シャンバラ (チベット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャンバラ

シャンバラ(Shambhala)は、チベットに伝わる伝説上の秘密の仏教王国である。中央アジアのどこかにあると言われることが多い。元はインドヒンドゥー教プラーナ文献タントラ仏教の『時輪タントラ』に登場する理想郷(ユートピア)の名であった。シャンバラ伝説は『時輪タントラ』とともにチベットに伝わり、モンゴルなど内陸アジアのチベット仏教圏に広く伝播した。近代には西洋神智学者らに注目され、欧米でも有名になった。

ヒンドゥー教のシャンバラ[編集]

ヒンドゥー教ではヴィシュヌ神のアヴァターラであるカルキの治める国をシャンバラと呼んだ。ヒンドゥー教のヴィシュヌ派は釈迦をヴィシュヌ神の化身の1つとするが、釈迦のカースト制度批判によって揺らいでしまった社会秩序を正し、カースト制度を立て直すために10番目のアヴァターラとしてカルキが出現すると説いた。

仏教のシャンバラ[編集]

『時輪タントラ』とその註釈書『ヴィマラプラバー』は、シャンバラ王カルキは人民を教化して4つのカーストを1つに統一し、カースト制度を解消させると説いている。このように『時輪タントラ』のシャンバラ説はヒンドゥー教のカルキ伝説の影響下にありながら、ヒンドゥー教とは思想的方向性を異にしている。

王国の様子[編集]

シャンバラには王宮がありそこから南の方角には立体型の大きな時輪曼荼羅がある(上の画像を参照)。そしてシャンバラには約9億の町があり釈迦族の王96人がいるという。そして、前述の王宮カラーパ英語版に住むさらに権力のある大王が1人いるといわれる。そしてシャンバラの人たちはほかの種族よりも強靭で、さらに法が行き届き平和であるといわれる[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CiNii 論文 - シャンバラ国について 2015年4月4日閲覧

参考文献[編集]

関連図書[編集]

関連項目[編集]