時雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

時雨(しぐれ、じう)は、主にからにかけて起こる、一時的に降ったり止んだりするである。

時雨が降る天候に変わることを時雨れる(しぐれる)ともいう。

「時雨」は漢語としては元来、「ほどよいときに降る雨」を意味し、転じて教化を比喩する。

概要[編集]

北西季節風下、日本海上で発生した対流雲が次々と日本海沿岸に達すると時雨があり、雲が去るとまた晴れる。日本海沿岸を始め、日本海岸気候と太平洋側気候の境界域、たとえば京都盆地長野県岐阜県福島県などでは風とともに時雨がやってくる。

気象学者の平野烈介によると、時雨は以下のような特徴をもつ[1]

  • 晩秋から初冬にかけて多い。
  • 日本の各地にみられる。
  • 朝、昼、夕といった特別の時刻はない。
  • 細雨ではないが、だからといって雨量は多くない。やや強い雨を伴い、雲足は速い。
  • 広い地域に一様に降るのではなく、密集した雲の団塊から降る。
  • 気温は低めである。

季語[編集]

俳句では冬の季語である。

方言[編集]

時雨を意味する方言には次のような例がある[2]

逆に一部の地域では、別の気象現象を時雨と呼ぶ例がある[3]

関東では、季節を問わず時雨のような一時的な雨のことを「通り雨」と呼ぶことがある。また時雨が低温のときに変わる風花を「雪時雨」と呼ぶ地方がある。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高橋 1976, p. 3.
  2. ^ 尚学図書編『日本方言大辞典』別巻 p.1097, 小学館、1989年
  3. ^ 尚学図書編『日本方言大辞典』p.1058, 小学館、1989年

関連項目[編集]