バイアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バイアス英語: bias)とは、偏り、かさ上げ、または斜めのこと。

偏り[編集]

  • 偏り - 統計学の用語。母集団の要素が標本として平等に選ばれていない、または推定すべき量を何らかの理由で高く、または低く推定しすぎていること。
    • サンプリングバイアス - 不適切な標本抽出によって、母集団を代表しない特定の性質のデータがまぎれこんでいること。
  • 偏見 - 偏った見方のこと(用例:「あの人の意見にはウィキペディアは不正確だというバイアスがかかっている」)。
    • 認知バイアス - 非常に基本的な統計学的な誤り、社会的帰属の誤り、記憶の誤り(虚偽記憶)など、人間が犯しやすい認知の誤り。
    • 感情バイアス - 感情的要因による認知と意思決定の歪み。

かさ上げ[編集]

斜め[編集]

  • 糸が斜めに走っていること。「バイアス織」、「バイアス編み」(この場合「バイヤス」とも)。
  • 斜めに裁つこと。「バイアス裁ち」。
  • バイアステープの略。
  • 空気入りタイヤで構造材が斜めに入っている「バイアスタイヤ」のこと(タイヤ#構造と使用される材質)。

BIAS など(略語)[編集]