ボワロー=ナルスジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ボワロー=ナルスジャック(Boileau-Narcejac)は、フランスの2人共同の作家。

推理小説を2人名義で数多く執筆した。映画化された『悪魔のような女』(クルーゾー、1955年)、『めまい』(ヒッチコック、1958年)が知られる。それぞれ推理作家として出発、1948年に出会い、共同執筆を始めた。アルセーヌ・ルパンの名で書かれたリュパンものの新作も2人の手になる。ボワローは、日本では「ボワロ」「ボアロー」とされることも多い。推理小説の理論書も著している。

ボワロー=ナルスジャック作品[編集]

長編[編集]

  • 『悪魔のような女』北村太郎訳 早川書房 1955年 のち文庫
  • 『牝狼』岡田真吉訳 東京創元社 1957年 現代推理小説全集 のち世界名作推理小説大系
  • 『影の顔』三輪秀彦訳 早川書房 1958年 のち文庫
  • 『死者の中から』日影丈吉訳 早川書房 1958年 のち文庫 (別題『めまい』太田浩一訳 パロル舎 2000年)
  • 『思い乱れて』大久保和郎訳 1959年 創元推理文庫
  • 『技師は数字を愛しすぎた』大久保和郎訳 1960年 創元推理文庫
  • 『女魔術師』江口清訳 1961年 創元推理文庫
  • 『呪い』大久保和郎訳 1963年 創元推理文庫
  • 『仮面の男』井上勇訳 1964年 創元推理文庫
  • 『犠牲者たち』石川湧訳 1967年 創元推理文庫
  • 『私のすべては一人の男』中村真一郎訳 早川書房 1967年 ハヤカワ・ノヴェルズ
  • 『青列車は13回停る』北村良三訳 早川書房 1968年 世界ミステリシリーズ
  • 『海の門』荒川比呂志訳 早川書房 1970年 世界ミステリシリーズ
  • 『死はいった、おそらく…』大友徳明訳 早川書房 1971年 世界ミステリシリーズ
  • 『砕けちった泡』荒川比呂志訳 早川書房 1974年 世界ミステリシリーズ
  • 『嫉妬』谷亀利一訳 早川書房 1974年 世界ミステリシリーズ
  • 『殺人はバカンスに』荒川浩充訳 早川書房 1975年 世界ミステリシリーズ
  • 『探偵小説』篠田勝英訳 白水社・文庫クセジュ 1977年
  • 『すりかわった女』荒川浩充訳 早川書房 1978年 世界ミステリシリーズ
  • 『わが兄弟、ユダ』佐々木善郎訳 早川書房 1979年 世界ミステリシリーズ
  • 『銀のカード』岡田正子訳 早川書房 1980年 世界ミステリシリーズ
  • 『ひそむ罠』伊東守男訳 早川書房 1982年 世界ミステリシリーズ
  • 『野獣世代』伊東守男訳 早川書房 1982年 世界ミステリシリーズ

短編集[編集]

  • 『魔性の眼』秋山晴夫訳 早川書房 1957年 世界探偵小説全集
  • 『青列車は13回停る』北村良三訳 早川書房 1968年 世界ミステリシリーズ
  • 『島』山根和郎訳 早川書房 1971年 世界ミステリシリーズ
  • 『ちゃっかり女』日影丈吉訳 早川書房 1975年 世界ミステリシリーズ

評論[編集]

  • 『推理小説論 恐怖と理性の弁証法』寺門泰彦訳 紀伊国屋書店 1967年 現代文芸評論叢書

児童向け作品(ジュヴナイル)[編集]

  • 『少年探偵サン・ザトゥ』偕成社、榊原裕子
『消えた死体』1995年
『幻の馬』1995年
『うしなわれた過去』1996年

アルセーヌ・ルパンもの長編[編集]

モーリス・ルブラン原作アルセーヌ・ルパンシリーズのパスティーシュ作品。当初覆面作家アルセーヌ・ルパン名義で発表された。

  • 『ウネルヴィル城館の秘密』(アルセーヌ・ルパン名義)榊原晃三訳 1974年 新潮文庫
    • 「悪魔のダイヤ」南洋一郎訳 1974年 ポプラ社・怪盗ルパン全集 26
  • 『バルカンの火薬庫』(アルセーヌ・ルパン名義)榊原晃三訳 1975年 新潮文庫
    • 「ルパンと時限爆弾」南洋一郎訳 1974年 ポプラ社・怪盗ルパン全集 27
  • 『アルセーヌ・ルパンの第二の顔』榊原晃三訳 1976年 新潮文庫
    • 「ルパン二つの顔」南洋一郎訳 1976年 ポプラ社・怪盗ルパン全集 28
  • 『ルパン、100億フランの炎』谷亀利一訳 サンリオ 1979年
    • 「ルパンと殺人魔」南洋一郎訳 1979年 ポプラ社・怪盗ルパン全集 29
  • 『ルパン危機一髪』南洋一郎訳 1980年 ポプラ社・怪盗ルパン全集 30

ボワロー単独作[編集]

  • 『殺人者なき六つの殺人』松村喜雄訳 1985年 講談社文庫
  • 『死のランデブー』佐々木善郎訳 読売新聞社 1986年 フランス長編ミステリー傑作集
  • 『三つの消失』松村喜雄訳 晶文社 1988年『大密室 幻の探偵小説コレクション』所収

ナルスジャック単独作[編集]

長編および連作シリーズ[編集]

  • 『死者は旅行中』松村喜雄訳 晶文社 1988年 『大密室 幻の探偵小説コレクション』所収
  • 『贋作展覧会』稲葉明雄、北村良三訳 早川書房 1969年 世界ミステリシリーズ

評論・エッセイ・その他[編集]

  • 『読ませる機械=推理小説』荒川浩充訳 東京創元社 1981年

主な映像作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚本執筆[編集]