小沼雄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小沼 雄一(おぬま ゆういち、1965年12月3日 - )は、日本の映画監督。妻は脚本家石川美香穂

茨城県出身。法政大学経営学部卒業後、日本映画学校(現・日本映画大学)に入学。1995年卒業制作として監督した映画「チャンス・コール」が今村昌平賞を受賞、文芸坐で劇場公開された。卒業後、映画やVシネマなどの助監督として仕事をする。

2003年「自殺マニュアル2 中級編」で監督デビュー。2005年「ニューハーフ・ダンク」、その後「AKIBA」などで独自の世界を形成し、2009年「童貞放浪記」で注目される。[要出典]続いて「結び目」「nude」を制作している。

パソコンソフト制作者でもあり、エディタソフト「O's Editor2」はプロのシナリオライターにも使用されている。[要出典]

監督作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]