富士谷成章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

富士谷 成章(ふじたに なりあきら、元文3年(1738年) - 安永8年10月2日1779年11月9日))は、江戸時代中期の国学者皆川成慶(春洞)の次男で、儒者皆川淇園柳川藩京都留守居富士谷家の養子となる。通称は専(千)右衛門。は仲達。は咸章、北辺。生まれは京都。子に富士谷御杖がいる。

人物[編集]

漢学の皆川淇園に、和歌有栖川宮職仁親王に学んだ。国語学者として国語の時代区分・品詞分類などに功績を残し、特に和歌の変遷を示した著書「六運略図」「北辺七体七百首」は、成章の死後、国学者本居宣長に賞賛された。また、語学書「挿頭抄(かざししょう)」(副詞の研究書)「脚結抄(あゆひしょう)」(助詞助動詞および活用の研究書)は、文法の研究における画期的な成果であり、山田孝雄などの国語学者に多大な影響を与えた。

歌集に「北辺成章家集」、詩集に「吟候社詩稿」がある。