萱野重利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

萱野 重利 (かやの しげとし、寛永6年(1629年) – 元禄15年8月6日1702年8月28日))は、江戸時代中期の武士旗本大島家家老。通称は七郎左衛門(しちろうざえもん)。

生涯[編集]

寛永6年(1629年)、5000石の旗本・大島家の家臣・萱野恒重の子として摂津国途豊郡萱野郷に生まれる。

兄・重次の養子に入って萱野家の家督を継ぎ、主家の美濃の旗本大島義近大島義也父子に家老として仕えた。 大島氏の所領である倉橋庄(後の椋橋庄、くらはしのしょう)(現豊中市大島町[1])の代官を務めていた。

重利の三男・重実は、主君の大島義近の推挙により同じ山鹿素行の門下として親しくしていた赤穂藩主・浅野長矩に仕えた。しかし赤穂藩は、長矩が吉良義央への殿中刃傷に及んだため改易となった。重実はその時の江戸からの急使として赤穂へ派遣され、そのまま大石良雄派となり神文血判の盟約にも名を連ねた。

赤穂城開城後、萱野郷の実家に身を寄せた重実に対し、大島義也は大島家への再仕官を認め、重利も仕官を勧めた。しかし重実が断ったため、仇討ちするつもりではないかと疑うようになり、一党から抜けるよう重実に命じた。元禄15年(1702年)1月、重実は忠孝の間で苦悩したすえ自刃すると、その後を追うように重利も同年8月6日に死去した。享年74。家督は長男・萱野重通が継いだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 庄本町一丁目の椋橋總社などに名を残す

関連項目[編集]