市村鉄之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

市村 鉄之助(いちむら てつのすけ、安政元年(1854年) - 明治6年(1873年)?/明治10年(1877年)?)は、新選組隊士。

経歴[編集]

安政元年(1854年)、美濃大垣藩士・市村半右衛門の三男として生まれる。安政5年(1859年)、父が藩より追放され、親類のいる近江国国友村(現滋賀県長浜市)で育った。

慶応3年(1867年)の新選組の隊士募集で兄の辰之助と共に14歳で入隊。辰之助は両長抱として、鉄之助は土方歳三附属を命じられた(『島田魁英名録』)。その後、隊士全員が江戸幕府直参に取り立てられ幕臣の身分となる。

慶応4年(1868年)1月の鳥羽・伏見の戦いにおいて旧幕府軍は薩長連合に敗北し、新選組も京を離れて江戸撤退するとこれに従い、その後は甲陽鎮撫隊として、甲斐官軍と戦うが大敗し再度江戸へ退く。江戸帰還後は歩兵募集に従事する。なお、この頃に兄の辰之助は新選組を脱走している。流山で局長近藤勇が捕縛された後、残った隊士たちは会津福島仙台へと転戦し、そして蝦夷地へ到着する。

鉄之助は土方の小姓として付き添い、土方から「頗る勝気、性亦怜悧」と評されている。明治二年(1869年)5月ころ、土方の命で遺品を託され、箱館から脱出。2ヵ月後に官軍の包囲を掻い潜り、土方の親戚・佐藤彦五郎家に到着した。鉄之助は約2年ほど佐藤家に滞在し、後に実家に帰って兄と再会したが、明治6年(1873年)に大垣で病死した。

なお、島田魁の親類・岸家の伝承によると、西南戦争において西郷側につき、戦死したとも伝えられている。その話がのちの慎斎私言等に反映され、通説化した。

関連項目[編集]