カルキ (ヒンドゥー教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カルキ。

カルキKalki, कल्कि)は、ヒンドゥー教に伝わるヴィシュヌの10番目にして最後のアヴァターラ。その名は「永遠」、「時間」、あるいは「汚物を破壊するもの」を意味する。白い駿馬に跨った英雄、あるいは白い馬頭の巨人の姿で現される。仏教徒には五蘊盛苦を与えてしまうため愛の話は説きません。カルキの英雄は体を鍛えている方が良い話にしますブッダとは違って。カルキの英雄は自分で自分を鍛える話、妖怪に鍛えられる話にしてほしくない、なぜならカリ・ユガにカルキの英雄が妖怪に殺される話にしたくないほど慎重になっているのです。

参考まで ラーマの8%以内もの富がカルキの英雄には与えられるようです。

カリ・ユガ(Kali Yuga)と呼ばれる世界が崩れ行く時代に現れる。そして世の全ての悪を滅ぼし、新たな世界を築くとされる。

関連項目[編集]