデル・トロは、本作品が、ゴージャスで色々な意味でメキシコのパワフルさを象徴する作品だったこともあり、その場で、これをプロデュースすることに合意した[3]

死後の世界Land of the Forgottenの支配者(神)シバルバとLand of the Rememberedの支配者(神)ラ・ムエルテという夫婦のモデルは、ディエゴ・リベラフリーダ・カーロだ、とグティエレスは語っている[4]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Scheck, Franck (2014年10月11日). “'The Book of Life': Film Review”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/review/book-life-film-review-739891 2014年10月11日閲覧。 
  2. ^ THE BOOK OF LIFE [2D] (U)”. British Board of Film Classification (2014年9月8日). 2014年9月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Animated 'Book Of Life' Celebrates Día De Los Muertos”. NPR (2014年10月14日). 2014年10月28日閲覧。
  4. ^ a b c d Cafe Tacvba's Groundbreaking Influence, Then And Now”. NPR (2014年10月23日). 2014年10月28日閲覧。
  5. ^ Learn the many truths of @BookOfLifeMovie from my character Mary Beth. Watch the new trailer here: http://fox.co/BOLtrailer #BookOfLife”. Twitter (2014年5月29日). 2014年6月15日閲覧。
  6. ^ Ice Cube Talks THE BOOK OF LIFE, Voicing His First Animated Character, the Status of FRIDAY 4, RIDE ALONG 2, and More”. Collider.com (2014年10月17日). 2014年10月26日閲覧。
  7. ^ a b c d Channing Tatum, Zoe Saldana to Star in Animated 'Book of Life' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter (2011年11月17日). 2013年10月17日閲覧。

外部リンク[編集]