アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンチャーテッドシリーズ > アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝
アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝
Uncharted: Drake's Fortune
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 PlayStation 3 PlayStation 4
開発元 ノーティドッグ
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
シリーズ アンチャーテッドシリーズ
人数 1人
メディア BD-ROM
発売日 カナダの旗 アメリカ合衆国の旗 2007年11月19日
日本の旗 オーストラリアの旗 2007年12月6日
欧州連合の旗 2007年12月7日
日本の旗 2009年9月3日(Best版)
日本の旗 2015年10月8日(アンチャーテッド コレクション)
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
ESRB: Teen
BBFC: 15
USK: 16
OFLCA: MA15+
OFLCZ: R16+
PEGI: 16+
コンテンツ
アイコン
日本の旗 欧州連合の旗:暴力
アメリカ合衆国の旗:Blood, Language, Mild Suggestive Themes, Use of Tobacco, Mild Animated Violence
デバイス DUALSHOCK 3対応
トロフィー対応(2008.8.29〜)
売上本数 Newworldmap.png469万本[1](出荷数/2014年1月)
テンプレートを表示

アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』(アンチャーテッド エル・ドラドのひほう、Uncharted: Drake's Fortune)は、アンチャーテッドシリーズの第1弾のPlayStation 3 および PlayStation 4専用アクションアドベンチャーゲーム。シリーズ化にともない「アンチャーテッド1」と呼ばれることが多い。キャッチコピーは「PLAYする映画」。略称はアンチャ。「Uncharted」は「未知の領域」を意味する。

続編は2009年10月15日発売の『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』。2015年には『アンチャーテッド コレクション』においてリマスター化もされた。

概要[編集]

開発は『クラッシュ・バンディクー』シリーズ等を制作したノーティドッグが担当。海洋冒険家・フランシス・ドレイクの残した手帳を手に入れた、彼の子孫を自負するトレジャーハンターのネイサン・ドレイク(愛称:ネイト)が、ジャングルや遺跡、古城を舞台伝説の財宝「エル・ドラド」を求め、陰謀の渦に巻き込まれる。

本作のジャンルはTPS要素を組み込んだアクション・アドベンチャーゲームではあるが、没入感を高める手法として一般的なアクションゲームに見られるような体力ゲージマップ等を極力表示しないよう工夫がなされており、それらの表現は「被ダメージ数に応じて画面を徐々に暗くさせる」「残弾数や照準用カーソルは武器を構えた時のみ」としている。プレイスタイルは謎解きと戦闘をしながら「壁を伝う」「登る」「降りる」「飛び移る」を駆使した移動が基本となるが、とても「正規ルート」とは思えないような場面を進むため、一本道でありながらも初見では少し考えながら進む必要がある(マップの随所に正規ルートへのヒントが設けられている為、法則を理解すればあまり迷わないように設計されている)。

またストーリー演出には往年のアドベンチャー映画を強く意識しており、金儲けのために財宝を狙う武装海賊や犯罪組織の傭兵と戦う、行く手を阻むさまざまなトラップや“謎解き”といった要素など、じつに王道的な展開が多い。このことからPLAYする映画というキャッチコピーが用いられ、日本語版の吹き替えはB級映画を意図した翻訳がされており、これらの作風と方向性はシリーズ最終作まで継承され、アンチャーテッドというゲームの個性となった。

グラフィックは(テクスチャ・光源処理・水の表現など)2007年当時のタイトルとしてはコンソール機の性能を活かした描画となっている。リマスター版はハードがPS4へ移行したことで、さらに高解像度化・高フレームレート化の強化がなされている。

登場人物[編集]

ネイト一行[編集]

ネイサン・ドレイク - 声:東地宏樹
本作の主人公で、プロのトレジャーハンター。愛称は「ネイト」。海洋冒険家「フランシス・ドレイク」の子孫を自負しており、彼の遺品とされるリングを首から下げている。リングには「偉業も小さな一歩から」というドレイクの格言が彫られており、ネイトのモットーとなっている。考古学の豊富な知識と優れた洞察力を持ち、わずかな手掛かりから謎を紐解く。軽い性格の皮肉屋だがユーモアに溢れ、危険な状況でも軽口をたたく余裕を失わない。また、身体能力が非常に高く、険しい場所も軽い身のこなしで登っていく卓越したクライミング技術を持っている。さらに、銃火器の扱いや格闘術、飛行機や水上バイクなどの乗り物の操縦にも長けている。
今作では海底から引き揚げた「ドレイク卿の手帳」を元に、ローマン一味との熾烈な戦いを繰り広げながら、エル・ドラドの黄金像伝説を追っていく。
エレナ・フィッシャー - 声:永島由子
本作のヒロインで、ジャーナリスト。アドベンチャー番組「アンチャーテッド」の司会を務めている。頭脳明晰な美女で、古代建築などの知識が豊富である。性格は明るく奔放で、少々頑固なところがある。ネイトに引けを取らないほどの行動力を持っており、女性でありながらも銃の扱いや乗り物の操縦にも長けている。
黄金像伝説の取材という名目で、カメラ片手に半ば無理やりネイト達に同行し、ネイトの良きパートナーとして数々の活躍を見せる。
ヴィクター・サリバン - 声:千葉繁
ネイトの相棒で、ベテランのトレジャーハンター。愛称は「サリー」。ネイトにトレジャーハンティングの技術を教えた師匠でもある。多方面に多額の負債を抱えており、金には少々汚い。話術に長けており、未だに若い女性を口説くこともある。現在は力仕事などは若いネイトに任せているが、冒険家としての腕や知識は衰えていない。
今作では、エル・ドラドの黄金像伝説に己の財産と人生を全て賭け、ネイトについて行くが・・・。

ローマン一味[編集]

ガブリエル・ローマン - 声:土師孝也
裏社会で名を馳せている犯罪組織のボス。私設の傭兵部隊を組織するほどの財力を持つ。コレクションの充実のため、エル・ドラドの黄金象を狙う。物腰は紳士的だが、ビジネスの為ならば手段を選ばない非情な性格。
アトック・ナヴァロ - 声:奥田啓人
ローマン私設傭兵部隊の隊長。凶暴かつ残忍な性格で、時折ローマンに行動をたしなめられる事もある。傭兵としての実力は非常に高く、考古学関連の知識に造詣が深い。ローマンにエル・ドラドの黄金象の話を持ちかけた。
エディー・ラジャ - 声:高木渉
ローマンに雇われた海賊団のリーダー。ネイトとは顔馴染みで、かつて「ビジネス」を共にしたことがあるが、今回はナヴァロの手下として容赦なくネイト達に襲いかかる。

武器[編集]

本作の戦闘はスタンダードなTPSを踏襲しており、主にハンドガン・サブマシンガン系とアサルトライフル・ショットガン・スナイパーライフル系を2系統のカテゴリとしてまとめ、それぞれコントローラの十字キーの左・右へ割り当てられている。これらをスイッチすることで切り替えを行い、戦闘シチュエーションによって使い分けながらプレイするのが基本となる。現実の銃器であれば同一の口径・規格の用いたモデルであれば弾薬を使い回す事が可能だが、本作はゲームシステムの仕様上、弾薬はその武器専用となり、(弾薬の)補充を行うには装備している「武器と同一」であることが条件となる。この仕様はシリーズ最終作 アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝まで引き継がれている。

セミオートマチックピストル
ゲーム最序盤から入手可能な武器。ネイトの初期装備。
ゲーム中盤以降で入手可能。装弾数の多さと連射速度の速さからPM-9mmの上位版にあたる。
ゲーム終盤から敵から入手可能。装弾数が少なく連射速度も遅いが、それを補うほど威力が高く、敵をほぼ1発(高難易度の場合は計2発)で撃破可能。
ただし、敵が所持している場合はレーザーサイトを用いて正確に狙撃してくるため、遮蔽物へ身を隠す、動き回ることで回避運動が必須となる。
エディーが所持する銃のベースモデルでもあり、黄金に塗装されグリップには龍の模様が刻まれている。
リボルバー
ゲーム中盤から入手可能。Desert-5と同じく、敵を1〜2発で撃破可能だが入手頻度は非常に限られる。主人公ネイトの相棒サリーが所持する愛銃と同一モデルである。
サブマシンガン
ゲーム中盤から入手可能。一発の威力はハンドガンよりも低いものの、連射速度がそれを補う。近接時の制圧力は高いが集弾性に欠け、遠距離への攻撃は苦手としている。フルオート射撃が可能な武器ではあるが、ゲーム上の分類はハンドガンと同じ扱いとなる。
ゲーム終盤から入手可能。Micro-9mmと比べ連射力は劣るものの、攻撃力と装弾数が向上した上位版。サブマシンガンとして表記してあるが、ゲーム上の分類はアサルトライフル・ショットガン・スナイパーライフルと同じ扱いとなる。
アサルトライフル
ゲーム序盤以降から入手可能。ゲーム中盤以降までは主力武器となる。威力と連射性は申し分ないものの、反動の大きさから集弾性が悪い。
ゲーム中盤以降から入手可能。AK-47と比べ、連射時の集弾性が向上している。装弾数とリロード時の速度はAK-47と同等。
ショットガン
ゲーム序盤以降から入手可能。接近戦では無類の強さを誇るが、遠距離では威力が大きく低下する。
ゲーム終盤から入手可能。Moss-12と比べ、集弾率が向上しており、中距離までであれば威力はあまり低下しない。
グレネードランチャー
特定のシーンでしか入手出来ないものの、手榴弾並の威力を持ち合わせており、着弾と同時に爆発するためMk-NDIグレネードの上位版となる。爆風は貫通効果もあるため、壁に隠れてる敵も倒すことが可能。
スナイパーライフル
ゲーム終盤から入手可能。本作では唯一の狙撃銃であるため、高倍率スコープを用いたズームが可能。威力も申し分なく、軽装備の敵であれば一撃で撃破できる。
手榴弾
序盤から手に入るグレネード(破片手榴弾)。PS3版ではコントローラーの傾きセンサーを用いて、位置予測カーソルを操作をしながら投擲を行う。
敵に直撃させれば一発で撃破可能だが、爆発範囲が狭く、投擲から爆発の間にはラグがある為、タイミングを意識しながら投擲する必要がある。
その他
  • 固定銃座
一部シーンにおいて、装甲板で覆われた重機関銃型と(ジープに搭載された)単連射式グレネードランチャー型の固定銃座が存在する。
その絶大な火力により圧倒的な制圧力を誇るが、使用中は原則としてプレイヤーキャラの移動は不可能であり、また背後まではカバー出来ないため、四方八方からの攻撃には無防備になりやすい。

メダル[編集]

ゲーム内にはメダルシステムが搭載されている。「ステージ内に隠されているお宝を所定数獲得」「特定の方法で一定数敵を倒す」「所定の難易度をクリア」といった条件を達成するとメダルを獲得できる。メダルには難易度に応じてメダルポイントが設定されており、クリアや所定のポイントに達するたびに報酬としてデザインギャラリーやメイキングカットシーンなどの特典映像の閲覧やネイトの衣装チェンジ(エレナやサリーといった仲間や海賊やローマンといった敵キャラにも変更可能、ただし声はそのまま。また、プリレンダムービーでも変更が適用されない。)、特定の武器を持つことができるようになったり、無限弾薬・一撃死といったプレーを楽にする報酬もある。(一部変更は最高難易度のプロでは適用されないが、1度プロをクリアすると使用可能。)

また、アップデートによりメダルと連動してトロフィーも獲得できるようになり、メダルを獲得することで対応するトロフィーがもらえるようになった。

用語集[編集]

フランシス・ドレイク
実在したイングランド出身の私掠船船長海軍提督。イギリス人初となる世界一周を成し遂げている。その航海で得た宝はエリザベス1世に献上されたが、実はそれと別に残しているお宝があるとされており、その財宝をネイトとローマンが狙っている。また、死去した際に鉛の棺に納められ海中に沈められたとされており、この棺は現在も見つかっていない。本作は、ネイトがその棺を見つけたところから物語が始まる。
ドレイク卿のリング
ネイトが常に首から下げているリング。上述のフランシス・ドレイク卿の遺品で、彼が死亡したとされる日の翌日の日付と、海底に沈められたという彼の鉛の棺の座標(パナマ沖)が彫られている。また、ネイトがモットーとしている彼の格言「偉業も小さな一歩から」も刻まれている。
ドレイク卿の日記
ドレイク卿がエル・ドラドの黄金象の探索記録を記した日記帳。海底に沈められていた鉛の棺に、彼の遺体の代わりに納められていた。ネイト達の黄金像探索の大きな手掛かりとなる。
エル・ドラド
アンデス山脈に伝わる黄金郷にまつわる伝説。本作では、黄金と宝石で作られた豪華絢爛な像とされている。黄金象を手に入れようとした者には、恐ろしい呪いがかかるという。この幻の黄金像を追い求め、ネイト達の大冒険が繰り広げられる。

実写映画化[編集]

2014年現在、ハリウッドで、本作のストーリを原作とした実写映画化がコロンビア映画により企画されている。当初、監督は映画 ザ・ファイター(2010) などを監督したデヴィッド・O・ラッセルで、主演はマーク・ウォールバーグと決定していたが、俳優がネイトに似ていない上、ストーリは実際のものとは異なり、ノーティドッグやシリーズのファンはあまり支持していなかったという[2]。これに対してデヴィッド監督は制作上での意見の食い違いから映画制作を中退[3]。その後、コロンビア映画は脚本と俳優を没にし、デヴィッド監督の代わりとなる新しい脚本家としてニール・バーガーを受け入れたが、後にはニール監督も降板することとなる[4]。2014年2月にはセス・ゴードンが監督交渉に入ったことが報じられ[5]、制作企画は健在している模様。

関連情報[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]