ノーラン・チャート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
近年の日本においては、左上はリベラル・左下はファシズム・右上は新自由主義・右下は保守などとも呼ばれる[1]

ノーラン・チャートとは、アメリカのリバタリアン党の創設者でも有名なデイヴィッド・ノーラン英語版によって広められた政治思想の概念図である。ノーランはリバタリアニズムを経済的自由と個人的自由の両方を支持するものとして定義し、彼によれば、個人的自由のみを擁護する左翼リベラルと、経済的自由のみを擁護する右翼保守とを対比させることにより図式化した。

ノーラン・チャートには、右翼と左翼という伝統的な政治分類とは異なり、経済的自由を表すX軸と個人的自由を表すY軸とがある。ノーランは左下の領域に位置する政治哲学をポピュリズムと呼んだが、多くの人々は代わりに権威主義あるいは全体主義と呼んだ。

脚注[編集]

  1. ^ 豊島 雅和「オープンソース運動としての高等教育におけるオープンエデュケーションの動向」、『埼玉学園大学紀要』経営学部篇 12、埼玉学園大学、2012年12月、 61-71頁。

出典[編集]

  • 「Eight ways to run the country: a new and revealing look at left and right」(Brian Patrick Mitchell)
  • 「Libertarianism Today」(J. H. Huebert)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]