宇野哲人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宇野 哲人(うの てつと、明治8年(1875年11月15日 - 昭和49年(1974年2月19日)は儒学者で、東洋学の開拓者の一人。東京大学名誉教授東方文化学院院長、実践女子大学学長、東方学会[1]理事長・会長などを歴任。

浩宮の命名者でもある[2]

人物[編集]

熊本市出身、東京帝国大学卒業明治40年(1907年)前後に朝末期(中国大陸)に留学し次いでドイツに留学、知見を得た西洋哲学の手法で中国哲学を読み解き講義著述した。東京帝国大学の支那哲学講座の教授を務めた。

多くの辞典を編纂した。特に三省堂の初期の漢和辞典編纂者の一人である。宇野の後は長澤規矩也が引き継いだ。

家族[編集]

長男が宇野精一、三男が貫達人、四男が宇野義方、五男が宇野健吾(経済学、筑波大名誉教授、1922- )。長女の夫が阪大名誉教授・東洋史・桑田六郎(1894-1987)、次女の夫が篠原健一・元早大教授・物理学者(1905-)、三女の夫が安藤良雄(経済学、東大名誉教授、成城大学長(1917-85)[3]

略歴[編集]

主な編著書[編集]

  • 「新修 広辞典」集英社
  • 「新修 国語漢和辞典」昭和58年(1983年) 集英社
  • 「和英併用 実用辞典」第2版 昭和50年(1975年) 集英社
  • 「二程子の哲学」明治33年(1900年) 大同館書店
  • 「支那哲学の研究」昭和4年(1929年) 大同館書店
  • 「支那哲学史講和」昭和14年(1939年) 大同館書店

脚注[編集]

  1. ^ 東方学回想 Ⅲ 学問の思い出〈1〉』(刀水書房、2000年)にも詳しい。門下生との座談会での回想で、機関紙「東方学」に掲載された。
  2. ^ 集英社の「外国から来た新語辞典」初版十二版にある「新修 広辞典」の広告に、「浩宮さまの名付け親」とある。
  3. ^ 『人事興信録』1995年、宇野精一、貫達人の項。
  4. ^ 東洋学桑原隲蔵と同行している。『考史遊記』(岩波文庫、平成13年(2001年)に新版)を参照

外部リンク[編集]