致死性家族性不眠症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

致死性家族性不眠症(ちしせいかぞくせいふみんしょう、Fatal Familial Insomnia:FFI)は、幻覚、重度の進行性不眠症頻脈等の症状に続き、全身の不随意運動痴呆を主徴とする中枢神経の変性疾患。WHO国際疾病分類第10版(ICD-10)ではA810、病名交換用コードはARCH。治療法は現在のところ見つかっておらず、発症後の余命は多くの場合約2年以内[1]

イタリアの家系で見出され、日本ではごく少数の家系に見出されるのみである[1]。日本においても、変異性クロイツフェルト・ヤコブ病ゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー症候群と共にプリオン病に分類される[1]。プリオン蛋白遺伝子の変異した家系に見られるが、ほぼ同一の症状を示す散発性の遺伝子変異を持たない症例もある。後者は原因不明であり視床変性型CJDとして報告されている。いずれの場合も遺伝性があり、多くの場合は40~50歳代で発症し男女差はない[1]。また、脳波の周期性同期性放電は見られず、多くの場合発症から1年以内に昏睡に陥る[1]。なお、患者の脳組織には異常プリオンが蓄積されているため、感染性がある。

症状[編集]

視床内で遺伝子異常により異常プリオンが発生、脳神経細胞が変性する。人間は通常、脳幹から視床を通り大脳新皮質に「寝ろ」という命令が行き渡り、外部からの刺激を遮断して睡眠に至るが、視床内の脳細胞が変性により機能しなくなることで、外部から大脳皮質への刺激が遮断されず、夜間の興奮や不眠などの症状が現れた末、約1年で意識がなくなり衰弱の末死に至る[1]

症状が進行すると、睡眠でも意識清明でもない状態となる。

治療法[編集]

治療法はない[1]

研究[編集]

発症する遺伝的リスクのある無症候性キャリア(ヒト)に対する ドキシサイクリン 100 mg/日 で10年間の予防投与試験が実施されている[2]

テトラサイクリン系はプリオン病に影響を与える。モデル動物の実験では生存期間の延長が認められている。ミノサイクリン・ドキシサイクリン・テトラサイクリンの有効性が示されている[3][4][5][6][7]

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

  • 『眠れない一族 食人の痕跡と殺人タンパクの謎』 ダニエル・T・マックス(紀伊国屋書店)
  •  ナショナル ジオグラフィック、2010年5月号 [日本版] p.90-109

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 致死性家族性不眠症
  2. ^ Forloni G, Tettamanti M, Lucca U, Albanese Y, Quaglio E, Chiesa R, Erbetta A, Villani F, Redaelli V, Tagliavini F, Artuso V, Roiter I. (2015). “Preventive study in subjects at risk of fatal familial insomnia: Innovative approach to rare diseases.”. Prion. 9 (2): 75-9. doi:10.1080/19336896.2015.1027857. PMID 25996399. https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/19336896.2015.1027857 2016年5月16日閲覧。. 
  3. ^ De Luigi A, Colombo L, Diomede L, Capobianco R, Mangieri M, Miccolo C, Limido L, Forloni G, Tagliavini F, Salmona M. (2008-3-26). “The efficacy of tetracyclines in peripheral and intracerebral prion infection.”. PLOS ONE. 3 (3): e1888. doi:10.1371/journal.pone.0001888. PMC 2268013. PMID 18365024. http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0001888 2016年5月16日閲覧。. 
  4. ^ Forloni G, Iussich S, Awan T, Colombo L, Angeretti N, Girola L, Bertani I, Poli G, Caramelli M, Grazia Bruzzone M, Farina L, Limido L, Rossi G, Giaccone G, Ironside JW, Bugiani O, Salmona M, Tagliavini F. (2002-8-26). “Tetracyclines affect prion infectivity.”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. (PNAS) 99 (16): 10849-54. doi:10.1073/pnas.162195499. PMC 125061. PMID 12149459. http://www.pnas.org/content/99/16/10849 2016年5月16日閲覧。. 
  5. ^ Stoilova T, Colombo L, Forloni G, Tagliavini F, Salmona M. (2013-8-8). “A new face for old antibiotics: tetracyclines in treatment of amyloidoses.”. Journal of Medicinal Chemistry. 56 (15): 5987-6006. doi:10.1021/jm400161p. PMID 23611039. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jm400161p 2016年5月16日閲覧。. 
  6. ^ Forloni G, Salmona M, Marcon G, Tagliavini F. (February 2009). “Tetracyclines and prion infectivity.”. Infectious disorders drug targets. 9 (1): 23-30. doi:10.2174/1871526510909010023. PMID 19200012. http://www.eurekaselect.com/83844/article 2016年5月16日閲覧。. 
  7. ^ Tagliavini F1, Forloni G, Colombo L, Rossi G, Girola L, Canciani B, Angeretti N, Giampaolo L, Peressini E, Awan T, De Gioia L, Ragg E, Bugiani O, Salmona M. (2000-7-28). “Tetracycline affects abnormal properties of synthetic PrP peptides and PrP(Sc) in vitro.”. Journal of molecular biology. 300 (5): 1309-22. doi:10.1006/jmbi.2000.3840. PMID 10903871. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022283600938403 2016年5月16日閲覧。. 

外部リンク[編集]