睡眠負債

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

睡眠負債(すいみんふさい、: Sleep debt)は、スタンフォード大学の研究者により提唱された言葉で[1]、日々の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響を及ぼすおそれのある状態である[2][3][4]

概要[編集]

僅かな睡眠不足が積み重なり「債務超過」の状態に陥ると、生活や仕事の質が低下するだけでなく、うつ病がん認知症などの疾病に繋がるおそれがあるとされる[1][2]

日本人のおよそ4割は睡眠時間が6時間未満で、睡眠不足の状態にある。しかしこれを自覚できていないケースもあり、睡眠不足が蓄積していってしまう[1][4]

2003年にペンシルベニア大学が行った研究によれば、6時間睡眠を2週間続けた被験者グループの脳の働きは、2晩徹夜したグループと同程度まで低下している[2][4]

負債の返済[編集]

睡眠負債のリスクを取り除く根本的な方法は、不足している睡眠時間を増やすことである。ただし週末などに「寝だめ」をするのは、日常の生活リズムを崩すことになり、逆効果となる場合がある[2][3]。早稲田大学研究戦略センターの枝川義邦は、寝だめにより生活リズムが崩れることで、「ブルーマンデー」に繋がるおそれがあると指摘する[1]

また、睡眠の先行投資としての仮眠[3]、日中に15分程度の昼寝をすること、メラトニン分泌のために朝の日光を浴びること、夜間のブルーライトを避けることなども有効とされる[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 「睡眠負債」をためない方法 10分昼寝も効果的だが”. NIKKEI STYLE (2017年6月25日). 2017年6月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e 放送した内容・リスクチェック結果|睡眠負債が危ない|NHKスペシャル”. NHK. 2017年6月29日閲覧。
  3. ^ a b c 睡眠負債って何??”. 東京西川. 2017年6月29日閲覧。
  4. ^ a b c 「睡眠負債」の恐ろしさ 自覚症状ないまま脳にダメージ蓄積”. NEWSポストセブン (2017年6月27日). 2017年6月29日閲覧。

関連項目[編集]