インドゾウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インドゾウ
インドゾウ
インドゾウ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ゾウ目 Proboscidea
: ゾウ科 Elephantidae
: アジアゾウ属 Elephas
: アジアゾウ E. maximus
亜種 : インドゾウ E. m. indicus [1]
学名
Elephas maximus indicus
Cuvier, 1798
シノニム
Elephas maximus bengalensis
和名
インドゾウ
英名
Indian elephant

インドゾウ学名Elephas maximus indicus英語名:Indian elephant)は、哺乳綱- ゾウ目(長鼻目)- ゾウ科- アジアゾウ属分類されるアジアゾウの、下位分類にあたる1亜種

インドゾウを含む種アジアゾウ Elephas maximus は、過去3世代(60から75年)の間で個体数が少なくとも50%減少したとして、1986年よりIUCN絶滅危惧種と評価されている[2]

特徴[編集]

アジアゾウの代表的亜種であり、インド亜大陸インドバングラデシュチッタゴン丘陵地帯〉、ネパールブータン)、インドシナ半島ラオスミャンマーペグ山脈英語版タニンダーリ管区シャン州〉、タイマレー半島カンボジア東部〈モンドルキリ州ラタナキリ州〉、ベトナム)、および、中国大陸南端部(中華人民共和国南端部〈雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州思茅区臨滄市〉)の森林地帯に分布する。

シュリクマー関数[編集]

シュリクマー関数(シュリクマーかんすう、: Sreekumar function)は、インド象の表面積を求める公式。ケラーラ農業大学で研究を続けたインドの獣医学者K.P.スリークマル博士と故G.ニーマラン博士[注 1]によって導出され、1990年学術雑誌『Veterinary Research Communications』で発表された[3]。この業績により両氏は2002年イグノーベル賞数学賞を受賞している。ただし、この公式が当てはまるのはインドゾウだけで、体型が異なるアフリカゾウには当てはまらない。

公式[編集]

シュリクマー関数はインドゾウの体表面積を S、肩までの高さを H、前足の円周を FFC として

と表される[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ イグノーベル賞の受賞時には既に死没している。

出典[編集]

  1. ^ Elephas maximus indicus Cuvier, 1798 - ITIS
  2. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • Choudhury, A., Lahiri Choudhury, D.K., Desai, A., Duckworth, J.W., Easa, P.S., Johnsingh, A.J.T., Fernando, P., Hedges, S., Gunawardena, M., Kurt, F., Karanth, U., Lister, A., Menon, V., Riddle, H., Rubel, A. & Wikramanayake, E. 2008. Elephas maximus. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.1.
  3. ^ a b Sreekumar & Nirmalan (1989).

参考文献[編集]

  • Sreekumar, K.P.; Nirmalan, G. (24 October 1989). “Estimation of the total surface area in Indian elephants (Elephas maximus indicus)” (PDF). Veterinary Research Communications (Springer) 14 (1): 5-17. doi:10.1007/BF00346377. PMID 2316192. http://www.ildidu.altervista.org/ignobel/immagini/elephant.pdf. 

関連項目[編集]