デルタ波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デルタ波

デルタ波(デルタは、: Delta wave)は、脳波計[1] (EEG) によって計測される、周波数が 1 Hz から 4 Hz で高振幅脳波であり、徐波睡眠 (slow-wave sleep) と関連付けられている。

デルタ波はノンレム睡眠時のステージIV で最も頻繁に検出され、計測される脳波の 50% 以上になる [2]

発達におけるデルタ波[編集]

新生児の覚醒時の脳波の分析によると、新生児ではデルタ波の活動が顕著であることが分かっている。また、5歳児でも覚醒時のデルタ波が、まだ現れている[3]

徐波睡眠中のデルタ波の活動は思春期において減少する。11歳から14歳の被験者において、25% の減少が報告されている [4]

障害[編集]

健康な成人覚醒時には、デルタ波の活動の大部分は一般的に計測されない。しかし、複数の研究において、陶酔せん妄状態の成人や、認知症統合失調症[5]診断された成人において、デルタ波が増加していることが示されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Walker, Peter (1999). Chambers dictionary of science and technology. Edinburgh: Chambers. pp. 312. ISBN 0-550-14110-3. 
  2. ^ Gross, Richard E. (1992). Psychology: the science of mind and behaviour. London: Hodder & Stoughton. pp. 112-113. ISBN 034056136x. 
  3. ^ Taylor, Eric; Rutter, Michael (2002). Child and adolescent psychiatry. Oxford: Blackwell Science. pp. 162. ISBN 0-632-05361-5. 
  4. ^ Brain Wave Changes In Adolescence Signal Reorganization Of The Brain”. ScienceDaily (08-12-2006). 2008年3月24日閲覧。
  5. ^ Hales, Robert E.; Yudofsky, Stuart C. (2007). The American Psychiatric Publishing Textbook of Neuropsychiatry and Behavioral Neurosciences, Fifth Edition (American Psychiatric Press Textbook of Neuropsychiatry). American Psychiatric Publishing, Inc. ISBN 1-58562-239-7.