泉流星

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

泉 流星(いずみ りゅうせい、1960年代後半生まれ[1])は、日本の女性ノンフィクション作家。兵庫県神戸市出身[1]。大学で言語学を学ぶ[1]

自身がアスペルガー症候群である[要出典]。著書『僕の妻はエイリアン』では、夫の目から見たアスペルガー症候群の妻という設定を用い、自身を「エイリアン」と表現し、自身のアスペルガー症候群の特性を客観的に描写した[要出典]

著書

  • 『地球生まれの異星人 自閉者として、日本に生きる』花風社、2003年
  • 『僕の妻はエイリアン 「高機能自閉症」との不思議な結婚生活』新潮社、2005年、のち文庫
  • 『エイリアンの地球ライフ おとなの高機能自閉症/アスペルガー症候群』新潮社、2008年

テレビ出演

脚注

  1. ^ a b c 泉流星 | 著者プロフィール | 新潮社” (日本語). www.shinchosha.co.jp. 2022年2月25日閲覧。

外部リンク