シータ波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シータ波

シータ波、θ波(シータは、: theta wave)は、脳波計 (EEG) によって計測される。頭皮に取り付けられた電極から記録された脳波で周波数4Hzから8Hzの周波数の事をシータ波と呼ぶ。

研究[編集]

海馬では、8Hzぐらいの周波数の強い脳波である「シータ波」が観測されることが知られる。この脳波は、神経細胞の集団が同期活動をすることによって生成される[1]

学習の際に特徴的に現れる脳回路活動(シータ波)によって、記憶形成を担う海馬新生ニューロンの分化が促進されることが判明した[2]

海馬にシータ波が伝わるとニューロン前駆細胞が刺激され、ニューロンへの分化が促進されることを発見した。この際、最終的には新生ニューロンの数が増加することも証明した[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 出来事の順序を記憶する仕組みの発見 | 理化学研究所” (日本語). www.riken.jp. 2020年6月16日閲覧。
  2. ^ a b 研究成果「学ぶほど頭がよくなる仕組みがわかった 」” (日本語). 東京大学. 2020年6月16日閲覧。

関連項目[編集]