精神病院の用語の整理等のための関係法律の一部を改正する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
精神病院の用語の整理等のための関係法律の一部を改正する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 精神病院の用語整理法
法令番号 平成18年6月23日法律第94号
効力 現行法
主な内容 精神障害者等の偏見を除去する為に、各法律に記載されていた条文の文言を削除・修正する。
関連法令 精神保健福祉法
覚醒剤取締法
精神保健福祉士法
沖縄振興特別措置法
警察官職務執行法
障害者総合支援法
条文リンク 参議院ホームページ (PDF)
テンプレートを表示

精神病院の用語の整理等のための関係法律の一部を改正する法律(せいしんびょういんのようごのせいりとうのためのかんれんほうりつのいちぶをかいせいするほうりつ、平成18年6月23日法律94号)は、現行法律の「精神病院」を「精神科病院」にするなど、関連用語を整理し改正する法律である。通称精神病院の用語整理法(せいしんびょういんのようごせいりほう)。

概要[編集]

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律、覚せい剤取締法、精神保健福祉士法、沖縄振興特別措置法、障害者自立支援法の条文内などの「精神病院」を「精神科病院」に 警察官職務執行法の「精神病者収容施設」を削るなどをして、精神医療機関に対し国民の正しい理解を深め、患者が受診しやすい環境を作るのが目的である。

この法律の案は議員立法にて発議されたもので、第164回国会参議院厚生労働委員会に提出された。提案者は自由民主党所属の西島英利(精神科医)。2006年6月15日、同委員会にて趣旨説明を聴取後、全会一致で法律案として提出することを決定した[1][2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 障害保健福祉関係主管課長会議 資料15-2 2006年6月26日 厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部 2010年11月20日閲覧
  2. ^ 第164回国会 参議院審議概要 厚生労働委員会 参議院 2010年11月20日閲覧

 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]