さんかく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
さんかく
監督 吉田恵輔
脚本 吉田恵輔
出演者 高岡蒼甫
田畑智子
小野恵令奈
音楽 佐々木友里
主題歌 羊毛とおはな「空が白くてさ」
撮影 志田貴之
編集 松竹利郎
製作会社 日活
テレビ大阪
配給 日活
公開 日本の旗 2010年6月26日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

さんかく』は、2010年6月26日公開の日本映画

概要[編集]

三角関係をテーマとしたラブストーリー。監督は、『机のなかみ』、『純喫茶磯辺』に続く自身のオリジナル脚本3作目となる吉田恵輔。主演は高岡蒼甫。初のヒロイン役となるAKB48小野恵令奈は、この映画への出演をきっかけにAKB48から卒業し、改めて「女優」への決心を固めたという[要出典]

キャッチコピーは「好きになるのは、カンタン。好きでいるのは、ムズカシイ。」。

特典付前売券として劇中の写真3点をセットにした「さんかく」オモイデセットがプレゼントされた。携帯電話サイト『ベストヒットハリウッド+』でインタビューやアフレコシーンなどを収録した『さんかく 〜舞台裏日記〜』を配信、DVDとしても発売された。

ヒューマントラストシネマ渋谷池袋テアトルダイヤほか初日7館(以降順次公開)と小規模公開ながら、ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)で第6位となり、「映画芸術」誌の2010年日本映画ベストテンの第6位にも選ばれた。

また、第2回TAMA映画賞最優秀作品賞、第25回高崎映画祭若手監督グランプリ賞(吉田恵輔)、新藤兼人賞2010年度銀賞(吉田恵輔)、第20回日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞(高岡蒼甫)を受賞した。

ストーリー[編集]

30歳の百瀬(高岡蒼甫)と、29歳の佳代(田畑智子)は、同棲して2年が経っている。付き合いたてような恋愛感情はなく、とくに百瀬は、佳代との関係に代わり映えしない退屈さを感じ、態度や言葉の節々が無愛想になっていた。夏のある日、ふたりのもとに、佳代の妹で中学3年生(15歳)の桃(小野恵令奈)が、学校の夏休みを利用して転がり込んでくる。

百瀬と佳代は天真爛漫な桃のペースに振り回される。百瀬は、桃がもたらすいつもと違う気配にうろたえる。夜中の桃のトイレの音が妙に気になったり、下着同然の部屋着姿でうろついたり、かわいく耳打ちしてきたりと、桃がやって来てからは落ち着かない日々を送る。さらに桃は、百瀬自慢のカスタムカーを褒めたり、喧嘩自慢話に目を見つめながら「桃は強い人、好きだよ」とつぶやいたり、百瀬の心を何かとくすぐる。そんな桃の態度に、百瀬は次第に惹かれる。

二人のおかしな空気を感じてか、佳代は桃に釘を刺す。しかし、桃は「もしかして嫉妬してるの」と平然とするだけだった。ある晩、桃が友達の家に外泊する。男の家ではないかと心配する百瀬を横目に、佳代はキスをせがむが、面倒と思いながらキスをする百瀬に「前と違う、愛がない」と怒る。夏休みも終わりに近づき、桃が実家に帰る前の晩、桃がいなくなる切なさで百瀬は思わず桃を抱きしめる。さらにその夜、眠れずトイレに立った百瀬と起きてきた桃は、自然とキスをする。

桃が実家に帰ってからも毎日桃のことで頭がいっぱいになっている百瀬は、佳代と喧嘩をする。佳代から「一緒にいられない」と言われた百瀬は、佳代に別れを告げて家を飛び出す。佳代と別れてからも、百瀬は桃に電話をし続けるが、桃の携帯電話は留守電になることが多くなっていた。

一方、佳代は、百瀬への思いを断ち切れずにいた。百瀬の仕事場まで理由をつけては足を運び、百瀬に迷惑がられているにもかかわらず連絡を繰り返す。そんな自分を反省した佳代もまた、実家に帰ることになる。一方の百瀬は、桃に会いたい衝動から、佳代もいる実家へと車を走らせ、二人の実家で再会する。

キャスト[編集]

百瀬
演 - 高岡蒼甫
30歳。人の前では粋がる自分が好きな男。後輩からは煩わしく思われているが気づけない。趣味は車のカスタム。
演 - 小野恵令奈(当時AKB48
15歳の中学3年生。佳代の妹。姉を「見本」に要領よく育った典型的な妹。姉のものは何でも欲しがる。
佳代
演 - 田畑智子
29歳。化粧品販売員の普通の女性。一にも二にも「百瀬が大好き」という生活を送る。要領のよい妹に少しジェラシーも抱く。

スタッフ[編集]

受賞[編集]

外部リンク[編集]