アンチャーテッド 古代神の秘宝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンチャーテッド 古代神の秘宝
ジャンル アクションアドベンチャーゲーム
対応機種
開発元 ノーティードッグ[注釈 1]
発売元 ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ディレクター
  • Kurt Margenau
  • Shaun Escayg
デザイナー James Cooper
シナリオ
プログラマー
  • Travis McIntosh
  • Christian Gyrling
  • Jason Gregory
  • Sandeep Shekar
  • Vincent Marxen
音楽 ヘンリー・ジャックマン
美術
  • Tate Mosesian
  • Andrew Maximov
  • Erick Pangilinan
シリーズアンチャーテッド
人数 1人, 複数英語版
発売日 PlayStation 4
  • 日本 2017年9月14日
  • アメリカ合衆国 2017年8月22日
  • PAL 2017年8月23日
PlayStation 5
  • WW 2022年1月28日
Windows
  • WW 2022年
テンプレートを表示

アンチャーテッド 古代神の秘宝』は2017年のアクションアドベンチャーゲームである。ノーティドッグが開発し、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが販売した。『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』の独立した拡張コンテンツである。プレイヤーはクロエ・フレイザー英語版を操作する。クロエは元傭兵のナディーン・ロスの助けを借りて、インド西ガーツ山脈ガネーシャの牙を探し、冷酷な軍事指導者とその反乱軍がインドで内戦を引き起こすのを阻止する。シリーズの主人公のネイサン・ドレイクを主役にしない初めての『アンチャーテッド』のゲームである。

他の『アンチャーテッド』と同様に本作は三人称視点でプレイする。プレイヤーは銃器を使用し、敵から防御するために近接戦闘とステルスを使うことができる。物語を前進させる複数のプラットフォーム・ゲームの要素を組み込んだため、プレイヤーはパズルを解く。また、プレイヤーは徒歩か車でゲームの世界を見て回る。本作の開発は『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』を発売したすぐ後の2016年5月に始まった。前作の『アンチャーテッド』タイトルで確立されたゲームプレイの要素を踏まえて、本作はより自由なゲームプレイになった。クロエは前作の『アンチャーテッド』においてネイサン・ドレイクの友人、恋人、仲間として登場した脇役であり、本作の中心である。物語、デザイン、ゲームプレイの要素はクロエの性格を反映している。Claudia Black英語版ローラ・ベイリートロイ・ベイカー英語版モーションキャプチャを通して、それぞれクロエ、ナディーン、サムとして出演し、キャラクターと物語の開発においてライターのJosh Scherr英語版とクリエイティブディレクターのShaun Escaygを手助けした。

本作はPlayStation 4用に2017年8月に発売され、PlayStation 5用のリマスター版は2022年1月に発売された。Microsoft Windowsは2022年後半に発売される。本作の評価は肯定的であった。

ゲームプレイ[編集]

『アンチャーテッド 古代神の秘宝』は三人称視点のアクションアドベンチャーゲームであり、プラットフォーム・ゲームの要素がある。プレイヤーはクロエ・フレイザー英語版を操作する。クロエはトレジャーハンターであり、跳んだり、全速力で走ったり、登ったり、泳いだり、その他のアクロバティックな動作を行うことができ、それらに熟達している[2]。プレイヤーは複数の環境を移動し、ゲームの物語を進めると、町、建物、寺院などの場所を移動する[3]。プレイヤーは敵から防御するために銃器、近接戦闘、ステルスを使い[4]、部分的に車も運転する[5]

戦闘において、プレイヤーはライフルやショットガンのような遠隔武器や、ピストルやリボルバーのようなショートバレルの銃を使うことができる。手榴弾やC4のような手持ち式の爆発物も利用できる[4]。プレイヤーは敵を直接攻撃できるが、気づかれずに攻撃したり、こっそり行動したりするためにステルス戦術を使う選択肢もある。また、サイレンサー付きの武器もある。本作は直線的なゲームであるが、プレイヤーが探索する多数の道がある。マップは『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』よりも広い[5]。本作は人工知能システムを採用している。このシステムでは、敵があらゆる戦闘状況に反応する。プレイヤーの行動に反応し、戦術を調整し、互いに協力する。プレイヤーの仲間も人工知能によって操作される。敵を驚かせるために物を投げたり、目に見えない敵の場所を知らせたり、敵を攻撃するために武器を使ったりすることで、戦闘を援助することができる[6]。本作には戦闘のない時間があり、キャラクター間の会話が行われる。プレイヤーはダイアログツリー英語版を通して会話の結果を決定することができる[7]

本作は『海賊王と最後の秘宝』のマルチプレイを利用できるようになる。本作のマルチプレイには追加コンテンツがある[6][8]

ストーリー[編集]

トレジャーハンターのクロエ・フレイザー英語版Claudia Black英語版)はインドで伝説的なガネーシャの牙を探す。ガネーシャはヒンドゥー教の神であるシヴァの息子であり、シヴァの寺院を守る間に牙を失った。クロエの父親は牙を探す間に盗賊に殺された。クロエは反乱軍をすり抜け、傭兵のナディーン・ロス(ローラ・ベイリー)に会う。クロエとナディーンは反乱軍の指導者であるアサーブ(Usman Ally英語版)の事務所に忍び込む。アサーブはナディーンの昔の知人であり、インドを内戦に引き込むために牙を使いたいと考えている。クロエとナディーンはホイサラ朝の牙の位置を示す地図と鍵の役割を果たす円盤を盗む。

インドの西ガーツで、クロエとナディーンはヒンドゥー教の武器であるガネーシャの矛、シヴァの弓、パラシュラーマの斧が刻まれている複数の塔の痕跡を追う。パラシュラーマはガネーシャの牙を切断するために斧を使った。その痕跡によりクロエとナディーンはホイサラ朝の2つの都のうちの1つであるハレービード英語版にたどり着く。ホイサラ朝の最後の王はハレービードを虚栄心からペルシャに征服されるままにしたように見える。クロエとナディーンは王が偽の痕跡を残したことに気づく。牙は古い都ベルールにある。ベルールに向かう途中、クロエとナディーンはアサーブとその部下から逃れるが、円盤を失う。アサーブの軍隊を偵察する間、ナディーンは宿敵のサミュエル・ドレイク(トロイ・ベイカー)を見かけ、サムがアサーブの専門家だと気付く。主にリバタリアで起こった出来事のため、ナディーンがサムを殺そうとする意思を表明すると、サムが誘拐されるまえにサムと組んでいたことをクロエは明かす。ナディーンは怒り、裏切られたと感じ、クロエと別れる。しかし、クロエとナディーンは埋め合わせをする。

クロエとナディーンはブルールで複数のパズルを見て回り、アサーブに捕まる。アサーブはサムが専門家ではなく、始終アサーブたちを間違った方向へ導いていたことに気づき、円盤を使って牙を見つけ出すことをクロエに強いる。その過程で、クロエはガネーシャがパラシュラーマに自分の牙を切断させたことに気づく。シヴァがパラシュラーマに斧を与えたため、ガネーシャはその斧が使い物にならないと証明して、自分の父親に恥をかかせたくなかった。アサーブは罠を起動して、クロエ、ナディーン、サムを溺れさせようとする。クロエが全員の手錠を開錠し、逃げ出す。ナディーンとサムの間の緊張にもかかわらず、牙を取り返すため3人はアサーブを追う。ナディーンはアサーブがショアラインと手を組んでいることを知り、激怒する。ショアラインはかつてナディーンが運営し、追い出された民間軍事会社である。

アサーブはオルカ(ギデオン・エメリー)と牙を交換する。オルカはナディーンの元部下で、現在はショアラインを運営している。クロエ、ナディーン、サムはオルカのヘリコプターを下ろし、アサーブが牙を爆弾と交換し、爆弾を首都で爆発させ、内戦を引き起こそうとしていることを知る。オルカはナディーンに銃を突きつけるが、サムがナディーンを助け、ナディーンがオルカを撃ち殺す。3人はジープを奪い取り、爆弾を運んでいる列車に追いつく。クロエとナディーンが列車に乗り、アサーブの部下と戦う。クロエとサムは線路を切り替え、列車の進路を町から変える。クロエとナディーンはエンジン室でアサーブと戦い、アサーブの足が爆弾の下にはさまれる。列車が崩れた橋から落ちて、爆発する前にクロエとナディーンは安全な場所に飛び移り、アサーブを殺す。クロエとナディーンは今後も手を組むことを決め、サムは2人が価値ある牙を文化省英語版に寄贈するつもりであることに唖然とする。

開発[編集]

ノーティードッグは『海賊王と最後の秘宝』の発売後の2016年5月に『アンチャーテッド 古代神の秘宝』の開発を始め、最初は物語のアイデアを探した[8]。Kurt MargenauとShaun Escaygがそれぞれゲームディレクターとクリエイティブディレクターとして開発のリーダーに選ばれた。Margenauはプログラミングの知識と、ゲームや対話性に対する情熱のため選ばれた。一方、Escaygは物語の構造を理解しているため選ばれた[9]。本作のオリジナル楽曲をヘンリー・ジャックマンが作曲した。ジャックマンは前作の『海賊王と最後の秘宝』でも作曲を行った[10]。開発チームは当初『アンチャーテッド5』の制作について熟考したが、同時に『The Last of Us Part II』を開発しており、早めの発売を目指して物語を縮小することにした。そのため、『海賊王と最後の秘宝』のダウンロードコンテンツ(DLC)を制作することを選択した[11]

本作は2016年12月4日にPlayStation Experience英語版で、ゲームプレイの予告編とともに発表された[12]。2017年4月にゲームプレイの動画が発表され、発売日と予約購入特典を発表した。予約購入特典は『ジャック×ダクスター 旧世界の遺産』で、PlayStation 4に移植された[13]。物語の予告編は6月のE3英語版で発表された[14]。本作はPlayStation 4向けに2017年8月22日に北アメリカで発売され、8月23日にヨーロッパで発売され[15]、9月14日に日本で発売された[16]PlayStation 5用のリマスター版は『海賊王と最後の秘宝』と一緒に、『アンチャーテッド トレジャーハンターコレクション』として2022年1月28日に発売された[17]Microsoft Windows版はIron Galaxy英語版と共同で開発し、2022年後半に発売される[1]

物語とキャラクター[編集]

開発チームは『アンチャーテッド』の主人公であるネイサン・ドレイクを脇役として使うことを試みたが、それは「過分に感じる」ことが分かった[4]。また、チャーリー・カッター[6]、ネイトの娘のキャシー[11]、兄のサム・ドレイク、友人のビクター・サリバンなど他のキャラクターを主人公として考えた。開発チームはサリバンの年齢がゲームプレイを妨げると感じた[18]。開発チームはクロエ・フレイザーとナディーン・ロスを描くことに決めた。クロエとナディーンはそれぞれ『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』(2009年)と『海賊王と最後の秘宝』に初めて登場する[2]。開発チームは『アンチャーテッド』シリーズで既出の補助的キャラクターとの新しい関係性に重点を置くことにした。これは『The Last Of Us Left Behind –残されたもの-英語版』(2014年)とは異なる。『The Last Of Us Left Behind –残されたもの-』は『The Last of Us』(2013年)のダウンロードコンテンツ(DLC)であり、代わりに「物語の欠けた部分」に焦点を当てている。当初は本作の長さが『The Last Of Us Left Behind –残されたもの-』と同じくらいになることを想定していた。開発が進むにつれて、ゲームがもっと長くなることが分かり、DLCではなく独立したタイトルになり[11]、およそ10時間超の長さになった[19]

Claudia Blackとローラ・ベイリーは本作でそれぞれクロエとナディーンを演じ、前作に引き続き再度演じることとなった。役者の演技はモーションキャプチャを使って大部分は記録された。残りの音声は後でスタジオで録音された。また、記録映像は役者の顔をデータとして保存し、後でアニメーターが構築する。役者は定期的にキャラクターの開発に貢献した。共同ライターのJosh Scherrは役者がキャラクターの動機により詳しいことに気づき、制作を通して脚本を修正した[20]。本作はクロエの性格を中心に構築された。物語とアートデザインはクロエの皮肉で地に足がついた考え方を反映した[6]。クロエを再度演じる際、Blackは『砂漠に眠るアトランティス』と本作の間にクロエの人生に起きた出来事に興味をそそられた[20]

開発チームは本作でクロエのデザインを特に重視した。クロエのポニーテールのように見慣れた要素を維持したが、しわなど加齢の小さな兆候を描写した。クロエのデザインと戦い方はネイサン・ドレイクと異なり、クロエのアニメーションは結果として変更された[2]。クロエの倫理基準がネイトより「少し方向性がない」ため、開発チームはクロエの性格が興味深いことに気づいた。クロエは報酬のために芸術品を探すが、自分の家族に関連があるため、ガネーシャの牙の歴史に興味がある。Scherrはこのことが掘り下げるのに興味深いと考えた[21]。また、前作でのクロエの対処メカニズムを掘り下げるのが興味深いと考えた。前作でクロエは自分の身を守るために危険な状況から逃げたが、本作ではリーダーシップのため辛抱強くせざるを得ない[6]。クロエが軍事について専門知識を有するパートナーを必要とし、ナディーンが『海賊王と最後の秘宝』の後により多くの仕事を切望すると開発チームは感じた。このキャラクターの組合せは2人の大きな違いのため、開発チームの興味を引いた。クロエは「おおらかで衝動的」である一方、ナディーンは几帳面で、2人は一緒に仕事をするために自分たちの違いを乗り越える必要がある[4]。キャラクター間の会話が前作以上に必要であるとライターは感じた。開発の間、時折会話が「友好的すぎる」ことに気づき、結果として脚本を修正した[7]

本作の敵対者であるアサーブはUsman Ally英語版が演じた。Allyはこの役の準備をする際、Escaygと会って「崇高な理由と認識されているものを起源とする」独裁政権での経験を話し合った[22]。Escaygはアサーブをメキシコの軍医José Manuel Mireles英語版になぞらえて、ドキュメンタリーである『カルテル・ランド英語版』(2015年)を鑑賞した。AllyはMirelesを「立ち上がり、ある種の革命を導くために、自分の部下に対する信頼とカリスマがある人物」であると表現し、アサーブは似たような考え方と欠点を持つと述べた[23]。Allyは歴史上の革命と関連付けることでキャラクターの論理をよりよく理解できることに気づいた[22][23]

ScherrとEscaygは物語を執筆した[20]。前作の『アンチャーテッド』シリーズはマルコ・ポーロヘンリー・エイヴリーのような具体的な歴史上の人物を描写したが、本作は開発期間が短く、集中的な調査あまりできないため、代わりに地域、周囲の哲学と文化に焦点を当てる[21]。ScherrとEscaygは物語のため調査をした際、特にヒンドゥー教と周囲の神話に重点を置いた[20]。開発チームは本作に『アンチャーテッド』1作目から3作目の「わずかに幻想的な感じ」を盛り込むことを目指した。これは、4作目が地に足のついた物語であったため、4作目に欠けていたものである[7]。本作の規模が小さいため、個々のキャラクターや、物語とキャラクターの考え方を掘り下げるのにより良い機会ができるとEscaygは気づいた。また、ゲームプレイを通してキャラクターの感情を明示しようとした。本作の物語により開発チームは『海賊王と最後の秘宝』から削られたゲームプレイの要素を掘り下げることができた[24]

アートデザインとゲームプレイ[編集]

『海賊王と最後の秘宝』の開けた場所は開発スケジュールにより限定されていたが、本作ではノーティードッグが制作過程を更新して、最大5チームが一度の1つの場所を開発できるようにした。西ガーツ山脈の生物多様性により開発チームはジャングル、山、寺院、広い都市環境など異なる設定を掘り下げることができた[4]。インドの図像や神々も開発チームの興味を引いた[20]

開発チームは『アンチャーテッド』の戦闘メカニクスを修正し、クロエの体格と戦い方にさらに適合させた。ネイトは騒々しく喧嘩をするように戦うが、クロエはマーシャルアーツの技術を使う[20]。プレイヤーはクロエとゲーム内のカメラ英語版を操作することができるが、開発チームはゲームプレイの要素を調整して、特定のショットを構築した。アートディレクターのTate Mosesianは「無作為のものは極めて少ない」と述べた。開発チームはゲーム内のショットを組み立てる際に色を「活用」しようとした[25]。開発中にピッキング用具を購入し、ゲーム内での開錠メカニクスの実装に役立てた[4]

評価[編集]

批評[編集]

評価
集計結果
媒体結果
Metacritic84/100[26]
レビュー結果
媒体結果
デストラクトイド9/10[27]
エレクトロニック・ゲーミング・マンスリー8.5/10[28]
ゲーム・インフォーマー9/10[29]
Game Revolution4/5stars[30]
GameSpot9/10[31]
GamesRadar+4/5stars[32]
GamesTM9/10[33]
Giant Bomb4/5stars[34]
IGN7.5/10[35]
Polygon8.5/10[36]
VideoGamer.com7/10[37]

レビュー収集サイトMetacriticによると、『アンチャーテッド 古代神の秘宝』は「概ね好意的な」評価を受けた[26]。『Eurogamer』は「Top 50 Games of 2017」で本作を18位にし[38]、『GamesRadar+』は25 Best Games of 2017で10位にし[39]EGMNowは25 Best Games of 2017で21位にしたが[40]、『Polygon』は50 best games of 2017で47位にした[41]。本作はIGNのBest of 2017 Awardsで「Best PlayStation 4 Game」、「Best Action-Adventure Game」、「Best Graphics」、「Best Story」にノミネートされ[42][43][44][45]、『ゲーム・インフォーマー』の2017 Action Game of the Year Awardsで「Best Graphics」を受賞した[46]

売上[編集]

本作は日本においてPlayStation 4で初週2万3131本を売り上げた。これは総合売上4位となった[47]。発売週に、イギリスで売上1位になり[48]、発売後5週間でダウンロード版を4万8000本売り上げた[49]

受賞[編集]

部門 結果 出典
2017 Gamescom 2017 Best Console Game (PlayStation 4) ノミネート [50]
The Independent Game Developers' Association英語版 Awards Audio Design ノミネート [51]
Action and Adventure Game ノミネート
Diversity Award ノミネート
ゴールデンジョイスティックアワード Best Storytelling ノミネート [52]
Best Gaming Performance (Claudia Black) ノミネート
PlayStation Game of the Year ノミネート
The Game Awards 2017英語版 Best Performance (Claudia Black) ノミネート [53]
Best Performance (Laura Bailey) ノミネート
Best Action/Adventure Game ノミネート
2018 New York Game Awards 2018 Herman Melville Award for Best Writing ノミネート [54]
Great White Way Award for Best Acting in a Game (Claudia Black) ノミネート
45th Annie Awards英語版 Outstanding Achievement for Character Animation in a Video Game ノミネート [55]
16th Visual Effects Society Awards英語版 Outstanding Visual Effects in a Real-Time Project ノミネート [56]
21st Annual D.I.C.E. Awards英語版 Outstanding Achievement in Animation ノミネート [57][58]
Outstanding Achievement in Character (Chloe Fraiser) ノミネート
Outstanding Achievement in Sound Design ノミネート
Adventure Game of the Year ノミネート
Outstanding Achievement in Game Direction ノミネート
2018 National Academy of Video Game Trade Reviewers Awards Animation, Artistic ノミネート [59][60]
Art Direction, Contemporary ノミネート
Camera Direction in a Game Engine ノミネート
Direction in a Game Cinema ノミネート
Game, Franchise Adventure 受賞
Lighting/Texturing ノミネート
Performance in a Drama, Lead (Claudia Black) ノミネート
Performance in a Drama, Lead (Laura Bailey) ノミネート
Performance in a Drama, Supporting (Troy Baker) ノミネート
Sound Editing in a Game Cinema 受賞
2018 Italian Video Game Awards People's Choice ノミネート [61]
Best Character (Nadine) ノミネート
2018 SXSWゲーム賞 Excellence in SFX ノミネート [62][63]
Excellence in Technical Achievement ノミネート
16th Annual Game Audio Network Guild Awards Audio of the Year ノミネート [64]
Sound Design of the Year ノミネート
Best Cinematic/Cutscene Audio 受賞
Best Dialogue 受賞
Best Audio Mix 受賞
14th British Academy Games Awards英語版 Artistic Achievement ノミネート [65][66]
Audio Achievement ノミネート
Performer (Claudia Black) ノミネート
Performer (Laura Bailey) ノミネート
2018 Webby Awards英語版 Best Music/Sound Design (People's Voice) 受賞 [67]

注釈[編集]

  1. ^ Iron Galaxy英語版がMicrosoft Windowsに移植した[1]

出典[編集]

  1. ^ a b Tapsell, Chris (2021年9月9日). “Uncharted: Legacy of Thieves Collection brings A Thief's End and Lost Legacy remasters to both PC and PS5”. Eurogamer. Gamer Network. 2021年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月10日閲覧。
  2. ^ a b c Wallace, Kimberley (March 20, 2017). “The Evolution Of Chloe's Design For Uncharted: The Lost Legacy”. Game Informer (GameStop). オリジナルのJune 14, 2017時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6rCuRLzRy?url=http://www.gameinformer.com/b/features/archive/2017/03/20/the-evolution-of-chloe-s-design-for-uncharted-the-lost-legacy.aspx 2017年6月14日閲覧。. 
  3. ^ Wallace, Kimerley (March 7, 2017). “April Cover Revealed – Uncharted: The Lost Legacy”. Game Informer (GameStop). オリジナルのMarch 10, 2017時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6oqbfO70E?url=http://www.gameinformer.com/b/news/archive/2017/03/07/april-cover-revealed-uncharted-the-lost-legacy.aspx 2017年3月10日閲覧。. 
  4. ^ a b c d e f Shuman, Sid (2017年3月20日). “First Look at Uncharted: The Lost Legacy”. PlayStation Blog. Sony Interactive Entertainment. 2017年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月14日閲覧。
  5. ^ a b Favis, Elise (March 10, 2017). “Six Ways Uncharted: The Lost Legacy Changes Things Up For The Series”. Game Informer (GameStop). オリジナルのJune 17, 2017時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6rHb3onNV?url=http://www.gameinformer.com/b/features/archive/2017/03/10/six-ways-uncharted-the-lost-legacy-changes-things-up-for-the-series.aspx 2017年6月17日閲覧。. 
  6. ^ a b c d e PlayStation (13 June 2017). Uncharted: The Lost Legacy – Live Interview. Sony Interactive Entertainment. 2017年6月18日閲覧
  7. ^ a b c Summers, Nick (2017年6月16日). “'The Lost Legacy' takes 'Uncharted' back to basics”. Engadget. Oath Inc.. 2017年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月18日閲覧。
  8. ^ a b O'Brien, Lucy (2017年6月15日). “Uncharted The Lost Legacy Gameplay Interview”. IGN. Ziff Davis. 2017年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月18日閲覧。
  9. ^ Hanson, Ben (March 24, 2017). “Meet The Creative Leads Behind Uncharted: The Lost Legacy”. Game Informer (GameStop). オリジナルのJune 17, 2017時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6rI7RQjYM?url=http://www.gameinformer.com/b/features/archive/2017/03/24/meet-the-creative-leads-behind-uncharted-the-lost-legacy.aspx 2017年6月18日閲覧。. 
  10. ^ Margenau, Kurt [@kurtmargenau] (2016年12月4日). "For those asking, yes Henry Jackman is back composing an original score for Uncharted: The Lost Legacy. It was his music in the demo" (ツイート). 2017年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブTwitterより2017年7月4日閲覧
  11. ^ a b c Favis, Elise (March 27, 2017). “Why Uncharted: The Lost Legacy Became A Stand-Alone Expansion”. Game Informer (GameStop). オリジナルのJune 17, 2017時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6rHynFNwg?url=http://www.gameinformer.com/b/features/archive/2017/03/27/why-uncharted-the-lost-legacy-became-a-stand-alone-expansion.aspx 2017年6月17日閲覧。. 
  12. ^ Good, Owen S. (2016年12月3日). “Uncharted: The Lost Legacy is coming from Naughty Dog”. Polygon. Vox Media. 2017年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月10日閲覧。
  13. ^ Escayg, Shaun (2017年4月11日). “Uncharted: The Lost Legacy Launching August 22, New Footage Released”. PlayStation Blog. Sony Interactive Entertainment. 2017年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月18日閲覧。
  14. ^ Escayg, Shaun (2017年6月12日). “Uncharted: The Lost Legacy — Watch the E3 Story Trailer”. PlayStation Blog. Sony Interactive Entertainment. 2017年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月18日閲覧。
  15. ^ Phillips, Tom (2017年4月11日). “Uncharted: The Lost Legacy release date unearthed”. Eurogamer. Gamer Network. 2017年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月18日閲覧。
  16. ^ 今藤祐馬 (2017年6月22日). “「アンチャーテッド 古代神の秘宝」の発売日が決定!シリーズ作品のBest版も発売”. GAME Watch. インプレス. 2022年5月14日閲覧。
  17. ^ Scullion, Chris (2021年9月9日). “Uncharted 4 and The Lost Legacy are being remastered for PS5 and PC”. Video Games Chronicle. Gamer Network. 2021年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月10日閲覧。
  18. ^ Favis, Elise (March 15, 2017). “A Deeper Look At Uncharted: The Lost Legacy's Unlikely Duo”. Game Informer (GameStop). オリジナルのJune 17, 2017時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6rHc0FWRW?url=http://www.gameinformer.com/b/features/archive/2017/03/15/a-deeper-look-at-uncharted-the-lost-legacys-unlikely-duo.aspx 2017年6月17日閲覧。. 
  19. ^ Dayus, Oscar (2017年4月10日). “Uncharted: The Lost Legacy Could Be Over 10 Hours Long”. GameSpot. CBS Interactive. 2017年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月19日閲覧。
  20. ^ a b c d e f Shuman, Sid; Escayg, Shaun; Margenau, Kurt; Scherr, Josh; Black, Claudia; Bailey, Laura (December 3, 2016). “Uncharted: The Lost Legacy: Panel Discussion”. PlayStation Experience. Anaheim, California. https://www.youtube.com/watch?v=4xbs1j1UcMA 2017年6月18日閲覧。 
  21. ^ a b Hanson, Ben (March 17, 2017). “The Biggest Decisions Behind Uncharted: The Lost Legacy”. Game Informer (GameStop). オリジナルのJune 17, 2017時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6rI67ILpB?url=http://www.gameinformer.com/b/features/archive/2017/03/17/the-biggest-decisions-behind-the-lost-legacy.aspx 2017年6月18日閲覧。. 
  22. ^ a b Bailey, Richard Jr. (2017年5月30日). “Uncharted: The Lost Legacy – An Interview With Usman Ally”. The Koalition. 2017年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月18日閲覧。
  23. ^ a b Sirio, Paolo (2017年6月3日). “Usman Ally Interview – Meet The Man Who Plays Asav, The Main Villain In Uncharted: The Lost Legacy”. Gamepur. 2017年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月18日閲覧。
  24. ^ Hanson, Ben (March 8, 2017). “Naughty Dog's New Vision For Uncharted: The Lost Legacy”. Game Informer (GameStop). オリジナルのJune 17, 2017時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6rI0baN8O?url=http://www.gameinformer.com/b/features/archive/2017/03/08/naughty-dogs-new-vision-for-uncharted-the-lost-legacy.aspx 2017年6月18日閲覧。. 
  25. ^ Wallace, Kimberley (March 13, 2017). “Uncharted: The Lost Legacy Exclusive Concept Art Gallery”. Game Informer (GameStop). オリジナルのJune 17, 2017時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6rI3iS2Nd?url=http://www.gameinformer.com/b/features/archive/2017/03/13/uncharted-the-lost-legacy-exclusive-concept-art-gallery.aspx 2017年6月18日閲覧。. 
  26. ^ a b Uncharted: The Lost Legacy for PlayStation 4 Reviews”. Metacritic. 2017年8月17日閲覧。
  27. ^ Carter, Chris (2017年8月17日). “Review: Uncharted: The Lost Legacy”. Destructoid. 2017年8月17日閲覧。
  28. ^ Plessas, Nick (August 17, 2017). “Uncharted: The Lost Legacy review”. EGMNow. http://www.egmnow.com/articles/reviews/uncharted-the-lost-legacy-review 2017年8月17日閲覧。. 
  29. ^ Reiner, Andrew (August 17, 2017). “The Heart Of Adventure Is Bigger Than One Hero - Uncharted: The Lost Legacy - PlayStation 4”. Game Informer. http://www.gameinformer.com/games/uncharted_the_lost_legacy/b/playstation4/archive/2017/08/17/uncharted-the-lost-legacy-review.aspx 2017年8月17日閲覧。. 
  30. ^ Leack, Jonathan (2017年8月22日). “Uncharted: The Lost Legacy Review – Swinging Through the Finish Line”. Game Revolution. 2017年8月22日閲覧。
  31. ^ Concepcion, Miguel (2017年8月17日). “Uncharted: The Lost Legacy Review”. GameSpot. 2017年8月17日閲覧。
  32. ^ Loveridge, Sam (2017年8月17日). “Uncharted: The Lost Legacy - "There's a depth there that just hasn't existed before."”. GamesRadar+. 2017年8月17日閲覧。
  33. ^ “Uncharted: The Lost Legacy Review”. GamesTM. (September 8, 2017). https://www.gamestm.co.uk/reviews/uncharted-the-lost-legacy-review/ 2018年7月2日閲覧。. 
  34. ^ Shoemaker, Brad (2017年8月21日). “Uncharted: The Lost Legacy Review”. Giant Bomb. 2017年8月21日閲覧。
  35. ^ Sliva, Marty (2017年8月16日). “Uncharted: The Lost Legacy Review”. IGN. 2017年8月16日閲覧。
  36. ^ Kollar, Philip (2017年8月17日). “Uncharted: The Lost Legacy review”. Polygon. 2017年8月17日閲覧。
  37. ^ Bell, Alice (2017年8月17日). “Uncharted: The Lost Legacy review”. VideoGamer.com. 2017年8月17日閲覧。
  38. ^ Eurogamer staff (2017年12月29日). “Eurogamer's Top 50 Games of 2017: 20-11”. Eurogamer. 2017年12月31日閲覧。
  39. ^ GamesRadar staff (2017年12月22日). “The best games of 2017: Page 2”. GamesRadar+. 2018年3月25日閲覧。
  40. ^ EGM staff (2017年12月27日). “EGM's Best of 2017: Part One: #25 ~ #21”. EGMNow. 2018年1月14日閲覧。
  41. ^ Polygon staff (2017年12月18日). “The 50 best games of 2017”. Polygon. 2018年2月11日閲覧。
  42. ^ Best of 2017 Awards: Best PlayStation 4 Game”. IGN (2017年12月20日). 2018年1月7日閲覧。
  43. ^ Best of 2017 Awards: Best Action-Adventure Game”. IGN (2017年12月20日). 2018年1月7日閲覧。
  44. ^ Best of 2017 Awards: Best Graphics”. IGN (2017年12月20日). 2018年1月7日閲覧。
  45. ^ Best of 2017 Awards: Best Story”. IGN (2017年12月20日). 2018年1月7日閲覧。
  46. ^ Miller, Matt (January 5, 2018). “2017 Action Game Of The Year Awards (Page 2)”. Game Informer. http://www.gameinformer.com/b/features/archive/2018/01/05/2017-action-game-of-the-year-awards.aspx?PostPageIndex=2 2018年1月5日閲覧。. 
  47. ^ Romano, Sal (2017年9月20日). “Media Create Sales: 9/11/17 – 9/17/17”. Gematsu. 2018年3月8日閲覧。
  48. ^ Barker, Sammy (2017年8月28日). “UK Sales Chart: Uncharted: The Lost Legacy Is the Sixth PS4 Exclusive to Top in 2017”. PushSquare. 2020年5月21日閲覧。
  49. ^ Barton, Seth (2017年9月). “Uncharted: The Lost Legacy sells 48,000 copies digitally in the UK – but we can't tell you how that relates to physical units”. MCV Develop. 2020年5月21日閲覧。
  50. ^ Khan, Zubi (2017年8月21日). “Gamescom 2017 Award Nominees”. CGM. 2018年1月22日閲覧。
  51. ^ 2017 Winners”. The Independent Game Developers' Association (2017年11月2日). 2018年9月6日閲覧。
  52. ^ Gaito, Eri (2017年11月13日). “Golden Joystick Awards 2017 Nominees”. Best in Slot. 2018年1月5日閲覧。
  53. ^ Makuch, Eddie (2017年12月8日). “The Game Awards 2017 Winners Headlined By Zelda: Breath Of The Wild's Game Of The Year”. GameSpot. 2018年1月5日閲覧。
  54. ^ Whitney, Kayla (2018年1月25日). “Complete list of winners of the New York Game Awards 2018”. AXS. 2018年1月27日閲覧。
  55. ^ Hipes, Patrick (2017年12月4日). “Annie Awards: Disney/Pixar's 'Coco' Tops Nominations”. Deadline Hollywood. 2018年1月5日閲覧。
  56. ^ Giardina, Carolyn (2018年1月16日). “Visual Effects Society Awards: 'Apes,' 'Blade Runner 2049' Lead Feature Nominees”. The Hollywood Reporter. 2018年1月16日閲覧。
  57. ^ Makuch, Eddie (2018年1月14日). “Game Of The Year Nominees Announced for DICE Awards”. GameSpot. 2018年1月17日閲覧。
  58. ^ Makuch, Eddie (2018年2月22日). “Legend Of Zelda: Breath Of The Wild Wins Game Of The Year At DICE Awards”. GameSpot. 2018年2月24日閲覧。
  59. ^ Nominee List for 2017”. National Academy of Video Game Trade Reviewers (2018年2月9日). 2018年2月14日閲覧。
  60. ^ Horizon wins 7; Mario GOTY”. National Academy of Video Game Trade Reviewers (2018年3月13日). 2018年3月13日閲覧。
  61. ^ Italian Video Game Nominees and Winners 2018”. Italian Video Game Awards (2018年3月14日). 2018年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月31日閲覧。
  62. ^ McNeill, Andrew (2018年1月31日). “Here Are Your 2018 SXSW Gaming Awards Finalists!”. SXSW. 2018年2月1日閲覧。
  63. ^ IGN Studios (2018年3月17日). “2018 SXSW Gaming Awards Winners Revealed”. IGN. 2018年3月18日閲覧。
  64. ^ 2018 Awards”. Game Audio Network Guild. 2018年4月14日閲覧。
  65. ^ deAlessandri, Marie (March 15, 2018). “Hellblade: Senua's Sacrifice at forefront of BAFTA Games Awards nominations”. MCV. https://www.mcvuk.com/business/hellblade-senuas-sacrifice-at-forefront-of-bafta-games-awards-nominations 2018年3月15日閲覧。. 
  66. ^ Makedonski, Brett (2018年4月12日). “BAFTA names What Remains of Edith Finch its best game of 2017”. Destructoid. 2018年4月13日閲覧。
  67. ^ 2018 Winners”. The Webby Awards (2018年4月24日). 2018年6月26日閲覧。

外部リンク[編集]