ノート:アスペルガー症候群

Jump to navigation Jump to search

このページには削除された版があります。削除に関する議論はWikipedia:削除依頼/アスペルガー症候群をご覧ください。


原因の項目について[編集]

最近、原因の項目について加筆がありますが、今のところ相関があったという結果ばかりで、原因として特定されたものではないようです。 原因として記述するのはいかがなものでしょうね。--北斗柄会話) 2016年3月29日 (火) 11:52 (UTC)

社会と文化項目について[編集]

医学的な項目なのに専門書でもないあいまいなニュースを根拠にして、辞典的でもなく構成的にも浮いた項目を書く意味は何か? またその中でも専門家でもない芸人の主観でしかない部分や憶測を載せる事はどう見ても間違っている それに精神医学の知識もない少しネットで聞きかじった人間が関わり過ぎ もう少し症状や診断、社会的実態を詳しく書くべき--Godtun会話) 2016年8月4日 (木) 15:35 (UTC) ソースを検証しても著者の主観で解釈していて要旨がソースと違う 特段、意見・反論ない場合はニュース根拠部分は削除しまとめ直させていただきます--Godtun会話) 2016年8月5日 (金) 01:20 (UTC)

自閉症スペクトラムとアスペルガー症候群の各名称について[編集]

記事についてですが、これまでDSM-5にて定義された自閉スペクトラム症あるいは自閉症スペクトラムという名称が、ICD-10でも使用されるようになっております発達障害は、まだ研究が成熟していないことや、診断基準が2つあることもあり、結果的に、現在発行されている様々な書籍にも、その記載内容にゆらぎがあるように見受けられます。 ですので、使用する出典に関しても、慎重になっていただくよう、切にお願いします。 --静葉会話) 2017年8月23日 (水) 11:51 (UTC)

  • とはいえ、ICD-10では依然としてF84.5にアスペルガー症候群が存在していると思われますが、どうでしょう(2013年版(※平成27年2月13日付け総務省告示第35号により、平成30年現在、国の「疾病、傷害及び死因の統計分類」は、このICD-10 2013年版に準拠)、2016年版ともに)。どうも日本の精神医療業界はアスペルガー症候群をなきものにしようとしている雰囲気が感じられますが、日本が以前から用いているICD-10においては依然としてアスペルガー症候群の項が存在しているのですから、基本としてはアスペルガー症候群は別個の傷病として扱うべきであると思われます。慎重を期するのであれば、DSM-5に変に影響された様な文章記述を行う事は止め、行政文書及びICD-10に基づいての記述を行うべきであると考えます。現在の記事は多くに「半保護」「保護」がかけられていますが、正に、DSM-5に変に影響された様な、行政的見地から見ても不適切な記述が目立つものとなっているので、該当する部分については修正を行うべきであると思われますが、どうでしょうか。日本国が傷病分類としてICD-10を用いている事は明らかなのですから(どの医師も事実としては賛成せざるを得ないはずでしょう。)、アスペルガー症候群(F84.5)の扱いを自閉症スペクトラム(F84.9広汎性発達障害の中の分類ID:20101347)と併合しようとするというのは誤りだと思われますが(発達についての特徴的差異からしてもアスペルガー症候群をF84の中の単独項(F84.5)から無くし他と一緒にするというのは考えにくいと思われます。)。--119.63.150.112 2017年9月1日 (金) 08:39 (UTC)
    • 上の記述を行った者です。ICD-11ドラフトを見てみましたが、アスペルガー症候群は「6A02.0 Autism spectrum disorder without disorder of intellectual development and with mild or no impairment of functional language」という項となっている様ですね(検索・参照用の別名として「Asperger syndrome」等の設定あり。また、他疾病の項(6B44、6B45)において「Asperger syndrome」の名称使用での6A02の参照あり(畢竟、6A02.0となると思われる(6A02の他の項(6A02.1以降)にはその記述が無いので。)。)。)。これまでF84広汎性発達障害の中のF84.5アスペルガー症候群として分類されていたものが、6A02自閉症スペクトラム障害の中の6A02.0自閉症スペクトラム障害ただし知的発達の障害を伴わず言語機能の問題が軽度又は存在しないもの(別名アスペルガー症候群)として分類されなおされた、という事で良いのですかね。どうもそう思われるのですが。--119.63.149.212 2018年4月19日 (木) 21:24 (UTC)

今すぐ記事をどうこう、という話ではありません。むしろ今はあえて編集せず様子見にしておくほうが無難なのではないかと思います。医師によっても診断基準にDSMを使用しないなんて話もちらって聞いていたりと、医療現場でも色々とあるようですし、今現在記事を閲覧する方々の為も、あえて「無難な内容」にとどめておいたほうがいいのではないかと。ただ、できれば何らかのテンプレートは記事の冒頭に欲しいところですね。--静葉会話) 2017年9月2日 (土) 10:25 (UTC)

2018年リリースのICD-11においてもDSM-5に倣って、6A02: Autism spectrum disorderとして自閉スペクトラム症となる予定ですので、そういった陰謀的な話はちょっと違うと思います。--Yuasan会話) 2017年12月19日 (火) 15:17 (UTC)
それについてですが、どうも6A02には、現状、6A02.0、6A02.1、6A02.2、6A02.3、6A02.4、6A02.5(及び6A02.Y、6A02.Z)があり、その中の6A02.0がアスペルガー症候群となるのであって、アスペルガー症候群がイコールの形で6A02の自閉症スペクトラム障害そのものになるというわけではないようですよ。分類上、6A02の中に含まれはしますが、それらの関係としては、F84広汎性発達障害の中のF84.5アスペルガー症候群が含まれるのと同じ様に、6A02自閉症スペクトラム障害の中に6A02.0自閉症スペクトラム障害ただし知的発達の障害を伴わず言語機能の問題が軽度又は存在しないもの(別名アスペルガー症候群)が含まれる、という形になるみたいです。--119.63.149.212 2018年4月19日 (木) 21:34 (UTC)
追記ですが、まぁ、ちょっと、若干、心持ち、におうかな、と思います。動きとして(多くの場所で観察されるというのが何ともですが。)。少なくとも、分類的な観点からの言及が、どうもおかしなものとなっている気がします。6A02.0という、アスペルガー症候群に対応する項があるのですから、ICD-10でのF84.5アスペルガー症候群は、6A02.0となっている、という事にするのが適切かと思うのですが。--119.63.149.212 2018年4月19日 (木) 21:41 (UTC)