ネイサン・ドレイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ネイサン・ドレイク
アンチャーテッドシリーズのキャラクター
初登場作品 アンチャーテッド エルドラドの秘宝(2007)
作者 エイミー・ヘニッグ英語版
英語版声優 ノーラン・ノースビリー・アンガー(少年期)
日本語声優 東地宏樹池松壮亮(少年期)
モーション
キャプチャー
ノーラン・ノース、ビリー・アンガー(少年期)

ネイサン・ドレイク(英語: Nathan Drake) はアンチャーテッドシリーズのキャラクターでプロのトレジャーハンター。同作の主人公。開発初期段階のフェイスモデルの一部はジョニー・ノックスビルであった[1]。本名は「ネイサン・モルガン」で、愛称は「ネイト」。

特徴[編集]

歴史や考古学に関する豊富な知識を持つ、優秀なトレジャーハンター。トレジャーハンター達の伝説であるフランシス・ドレイク卿の子孫を自称し、祖先の遺した冒険の日記などを元に、世界中の遺跡に残された謎と宝を追い求めている。常に首に下げているリングはドレイク卿の遺品。リングには「偉業も小さな一歩から」というドレイクの格言が彫られており、これはネイトのモットーとなっている。

洞察力が鋭く、わずかな手掛かりからでも謎を解き明かすことができる。また、身体能力も優れており、険しい場所も難なく登れる卓越したクライミング能力を持つ。銃火器の扱い、ロープアクション、格闘術、飛行機や水上バイクなどの乗り物の操縦にも長けている。性格は皮肉屋だがユーモアに溢れ、危険な状況でも軽口をたたく余裕を失わない。平和な日常を退屈に思い、お宝や謎解き・スリルを好む根っからの冒険好き。

人間関係[編集]

ヴィクター・サリバン(サリー)
ネイトの相棒。良き友で最高のコンビでもあり、探検家としての技術を伝授された師と弟子のような関係にある。3作目「砂漠に眠るアトランティス」で、ネイトとサリーの出会いのエピソードが描かれている。
エレナ・フィッシャー
ネイトの恋人。1作目「エル・ドラドの秘宝」で出会ったジャーナリストで、冒険番組「アンチャーテッド」の司会を務めていた。ネイトと幾多の冒険を共にし、互いの危機を何度も助け合った。2作目「黄金刀と消えた船団」の後に交際し始めたが、仕事のすれ違いからなかなか仲が進展せず、価値観の違いから一度は別れてしまう。しかし、3作目「砂漠に眠るアトランティス」の冒険を経てヨリを戻し、その後についにネイトと結婚。マイホームを持ち、ネイトと2人で幸せに暮らす。4作目「海賊王と最後の秘宝」の冒険の後に、ネイトとの間に娘キャシーを設ける。
クロエ・フレイザー
ネイトの元恋人。2作目「黄金刀と消えた船団」と3作目「砂漠に眠るアトランティス」で登場したトレジャーハンター。現在はキスなどはするが、関係は解消しており、クロエにエレナのことを好きかと聞かれたネイトは、クロエに謝罪している。
サミュエル・ドレイク(サム)
ネイトの5歳年上の実兄。少年時代に修道院暮らしのネイト共に母カサンドラの雇い主の屋敷に侵入し、母の遺品のノートをネイトに見せた。15年前にネイトと共にパナマの刑務所に侵入した際、脱出時に撃たれてしまう。ネイトにはこの時死亡したと思われていたが、生きて15年間刑務所に捕らわれていた。ネイト以上にスリルと冒険を好み、4作目「海賊王と最後の秘宝」の冒険の後もトレジャーハントを続けている。
カサンドラ・モルガン
ネイトの母親。第4作において、トレジャーハンターないしは探検家であったことが語られている。ネイトの父親が蒸発し、自身も重い病に侵されていたこともあって自殺した。
父親
母親のトレジャーハンティングの際に出会ったようであるが、ネイトが5歳の時に親権を放棄し、消息不明の模様。
キャシー・ドレイク
ネイトとエレナの娘。4作目「海賊王と最後の秘宝」のエピローグに登場する。言葉遣いがあまり良くなく、度々ネイトとエレナに注意されている。ネイト達の過去の冒険のことは、ネイトの意向でまだ知らされていない。

来歴[編集]

少年時代[編集]

10代前半の頃まで、修道院で暮らしていた。いじめに遭っており、外で暮らす兄の帰りを待ちわびていた。この頃から、壁をよじ登ったり屋根の上を飛び回る技術を兄に仕込まれていた。(4作目:海賊王と最後の秘宝)

10代半ばの頃に、コロンビアのカルタヘナにある博物館でサリーと出会い、サリーの財布を掏ってショーケース(ドレイク卿の指輪が展示されている)の鍵を盗んだ。その後、キャサリン・マーロウの私兵に追われた所をサリーに助けられ、以降はサリーから探検家としてのテクニックを学ぶ。サリー曰く、当時からセンスはあったが、テクニックはイマイチとのこと。博物館への侵入や屋根を飛び回っての逃走など、当時からかなりの機敏さを有していたが、銃を撃つ腕と度胸は全くなかった。(3作目:砂漠に眠るアトランティス)

その後、15歳の時に、ペルーの刑務所に入ることになり、サリーの助けで刑務所から出る。

青年時代[編集]

「地図なき冒険の始まり」
舞台は中央アメリカ。ネイティブアメリカンとスペイン人が戦争を繰り広げた土地に、莫大な遺産が眠っていると知った、駆け出しのトレジャーハンターのネイトは、友人のジェイソン・ダンテとともに冒険を始める。そこで彼らは、姿を消した考古学者の祖父ヴィンセント・ペレスを探しているマリサ・チェイスという謎の女性に出会う。遺跡に隠された謎を解くうちに、伝説の黄金都市シボラへのカギである黄金のアミュレットの存在を知る。
「海賊王と最後の秘宝」の15年前
兄弟で夢見ていた海賊ヘンリー・エイヴリーの財宝の手掛かりを求めて、兄のサムと、同じトレジャーハンターのレイフ・アドラー共にパナマの刑務所に潜入。しかし、刑務所からの脱出の際にサムが撃たれてしまい、ネイトはレイフと2人で刑務所を脱出。この一件でサムは死んだと思い、ヘンリー・エイヴリーの財宝探索を断念する。

現代[編集]

「エルドラドの秘宝」
ジャーナリストのエレナと出会い、彼女と共に海底からドレイク卿の棺を引き上げた。その棺の中にあった「ドレイク卿の手帳」を元に、エル・ドラドの黄金像伝説を追う冒険に出る。また、同じくエル・ドラドの黄金像を追いかけるローマン一味との戦いに身を投じていく。
「黄金刀と消えた船団」
顔馴染みのトレジャーハンターであるハリー・フリンから、トルコの博物館に展示されているオイルランプを盗む話を持ち掛けられた。これがきっかけとなり、マルコ・ポーロの消えた13隻の船団の謎と、幻の仏教王国「シャングリラ」の秘宝「チンターマニ石」を追う大冒険に乗り出す。しかし、残虐な元亡命戦争犯のラザレビッチが同じくチンターマニ石を狙っており、彼が率いるテロ組織の軍隊が行く手に立ちはだかる。
この冒険の後にエレナと交際を始め、ペアリングをするほど親密になる。しかし、後に価値観の違いから別れてしまう。
「砂漠に眠るアトランティス」
自身が先祖と自負するフランシス・ドレイクも探したという、莫大な富が眠っているとされる幻の古代都市「砂漠のアトランティス」を探し求め、相棒のサリーとともに再び世界中を飛び回る冒険へと飛び立つ。その道中では、冷酷な指導者マーロウが率いる秘密結社が行く手を阻む。
「海賊王と最後の秘宝」
砂漠のアトランティスを巡る冒険のあとにエレナと結婚し、それを期にトレジャーハンターを引退。それから3年の月日が経った頃、死んだと思っていた兄サムが突然生きて帰ってきた。そして、サムの窮地を知ったネイトは、かつて一度断念した海賊ヘンリー・エイヴリーの財宝を追い求め、サムとサリーともに再び冒険の旅に出る。一方、大金持ちのトレジャーハンター・レイフも同じくエイヴリーの財宝を追っており、彼に雇われた民間軍事会社「ショアライン」の女ボス・ナディーンと、彼女が率いる強力な軍隊が行く先々で襲い掛かってくる。

評価・分析[編集]

クライミングに関して[編集]

ネイサンの優れたクライミングの能力は、実際の人間では身に付けることができないとする意見もある[2]が、その一方で、アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝のチャプター5の城壁をクライミングする場面を閲覧した上で、外岩といわれるクライミング方法(高さ数百メートルを登る)やボルダリング(高さ3~4メートルを登る)、フリークライミング(高さ10~15メートルを登る)などの訓練を行えば実際の人間でもそのスキルを身に付けることができるとする意見もある[3]

登場作品[編集]

ネイサン・ドレイクの服装をした男性。

出典[編集]

関連項目[編集]