ワードサラダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ワードサラダ(Word salad)、言葉のサラダとは、文法としては正しいが、意味が破たんしている文章のこと。

精神医学にて[編集]

精神医学では思考障害の一つに分類され、認知症統合失調症頭部損傷患者などにみられる。

コンピューティングにて[編集]

検索エンジンの検索結果やウェブログ迷惑メールに多く見られる。 統合失調症患者にみられる言語障害(Word salad、言葉のサラダ)に似ていることから、この名がつけられた。

検索エンジンやメールのスパムフィルタを回避して、閲覧者を特定のウェブサイトに誘導することを目的としている。 誘導先のサイトは、アドセンスやアフィリエイト収益のみを目的としたサイトや、アダルト・違法サイト、閲覧者をウイルスに感染させることを目的としたサイトが多い。過去に著名人や企業が保有しており、所有権が失効したドメインを悪用したケースも存在する。

ワードサラダは多くの場合、検索エンジンの検索結果やRSSなどのウェブ上に存在する文章を元に、形態素解析構文解析を使用して自動生成される。 このため、例えば「昨年は山に登ったので、今年は海に行きました。」と「今年はプールで泳いだので、来年は海で泳ぎます。」の2文から、「今年は山で泳いだので、来年はプールで行きました。」のような支離滅裂の文章ができる。 コンピュータが文章の意味情報を完全に理解することは難しい[1]ため、自然文とワードサラダを判別することは困難であった。2010年頃には検索エンジンスパムの手法としてよく用いられていたが、googleが2011年2月に検索アルゴリズムを改良(通称 パンダアップデート)したことから、その多くが排除されるようになった。そのため、検索エンジンスパムの手段としては有効ではなくなった。[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]