INSAS小銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
INSAS突撃銃

INSAS(Indian New Small Arms System、インド新小火器システム)は、インドアサルトライフルおよび軽機関銃。インドの兵器廠委員会英語版(Ordnance Factories Board, OFB)に所属するティルチラーパッリ兵器廠英語版により製造されている。

概要[編集]

INSASを構えるインド軍兵士

1950年代よりインド軍はL1A1の国産モデル(1A1小銃)を採用していたが、5.56x45mm NATO弾を使用する銃が出始めたことから、AK-47を基に開発・製造された[1]

ロングストロークピストンのガス圧作動方式などは、AK-47を参考としているが、マニュアル式のガスレギュレーターなどはFN FALを参考にしている他、3点バーストでの射撃にも対応している。また軽機関銃モデルや、2015年には最新モデルであるエクスカリバー ライフルを発表している。

陸軍の報告によると、INSASは銃身が膨張しやすく、各部品も故障しやすく、また過酷な環境においてインド製の弾薬を使用すると給弾不良が発生するという[2]。これらのことから、インド軍内では次世代の主力小銃の取得計画が続いている[3]

採用国[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Charles Q. Cutshaw (28 February 2011). Tactical Small Arms of the 21st Century: A Complete Guide to Small Arms From Around the World. Gun Digest Books. p. 207. ISBN 1-4402-2482-X. https://books.google.com/books?id=npHP9aV5rBgC&pg=PA207 2014年5月28日閲覧。. 
  2. ^ 印度失敗的「自主研發」制式步槍,INSAS英薩斯步槍
  3. ^ インド陸軍が次世代アサルトライフル取得計画を再起動

リンク[編集]