三瀬村 (佐賀県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みつせむら
三瀬村
三瀬村の中心部
三瀬村の中心部
Flag of Mitsuse Saga.JPG
三瀬村旗
Mitsuse Saga chapter.JPG
三瀬村章
1976年昭和51年7月10日制定
廃止日 2005年10月1日
廃止理由 新設合併
佐賀市(旧)諸富町大和町
富士町三瀬村佐賀市
現在の自治体 佐賀市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 佐賀県
神埼郡
団体コード 41326-7
面積 40.70km2
総人口 1,554
(2004年10月1日)
隣接自治体 脊振村佐賀郡大和町富士町
福岡県福岡市
村の木 ヒノキ
村の花 コスモス
三瀬村役場
所在地 842-0301
佐賀県佐賀市三瀬村三瀬2764番地
外部リンク 佐賀市役所三瀬支所
座標 東端:東経130度20分
西端:東経130度14分
南端:北緯33度24分
北端:北緯33度28分
MitsuseMuraKennai1889.png
特記事項 ※役場のデータは佐賀市役所三瀬支所のもの
 表示 ウィキプロジェクト

三瀬村(みつせむら)は、佐賀県神埼郡にあった

2005年10月1日佐賀市諸富町大和町富士町と合併(新設合併)し、佐賀市となった。以下、消滅前日までの情勢を記す。

地理[編集]

佐賀県北部、脊振山地の中にある。嘉瀬川が村の中を通り、この川が東の富士町に入るところに、北山ダムによって作られた北山湖がある。

福岡市に隣接しているが、脊振山地で隔てられているため福岡都市圏の中には入っていない。

  • 山岳:金山 (967m)
  • 河川:嘉瀬川

隣接していた自治体・行政区[編集]

歴史[編集]

近現代[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 町村制施行に伴い、藤原山村・三瀬山村・杠山村が合併して三瀬村が発足。
  • 2005年(平成17年)10月1日 - 佐賀市・諸富町・大和町・富士町と合併(新設合併)し、佐賀市となった。

字の変遷[編集]

1868年(明治初年)時点[1] 1889年 - 2005年 - [2]
神埼郡 藤原山 神埼郡 三瀬村 大字藤原 佐賀市 三瀬村藤原
三瀬山 大字三瀬 三瀬村三瀬
杠山 大字 三瀬村杠

佐賀市への合併後、住所表示に「村」を残すために、住所表示では「大字」を外す形となった[2]

地域[編集]

三瀬村立三瀬中学校

教育[編集]

小・中学校[編集]

村立

  • 三瀬中学校
  • 三瀬小学校

交通[編集]

バス路線[編集]

一般路線バス[編集]

道路[編集]

一般国道[編集]

主要県道[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

杉神社
国道沿いに並ぶそば店(三瀬そば街道)

脚注[編集]

  1. ^ 旧高旧領取調帳」による
  2. ^ a b 合併に伴う住所表示について」、佐賀市・諸富町・大和町・富士町・三瀬村合併協議会、2018年2月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]