非24時間睡眠覚醒症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

非24時間睡眠覚醒症候群(ひ24じかんすいみんかくせいしょうこうぐん、:non-24-hour sleep-wake syndrome)とは、概日リズム睡眠障害の症状のひとつ。罹患すると、通常の外部環境の中でも、1晩で30分から1時間ずつ就寝時刻と起床時刻が遅れていく。

症状[編集]

一定の時刻に入眠することが難しいため、夜間の不眠と日中の眠気で社会的な活動が困難な周期が訪れる[1]。睡眠時刻が一定でないため、社会への適応ができない[1]。眠気、注意力の低下、集中を持続することが困難となり、疲労感や倦怠感が生じる[1]慢性疲労症候群と診断されることもあるが、ずれていくリズムに合わせていればこの症状は消える[2]

原因[編集]

全盲の患者で初めて報告された後、視覚に障害がない人々でも報告された[1]。光による体内時計の同調ができず、入眠時刻が遅れていく[1]

睡眠相後退症候群と同様の睡眠相の遅れが見られ、非24時間との移行が確認されている[1]。27時間という長い睡眠周期も確認されている[1]

男性や、思春期から青年期の人に多い。

治療[編集]

外界への同調が不十分であり、外出、一定時刻の散歩によって日中に活動を増やしたり、規則的な食事や入床などの生活習慣だけで改善がみられることがある[1]光療法は、自然に覚醒した後ではなく、朝の一定時刻に行う[1]

メラトニンというホルモンは夜間に血中濃度が高く、昼間には低いため、メラトニンの投与が行われており、夕方の一定時刻に200mgや、入眠時刻の1-2時間前に投与する方法がある[1]。25.1時間睡眠周期をもつ全盲の患者で、500mgのメラトニンの服用により、睡眠のリズムは24.1時間となり14か月後にも同様であった[3]

メラトニンには、睡眠の位相変化作用と催眠作用があり、就寝前に投与した場合には催眠作用を起こす。位相変化させるにはメラトニンの分泌が少ない時間に投与し少量でよく、メラトニンの投与は通常のリズムの場合夕刻の投与で位相は前進し(早く寝て早く起きる方へ)、早朝から午前では後退する(遅く寝て遅く起きる方へ)[2]。(メラトニン#作用

タシメルテオンは、非24時間睡眠覚醒症候群に有効性が認められ、アメリカで承認されている。

睡眠薬での正常化は難しい[4]

合併症[編集]

発症後に、うつ病の症状が現れる場合がある。セロトニン気分障害統合失調症薬物依存などの病態に関与しているため、その影響ではないかとも言われている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 「自由継続リズム型(非24時間睡眠覚醒症候群)」『睡眠学』 朝倉書店、2009年2月、523-524頁。ISBN 978-4254300901
  2. ^ a b 『メラトニン研究の最近の進歩』 星和書店、2004年、179-180、184-186。ISBN 978-4791105304
  3. ^ McArthur AJ, Lewy AJ, Sack RL (1996). “Non-24-hour sleep-wake syndrome in a sighted man: circadian rhythm studies and efficacy of melatonin treatment”. Sleep 19 (7): 544–53. PMID 8899933. 
  4. ^ 『メラトニン研究の最近の進歩』 星和書店、2004年、179-180、184。ISBN 978-4791105304

参考文献[編集]