大麻精神病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大麻精神病(たいませいしんびょう、cannabis psychosis)とは、他の問題と明確に鑑別されない臨床観察から言われている仮説の障害で、明確に定義されておらず[1][2]大麻の使用を中止すると数日以内に治る状態である[1]。診断基準では、世界保健機関の疾病分類 ICD-10 では精神病の用語は用いられず、向精神薬誘発性の大麻による精神病性障害の診断が用意されており、短期的なものとされる[3]。アメリカ精神医学会の DSM-IV大麻誘発性精神病性障害[注 1]は、明らかにまれに大量の大麻の使用後に通常は被害妄想が生じ、多くは1日以内におさまるとされる[4]

大麻には、成分としてテトラヒドロカンナビノール (THC) とカンナビジオール (CBD)が含まれるが[5]、CBDの有無に関わらずTHCが精神病を悪化させることが示されている[6]

定義[編集]

経過も多様であり、大麻との因果関係を確定することは困難で、診断基準や分類も一定せず、大麻精神病という疾患単位 (clinical entity) は確立していない[2]。背景として精神病という伝統的な分類は、不正確な診断をもたらしたため、ICD-10DSM-IV のような診断基準によって厳密な区別がなされてきた[7]

世界保健機関[編集]

1997年の世界保健機関 (WHO) の報告書は、大麻精神病 (cannabis psychoses) の存在は、臨床観察から言われている仮説の障害であり、大麻の使用を中止すると数日以内に治るもので、明確に定義されておらず、大麻使用者に発生した他の精神病性の問題と統合失調症とが明確に鑑別されていないとしている[1]

ICD-10(『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版)では、「神経症と精神病」の項にて、精神病 (psychosis) の用語が用いられず、妄想や幻覚のような症状を示す精神病性 (Psychotic) の用語で言及されていることに触れている[3]。向精神薬誘発性精神病の項にて、そのような精神病状態は短期的なものであり、誤ってより深刻な統合失調症のような状態が診断されれば、悲惨な影響を与えると注意している[3]。また、高用量の大麻を摂取するなどの知覚の歪みや幻覚の体験は、急性中毒の診断を考慮せよとしている[3]ICD-10には、精神障害の定義があるため、症状が機能不全を起こしていないものは精神障害ではない[3]

WHOの依頼により2015年に作成された大麻に関する報告書は、大麻の使用によって一過性の統合失調症のような症状を呈することがあり、1903年にワーノックがこのような誘導を発見したと記している[8]

アメリカ精神医学会[編集]

精神障害の診断と統計マニュアル』第4版(DSM-IV)では、物質誘発性精神病性障害の項に由来となった物質名に続いて記す記載手順が示される[注 1][4]。大量の大麻の使用後に通常は被害妄想が起きることがあるが、これは明らかにまれであり1日以内に寛解し、2-3日のこともあるとされ、大麻には離脱の診断名が設けられておらず、理由は高用量の使用で生じると言われてはいるが臨床的に著名ではないことである[4]。精神病性症状が4週以上も続く場合には他の理由を考慮せよとしている[4]。大麻の中毒による、現実検討が損なわれていない、光、音、幻視は中毒であり、精神病性障害ではない[4]DSM-IVには、重症度の診断基準があるため、著しい苦痛や機能の障害を起こしていない場合は除外される[4]

DSM第3版-Rでは、大麻依存と乱用が治療を求めるのはまれだとしている[9]

成分[編集]

大麻には、成分としてテトラヒドロカンナビノール (THC) とカンナビジオール (CBD)が含まれる[5]。CBD自体は、精神病症状の治療薬としての臨床研究が行われているものの[10]、CBDの有無に関わらずTHCが精神病を悪化させることが示されている[11]

大麻は品種によって、THC と CBD の含有が異なり、THC が2-25%含まれ CBD が少ない薬用型、 CBD が THC よりも多く THC が0.25%未満である繊維型に分類される[12]

各国での言及[編集]

日本
厚生労働省所管の公益法人財団法人麻薬・覚せい剤乱用防止センターのウェブサイトである「ダメ。ゼッタイ。」では、以下のように説明している。

大麻を乱用すると気管支や喉を痛めるほか、免疫力の低下や白血球の減少などの深刻な症状も報告されています。また「大麻精神病」と呼ばれる独特の妄想や異常行動、思考力低下などを引き起こし普通の社会生活を送れなくなるだけではなく犯罪の原因となる場合もあります。また、乱用を止めてもフラッシュバックという後遺症が長期にわたって残るため軽い気持ちで始めたつもりが一生の問題となってしまうのです。社会問題の元凶ともなる大麻について、正確な知識を身に付けてゆきましょう。

この主張に対して大麻への寛容な政策をもとめる民間団体「カンナビスト」(大麻非犯罪化人権運動)は、2004年、情報公開法に基づく複数の開示請求を厚生労働省に対して行ったが、厚生労働省は行政文書不開示決定通知書を通達、不開示とした理由に「開示請求に係る行政文書を保有していないため」との返答をした[13]。これは後の請求によって、アメリカから輸入した薬物標本の説明書を翻訳し抜粋されたものであることが分かった[14]
アメリカ
アメリカ精神医学会は2013年見解声名を行い、少なくとも大麻使用と精神医学的障害との強い関連があるとしている[15]
イギリス
2002年には薬物乱用諮問委員会 (ACMD) の「大麻の長期使用についての中心課題の一つは、それが心の病、特に精神病のリード役になるかどうかということで(中略)明確な因果関係は実証されなかった。」と報告した[16]。2004年に政府は大麻の危険性と精神障害の関連性は明白でないという薬物乱用諮問協議会の調査結果によって危険性指定をランクBから1段階下げたCに指定した。しかし、大麻の蔓延と精神障害の危険性の懸念する声は消えず、2008年5月に内相のジャッキー・スミスは大麻の薬物指定格を再びBに格上げした。

研究[編集]

メタアナリシス[編集]

2016年に行われたた66816人を対象としたメタアナリシス[17]では、大麻使用群では非使用群に比べて精神病のリスクが3.59倍と有意に増加すると報告した。またこのリスク増加は用量依存性だった。同時に、大麻使用群は非使用群に比べて統合失調症および精神病性障害の発症リスクが5.07倍と有意に増加することが示された。

また2019年に行われた3040人を対象としたメタアナリシス[18]では、大麻使用により生じた精神病を有する患者の34%が統合失調症を発症したと示された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 診断名の記載手順には、例にコカイン誘発性精神病性障害のように記すとあるため、大麻誘発性精神病性障害とする。

出典[編集]

  1. ^ a b c 世界保健機関 (1997) (pdf). Program on Substance Abuse : Cannabis: a health perspective and research agenda. WHO/MSA/PSA/97.4 (Report). World Health Organization. p. 18. http://whqlibdoc.who.int/hq/1997/WHO_MSA_PSA_97.4.pdf 2014年6月10日閲覧。.  邦訳:世界保健機関 (1997) (pdf). 大麻:健康上の観点と研究課題 (Report). 厚生労働省. p. 26. http://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/yakubuturanyou/dl/kokusaikikan01.pdf 2016年9月1日閲覧。. 
  2. ^ a b 横山尚洋「大麻(カンナビス)精神病 (薬物依存の臨床<特集>)」『精神医学』第34巻第8号、1992年8月、 p839-842、 NAID 40002058911
  3. ^ a b c d e 世界保健機関、(翻訳)融道男、小見山実、大久保善朗、中根允文、岡崎祐士『ICD-10精神および行動の障害:臨床記述と診断ガイドライン』医学書院、2005年、新訂版。ISBN 978-4-260-00133-5世界保健機関 (1992) (pdf). The ICD-10 Classification of Mental and Behavioural Disorders : Clinical descriptions and diagnostic guidelines (blue book). World Health Organization. http://www.who.int/classifications/icd/en/bluebook.pdf.  英語原本では Neurosis and psychosis(p10), Disorder(p11) , F1x.5 Psychotic disorder (pp72-73) の項。
  4. ^ a b c d e f アメリカ精神医学会『DSM-IV-TR 精神疾患の診断・統計マニュアル(新訂版)』医学書院、2004年、5、193、232、329-331。ISBN 978-0890420256
  5. ^ a b グリンスプーン, レスター、バカラー, ジェームズ『マリファナ』久保儀明訳、青土社、1996年、18頁。ISBN 4-7917-5453-0 Marihuana, the forbidden medicine, 1993
  6. ^ Black, Nicola; Stockings, Emily; Campbell, Gabrielle; Tran, Lucy T.; Zagic, Dino; Hall, Wayne D.; Farrell, Michael; Degenhardt, Louisa (12 2019). “Cannabinoids for the treatment of mental disorders and symptoms of mental disorders: a systematic review and meta-analysis”. The Lancet. Psychiatry 6 (12): 995–1010. doi:10.1016/S2215-0366(19)30401-8. ISSN 2215-0374. PMC: 6949116. PMID 31672337. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31672337?fbclid=IwAR1WMsn4Qxtq4WCWq1_pgYBnC9rshHsbZqOvVCkG02PY6KQmwAijg1lr9O4. 
  7. ^ Susan Nolen-Hoeksema, Barbara L.Fredrickson, Geoff R.Loftus, Willem A.Wagenaar、(監訳)内田一成『ヒルガードの心理学』、2012年5月、15版、794頁。ISBN 978-4-7724-1233-9 Atkinson & Hilgard's Introduction to Psychology, 15ed.
  8. ^ Bertha K. Madras (2015) (pdf). Update of Cannabis and its medical use (Report). World Health Organization. p. 10. http://www.who.int/medicines/access/controlled-substances/6_2_cannabis_update.pdf 2016年9月1日閲覧。. 
  9. ^ アメリカ精神医学会 『DSM-III-R 精神障害の診断・統計マニュアル』、高橋三郎訳 医学書院、1988年、161頁。ISBN 978-4260117388 
  10. ^ Iseger, Tabitha A.; Bossong, Matthijs G. (2015). “A systematic review of the antipsychotic properties of cannabidiol in humans”. Schizophrenia Research 162 (1-3): 153–161. doi:10.1016/j.schres.2015.01.033. ISSN 09209964. 
  11. ^ Black, Nicola; Stockings, Emily; Campbell, Gabrielle; Tran, Lucy T.; Zagic, Dino; Hall, Wayne D.; Farrell, Michael; Degenhardt, Louisa (12 2019). “Cannabinoids for the treatment of mental disorders and symptoms of mental disorders: a systematic review and meta-analysis”. The Lancet. Psychiatry 6 (12): 995–1010. doi:10.1016/S2215-0366(19)30401-8. ISSN 2215-0374. PMC: 6949116. PMID 31672337. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31672337?fbclid=IwAR1WMsn4Qxtq4WCWq1_pgYBnC9rshHsbZqOvVCkG02PY6KQmwAijg1lr9O4. 
  12. ^ 赤星栄志「大麻草の品種とTHC(マリファナ成分)」『農業経営者』2013年2月号、2013年1月、 48-50頁。
  13. ^ 「ダメ。ゼッタイ。」の大麻に関する見解には根拠がない (大麻取締法変革センター)
  14. ^ 名取はにわ、北沢義博、高橋滋(情報公開・個人情報保護審査会). “「平成17年度覚せい剤等撲滅啓発事業の事業計画書の提出について」等の一部開示決定に関する件(平成19年度(行情)答申第398号)”. 内閣府. 2010年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月4日閲覧。
  15. ^ Tauheed Zaman, Richard N. Rosenthal, John A. Renner, Jr., Herbert D. Kleber, Robert Milin (2013年), “Position Statement on Marijuana as Medicine” (pdf) (プレスリリース), アメリカ精神医学会, http://www.psychiatry.org/File%20Library/About-APA/Organization-Documents-Policies/Policies/Position-2013-Marijuana-As-Medicine.pdf 2016年9月1日閲覧。 
  16. ^ Advisory Council on the Misuse of Drugs (2003-03-31) (pdf). The Classification of Cannabis under the Misuse of Drugs Act 1971 (2002) (Report). 英国内務省. https://www.gov.uk/government/publications/the-classification-of-cannabis-under-the-misuse-of-drugs-act-1971-2002 2016年9月1日閲覧。. 
  17. ^ Marconi, Arianna; Di Forti, Marta; Lewis, Cathryn M.; Murray, Robin M.; Vassos, Evangelos (09 2016). “Meta-analysis of the Association Between the Level of Cannabis Use and Risk of Psychosis”. Schizophrenia Bulletin 42 (5): 1262–1269. doi:10.1093/schbul/sbw003. ISSN 1745-1701. PMC: 4988731. PMID 26884547. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26884547. 
  18. ^ Murrie, Benjamin; Lappin, Julia; Large, Matthew; Sara, Grant. “Transition of Substance-Induced, Brief, and Atypical Psychoses to Schizophrenia: A Systematic Review and Meta-analysis” (英語). Schizophrenia Bulletin. doi:10.1093/schbul/sbz102. https://academic.oup.com/schizophreniabulletin/advance-article/doi/10.1093/schbul/sbz102/5588638.