この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

南雲玲生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

南雲 玲生(なぐも れお、1973年11月20日 - )は、日本作曲家ゲームクリエイターニューメディア・アーティスト。株式会社ユードー代表取締役、e-まちタウン株式会社顧問。神奈川県横浜市出身。BEMANIシリーズの作曲家「dj nagureo」として知られる。

略歴

幼少期より、現代音楽、テクノを聴いて育つ。横浜市立南高等学校在籍中、AppleラジオCMのBGMを担当し、作曲家デビュー。高校卒業後、広告制作会社を経て2000年までコナミに勤務。同社在職中は、ヒット商品となった音楽ゲームbeatmania』を企画原案・制作し、流行を生み出した。 同社退職後にソニー・コンピュータエンタテインメントを経て、青山学院大学に入学しビジネスを学びながら、BEMANIシリーズへの楽曲提供をはじめ、音楽やゲーム業界などで活動した。2003年3月3日、株式会社ユードーを設立。ゲーム伝説カバヤ食品[1]の企画をはじめ、アーティストプロデュース、スマートフォンアプリやゲーム等の開発、音楽制作、飲食店のプロデュース、講演活動など幅広く行っている。 自身の誕生日を曲名にした20,novemberは、世界の音楽ゲームを代表する曲となり、毎年11月20日には、音楽ゲームファンを中心に多くのイベントが開催される。 近年、iPhone向けの音楽、メディアアートアプリケーション開発を手がけており、プロデュースをした8Bitone、Matrix Music Pad、Live LInk 3GがiTunes/AppStoreで大ヒット作品となり、AppStore総合1位タイトルを複数経験している。特に企画を担当した『斉藤さん』においては、日本の高校生、大学生で知らない者はいないほど認知されており、600万ダウンロードを達成した。音楽制作に留まらず、プランナー、プロデューサーとして様々な作品を生み続けている。

また、iPhone/iPod touch/iPad向けの太鼓の達人をユードーが開発。 beatmaniaで自身の楽曲大量削除後の出来事という事もあり話題となった。

好物はチョコレート、趣味は旅行、DJ。二児の父である。ブログ等でアスペルガー症候群と診断されたことを公表している[2][3]

車好きであり、過去の愛車はホンダ・NSX。現在はメルセデス・ベンツなど、他に複数台の車を所有し、乗るたびに車を壊す、すぐに手放すという逸話がある。

BEMANIシリーズとの関わり

  • 『beatmania』の企画者の一人としてサウンドディレクター(楽曲面の責任者)を務めるなど、初期作品の中心的メンバーとして知られる。
  • pop'n music』のタイトルの名付け親である。また、同作のキャラクター「レオくん(Reo★kun)」は彼がモデルになっている。ただし、このキャラクターの担当曲そのものは全て南雲が作曲に携わっていない楽曲である。
  • 2006年4月、『beatmania IIDX 13 DistorteD』の公式サイトにて、「tiger YAMATO」名義で、作曲活動を休止する旨を発言しているが、「tiger YAMATO」名義での楽曲提供を終了するのか自身がBEMANIシリーズへの楽曲提供自体を終了するのか、真意は不明である[4]
  • 2007年6月、dj TAKAこと石川貴之初のオリジナルアルバム「milestone」に親交の深いアーティストとして「dj nagureo」名義で参加。
  • m-floの1stアルバム「Planet Shining」のブックレットにスペシャルサンクスとして「reo nagumo」の名前が載っている。
  • 2008年4月、「ぱんぱんミュージック」というリズムゲーム投稿サイトを開設。同サイトでは新曲「R30」などが発表され話題を呼んだ。同サイトは後に米国のSNSであるFacebookで「Aeromusic」と名前を変え、新たにリリースされる。
  • 2008年後半以降に発売されたBEMANIシリーズからは、南雲が作曲した過去の楽曲のうちほとんどが削除されている。理由は不明である。なお、『beatmania IIDX』シリーズに収録の「5.1.1.」は現存しており、同シリーズでの最多連続収録曲となっている。

総合1位になったiPhoneアプリ

  • Piano Lesson PianoMan
  • 8Bitone
  • Matrix Music Pad
  • Live Link 3G

主な音楽作品

ユードー

  • ぱんぱんミュージック
    • 『平壌音楽』 JUCHE-DUB (reo nagumo a.k.a djnagureo 名義)
    • R30 (tiger YAMATO featuring. DAIMON 名義)
    • 北朝鮮 『愛国歌』 (kimmaster’73 名義)
    • no life no techno (dj nagureo 名義)
  • Aero Guitar
    • Infections (N.A.R.D.名義)
    • Gear (下北Brothers名義)
  • Aero Synth
    • 3.29.9 (reo nagumo名義)
    • mishima (dj nagureo名義)
    • OBAMA (SUPER tiger YAMATO名義)

BEMANIシリーズ

現在任天堂に在籍している水木潔と原案、企画を行っていた。また、数多くの楽曲、イラストを制作。

  • ※BEMANIシリーズの楽曲に関しては、特記の無い限りdj nagureo名義。
  • ※SUGI&REOはSUGI(杉本清隆)とのユニット。
  • beatmania
    • 2.14.13
    • 20,november - タイトルは「20,November」や「20,NOVEMBER」となっていることもあり、「(single mix)」「(radio edit)」「(hard mix)」などいくつかのバージョンが存在する
    • BOA BOA LADY (JAMMING-MIX) - 『pop'n stage』収録曲「BoaBoaLady!」のセルフリミックス。
    • Believe again (english version) - リミックス担当。原曲作曲はEmotion of Sound
    • Believe again (HYPER MEGA MIX) - 上に同じ。上記と同様だが日本語版。
    • COME AND GET IT (N.A.R.D.名義)
    • deep in you
    • DJ BATTLE
    • Do you love me? (reo-nagumo名義)
    • jam jam reggae (jammaster '73名義)
    • LINN1999
    • LUV TO ME THIRD MIX(miryam reo yoshinori名義) - 以降のシリーズの同名曲のリミックスの原曲。
      • LUV TO ME (english version) (THIRD-MIX名義) - 上記の英語版。
      • LUV TO ME (disco mix) Version GOTTA(tiger YAMATO名義) - 後述のLUV TO ME (disco mix)と同曲。
    • MOMENT
    • peace-out
    • SAVIOR (reo nagumo feat. Lala Moore名義)
    • STAY WITH ME (BIGBEAT MIX) - エイス・ワンダー「ステイ・ウィズ・ミー」のリミックス。『beatmania III』のStay with meとは全くの別曲。
    • u gotta groove
    • VIVA!2000 (-27MIX) - 『pop'n stage』収録曲「Viva!2000」(Marilia&Kaorin)のリミックス。
    • WATCHINGOUT
  • beatmania IIDX
    • 2002 (tiger YAMATO名義)
    • 5.1.1.
    • 5.8.8.
    • dong-tepo no.1
    • E.V CAFE (reo nagumo feat. hajime.y名義)
    • I.C.F.5800 (Reo Nagumo feat. Mayumi Shizawa名義)
    • KAMIKAZE
    • Logic Board
    • LUV TO ME (disco mix) (tiger YAMATO名義) - LUV TO MEのセルフリミックス。
    • LUV TO ME (UCCHIE'S EDITION) (tiger YAMATO名義) - LUV TO MEのセルフリミックス。UCCHIEとは同曲のゲーム譜面作成を担当した内田智之のこと。
    • patsenner
    • PERFECT WORLD (N.A.R.D feat. masayo名義)
    • R2 (tiger YAMATO名義)
    • R3 (tiger YAMATO名義)
    • R5 (tiger YAMATO with ultrabeatbox名義)
    • R壱萬 (tiger YAMATO名義)
    • Secret Tale (dj nagureo feat. asuka.m名義)
    • tiger yamato (tiger YAMATO名義)
    • Two DAYS OF LOVE (tiger YAMATO with マイク吉川 feat. ma-sa名義)
    • Y31 (tiger YAMATO名義)
    • V35 (tiger YAMATO名義)
  • beatmania III
    • beatmaniaIII opening theme - ゲームタイトルのオープニングBGM。
    • Devoted To You (dj nagureo feat. Robbie Danzie名義)
    • Instant Love (dj KONAMI名義)
    • Keep On Liftin'
    • my cherie amour (dj nagureo feat. sana名義) - スティーヴィー・ワンダーのカバー。
    • qingdao
    • Rest my mind (dj nagureo feat. Doublecheese名義)
    • Stay with Me (dj nagureo feat. Robbie Danzie名義) - 『beatmania CORE REMIX』のSTAY WITH ME (BIGBEAT MIX)とは全くの別曲。
  • pop'n musicpop'n stage
    • ALONE - 『ee'MALL 2ne avenue』で配信。
    • BICYCLE (sugi&reo名義)
    • blue moon sea (N.A.R.D. feat.Lala Moore名義) - 「platonic love」の別ボーカルバージョン。
    • BoaBoaLady! (jammaster '73名義) - 作曲・編曲担当。『beatmania 5thmix』収録のリミックスの原曲。『beatmania completeMIX2』では「BOA BOA LADY」として収録。
    • FAKE (N.A.R.D.名義)
    • Far e@st network
    • Forever The Earth (n.a.r.d.名義)
    • HAGOROMO (cheetah KAMATA名義)[5]
    • Hong kong magic (tiger YAMATO名義)
    • In a Grow (Noriko Fukusima名義)
    • I REALLY WANT TO HURT YOU(SUGI&REO名義)[6]
      • I REALLY WANT TO HURT YOU ~僕らは完璧さ(SUGI&REO名義) - 上記のリマスター版。
    • (fly higher than) the stars (SUGI&REO名義)[7]
    • platonic love (N.A.R.D.名義)
    • Secret tale (dj nagureo feat. 新谷さなえ 名義) - 同名の曲の別ボーカルバージョン。
    • YOUNG DREAM (LITTLE FINGERS名義)
    • 작은 행복(チャグン ヘンボク(訳:小さな幸福)) (吉田一郎名義)
    • 走り抜ける君へ、Hurry up! (吉田一郎名義)
    • ポップン販売株式会社 (ポップン販売株式会社名義)
    • 森の鼓動 (N.A.R.D.名義)
    • 夢見る少女 (dimitoricTiger from seoul名義)
    • ラスベガスドリーム (reo nagumo名義)

その他の作品

脚注

  1. ^ 懐かしのアーケードゲーム付き食玩ドルアーガの塔などがCD-ROM媒体で付属した。
  2. ^ ナグレオブログ 2008年6月5日
  3. ^ 週刊現代2010年4月17日号 「大研究 あの有名人も! アスペルガー症候群の天才たち」インタビュー
  4. ^ tiger YAMATOは、本人とは別人という設定になっている
  5. ^ 『pop'n music 20 fantasia』のNAVIGATEモードにおいて、アーティスト「nagureo」の曲として分類されていた。同作の時点において、南雲のBEMANIシリーズ提供曲としては最新の曲となる。
  6. ^ 初代『pop'n music』では「SGI&REO」と表記されていたが、続編以降は「SUGI&REO」に修正された。
  7. ^ 作曲および歌唱は杉本清隆。南雲は「秘密の声」のみを担当。

外部リンク