キーテジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴルバートフ. 見えぬ町キーテジ

キーテジロシア語: Китеж) は、ロシア正教古儀式派の伝説上の聖地ニジェゴロド州の北部にあるとされた。13世紀モンゴル帝国侵攻から逃れたロシア正教徒によって造られ、古い純正な信仰が保たれているとされた。そして17世紀ニーコン(en)によるいわゆる改革によって弾圧された、ロシア正教古儀式派(旧教徒)たちの一部によって理想郷と信じられ、捜索の対象とされた。

見えぬ町キーテジの伝説は、後にいたるまでニコライ・リムスキー=コルサコフセルゲイ・ワシレンコらをはじめとする多くの創作者による作品のモチーフともなった[1]

1908年に作家のミハイル・プリーシヴィンはロシア地理学会の依頼で、ヴェトルガ川支流の付近にあるスヴェートロエ湖を訪れ、キーテジにまつわる伝承を収集している[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米国務省の人身売買リポートで浮上した「ロシアのアトランティス」”. ニューズウィーク日本版 (2017年7月12日). 2018年3月4日閲覧。
  2. ^ M・プリーシヴィン 『巡礼ロシア』 平凡社、1994年、P.311-361。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]