ハンス・アスペルガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハンス・アスペルガー
Hans Asperger
生誕 1906年2月18日
オーストリア=ハンガリー帝国ウィーン
死没 1980年10月21日(1980-10-21)(74歳)
オーストリア・ウィーン
教育 ウィーン大学
著名な実績 「autistic psychopathy」の執筆
アスペルガー症候群エポニム
医学関連経歴
職業 医師
所属 ウィーン大学子供病院(University Children’s Hospital, Vienna)
専門 小児科
研究 自閉症

ハンス・アスペルガー(Hans Asperger、1906年2月18日 - 1980年10月21日)は、アスペルガー症候群の研究で知られる、オーストリアウィーン生まれの小児科医である。

概要[編集]

1944年、彼はアスペルガー症候群の最初の定義を著した。4人の男児において、彼が「自閉精神病質」と呼んだ、自閉症(そのもの)と精神病質(人格の疾患)を意味する行為や能力のパターンが見られた。そのパターンには、「共感能力の欠如、友人関係を築き上げる能力の欠如、一方的な会話、特定の興味における極めて強い没頭、ぎこちない動作」が含まれる。今の自閉症という概念は当時にはなく、ここで使われる「自閉的」とは統合失調の無為自閉のような状態を指すことに注意が必要である。彼はアスペルガー症候群(AS)の子供達が、興味のある事柄について非常に詳細に語る能力を持っていることから、彼らを「小さな教授たち」と呼んだ。

彼は多くのアスペルガー症候群の子供達が、大人になった時にその特殊な才能を生かすと確信していた。彼はフリッツ・V(Fritz V.)という子供が成人するまで追跡調査をした(症例サンプルのフルネームを出す事は人権上の問題から禁じられている)。フリッツは天文学の教授になり、もともと子供の頃から気付いていたというニュートンの業績の間違いを解決した。ハンス・アスペルガーのアスペルガー症候群に対する肯定的な見解は、レオ・カナーの自閉症の記述とは実に対照的であるが、両者は同じ状態を述べている(訳注:カナー型自閉とアスペルガー型自閉はスペクトラム(連続性)はあっても、異なるものという見解が一般的で「同じ状態」ではない。ナチス障害者への迫害に代表される当時の政治的背景が、彼にポジティブな形でアスペルガー症候群を表現させたとも言えるかもしれない)。

皮肉なことに、ハンス・アスペルガー自身も子供の頃、彼の名に因んだまさにその状態の特徴を現していた。彼は人と距離を置いた孤独な子供で、友人を作ることが困難だったと述べている。彼には語学の才能があり、とりわけドイツ語詩人フランツ・グリルパルツァーに興味を持った。彼はフランツのを、興味のない同級生に対しても繰り返し引用していた。

アスペルガーは、この行為のパターンの同定が広く認識される前に死亡した。なぜなら、彼の仕事はほとんどドイツ語で行われ、ほとんど翻訳されることがなかったからである。「アスペルガー症候群」という術語を初めて用いた人物は、イギリス研究者ローナ・ウィングである。彼女の論文「アスペルガー症候群-臨床報告」が1981年に発表され、1943年にカナーが発表した従来の自閉症モデルに異議を申し立てた。

国際アスペルガー年の2006年は、ハンス・アスペルガーの生誕100周年、そしてウィング博士の論文の発表25周年に当たる。国際アスペルガー年は、ワシントン首都圏(Greater Washington)のアスペルガー症候群の成人たちによって考えられたものである。

経歴[編集]

第二次世界大戦中はユーゴスラビア枢軸軍軍医であり、弟はスターリングラード戦死した[1][2] 。 終戦間際には、シスター・ヴィクトリン ザック(Viktorine Zak)とともに子供のための学校を開いた。 学校は爆破、破壊され、シスター・ヴィクトリンは犠牲になり、アスペルガーの初期の仕事の多くも失われた[3]

アスペルガーがナチスのメンバーであるかどうかに関しては議論がある。ナチスと協力して[4]、アスペルガーは、「不適当(unfit)」とみなされる子どもたちを シュピーゲルグルンド英語版に移送することを推奨した。数十人の子どもがそこで殺害された[5][6][7] 。アスペルガーは、彼自身の患者をナチスから守り、ゲシュタポに子どもたちを引き渡すことを拒否したかったと主張した[8]。は、後にオーストリアからアメリカへ移住し1937年にレオ・カナーの下で働くまで、アスペルガーの下で主任診断医だった[9]

アスペルガーは1944年に自閉症の定義を発表した。これはロシアの精神科医Grunya Sukharevaによって1926年に発表されたものとほぼ同じであった[10][11]。アスペルガーは、4人の少年を被験者とし、共感性の欠如、友情を形成する能力の少なさ、一方通行の会話、特定の対象に強い関心を持っている、および不器用な動きを含む行動および能力のパターンを同定した[3]。アスペルガーは、自閉症であると診断した子供のうちの一部は、成人期に特別な才能を使い、成功したことに気づいた。そのうちの1人は天文学の教授になり、学生時代に気づいていたニュートンの業績の誤りを解明した[12]。他に、オーストリア小説家、で2004年にノーベル文学賞受賞したエルフリーデ・イェリネクがいた[13]。しかしアスペルガーは、大多数の自閉症の人々にとって自閉症の特徴は利益よりも障害であり、重度障害の被験者は社会的価値がほとんどないと主張している[5]

自閉症の症状を記述する彼の画期的な論文が出版された後、1944年にウィーン大学テニュア教授の職に就いた。終戦後間もなく、ウィーン大学小児病院小児科主任教授に着任し、20年間在職した。

後にインスブルックに移った。1964年から、ヒンターブリュール英語版SOS子供の村に勤務した[14] 。1977年に名誉教授になり、その3年後に死去した。アスペルガー症候群(AS)はハンス・アスペルガーにちなんで命名され、1994年には精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の第4版で正式に採用された[15]が、2013年のDSM-5で削除された[16]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Lyons, Viktoria; Fitzgerald, Michael (May 10, 2007). “Letter to the Editor: Did Hans Asperger (1906–1980) have Asperger Syndrome?”. Journal of Autism and Developmental Disorders (Springer Science+Business Media) 37 (10): 2020–2021. doi:10.1007/s10803-007-0382-4. PMID 17917805. https://link.springer.com/article/10.1007/s10803-007-0382-4 2016年1月1日閲覧。. 
  2. ^ Feinstein, Adam (July 2010) (English). A History of Autism: Conversations with the Pioneers (First ed.). Hoboken, N.J.: Wiley-Blackwell. p. 15. ISBN 978-1-4051-8653-7. http://www.wiley.com/WileyCDA/WileyTitle/productCd-1405186534.html. 
  3. ^ a b Attwood, Tony (1998-01-15). Asperger’s Syndrome: A Guide for Parents and Professionals. London: Jessica Kingsley Publishers. p. 11. ISBN 978-1-85302-577-8. https://www.amazon.co.jp/Aspergers-Syndrome-Guide-Parents-Professionals/dp/1853025771 2018年4月20日閲覧。. 
  4. ^ Baron-Cohen, Simon; Klin, Ami; Silberman, Steve; Buxbaum, Joseph (19 April 2018). “Did Hans Asperger actively assist the Nazi euthanasia program?”. Molecular Autism 9 (28). doi:10.1186/s13229-018-0209-5. https://molecularautism.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13229-018-0209-5 2018年4月19日閲覧。. 
  5. ^ a b The Doctor and the Nazis”. Tablet Magazine. 2016年4月14日閲覧。
  6. ^ Was Dr. Asperger A Nazi? The Question Still Haunts Autism”. NPR. 2016年10月24日閲覧。
  7. ^ Sheffer, Edith (2018年3月31日). “The Nazi History Behind ‘Asperger’”. New York Times. https://www.nytimes.com/2018/03/31/opinion/sunday/nazi-history-asperger.html 2018年4月1日閲覧。 
  8. ^ Hans Asperger 'collaborated with Nazis' in WWII”. BBC News (2018年4月19日). 2018年4月19日閲覧。
  9. ^ Silberman, Steve (2015). NeuroTribes: The Legacy of Autism and the Future of Neurodiversity. Avery Publishing. p. 168. ISBN 978-1-58333-467-6. 
  10. ^ Nieminen-von Wendt, Taina (2004). On the origins and diagnosis of Asperger syndrome: a clinical, neuroimaging and genetic study. Helsinki, Finland: University of Helsinki. p. 10. ISBN 952-10-2079-2. http://ethesis.helsinki.fi/julkaisut/laa/kliin/vk/nieminen-wendt. 
  11. ^ Ssucharewa, Dr. G.E. (1926). “Die schizoiden Psychopathien im Kindesalter (Part 2 of 2)”. Monatsschrift für Psychiatrie und Neurologie 60 (3–4): 248–261. doi:10.1159/000316609. http://content.karger.com/produktedb/produkte.asp?doi=316609 2016年1月1日閲覧。. 
  12. ^ Hans Asperger (1944). “Die "Autistischen Psychopathen" im Kindesalter”. Archiv für Psychiatrie und Nervenkrankheiten 117 (1): 132–135. doi:10.1007/bf01837709. https://link.springer.com/article/10.1007%2FBF01837709. 
  13. ^ Mayer, Verena; Koberg, Roland (2006-01-31) (German). Elfriede Jelinek: Ein Porträt (First ed.). Berlin: Rowohlt Verlag GmbH. p. 32. ISBN 978-3498035297. https://www.amazon.com/Elfriede-Jelinek-Roland-Koberg/dp/3498035290 2016年1月1日閲覧。. 
  14. ^ Hans Asperger”. Whonamedit?: A dictionary of medical eponyms. Ole Daniel Enersen. 2016年1月1日閲覧。
  15. ^ Grandin, Temple; Panek, Richard (2013-04-30) (English). The Autistic Brain: Thinking Across the Spectrum (First ed.). Boston: Houghton Mifflin Harcourt. ISBN 978-0547636450. http://www.hmhco.com/shop/books/The-Autistic-Brain/9780547636450 2016年1月1日閲覧。. 
  16. ^ DSM-5 Development: 299.80 Asperger’s Disorder”. American Psychiatric Association (2010年12月25日). 2010年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。Januay 1, 2016閲覧。

参考文献[編集]

  • Uta Frith (ed.): Autism and Asperger Syndrome (Cambridge University Press, 1991; ISBN 052138608X) — in which Asperger's 1944 paper is translated and annotated

論文[編集]

  • Asperger, H. (1944), Die 'Autistischen Psychopathen' im Kindesalter, Archiv fur Psychiatrie und Nervenkrankheiten, 117, pp.76-136.
  • Asperger, H. (1968), Zur Differentialdiagnose des Kindlichen Autismus, Acta paedopsychiatrica, 35, pp.136-145.
  • Asperger, H. (1979), Problems of Infantile Autism, Communication, 13, pp.45-52.

関連用語[編集]

外部リンク[編集]