睡眠時遊行症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

睡眠時遊行症(すいみんじゆうこうしょう)とは、睡眠中に発作的に起こる異常行動のことで、夢遊病夢中遊行症とも呼ばれる。

症状[編集]

無意識の状態で起きだし、歩いたり何かをした後に再び就眠するが、その間の出来事を記憶していない状態を指す。このような夢遊病の多くは、就眠後1時間から3時間のノンレム睡眠時に発生することが多い事が分かっている。小児に多い病気である。[1]

原因[編集]

興奮状態のまま眠りに就いてしまうことや、精神ストレスによるものが多いとされている。また、特に原因が見当たらず慢性的で難治性の場合もある。
超短時間作型の睡眠薬である、マイスリーハルシオンアモバンなどの副作用として発生する場合がある。[2] 疲れていたり、昼間に猛烈なストレスを体験した場合に多くみられる。また、ぐっすり寝込んでいる子どもを、何らかの理由で無理やり起こした場合にみられることがある。

治療[編集]

現在、主な薬物療法としてはベンゾジアゼピン系の薬が使われている。またストレスが原因の場合は、そのストレスの原因を断つことも必要である。なお、夢遊病患者を無理に起こしたり制止しようとすると危害を加えられる恐れがあり、過去には殺害事件も起きている[3]。危険がない限りそっとしておくか、危急の場合は警察や救急車を呼んで対処することが望ましい。 思春期が終わるころには自然に症状は消失するといわれているため心配する必要はないが、寝入るまで安全に保護する配慮が必要である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 睡眠時遊行症 本多裕 日本睡眠学会
  2. ^ 睡眠薬飲み「夢遊」症状 厚労省が注意喚起
  3. ^ BBC NEWS | UK | How sleepwalking can lead to killing

関連項目[編集]