辻理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

辻理(つじ まこと、1948年1月1日 - )は、日本の元映画監督、元テレビドラマ演出家、元ゲームクリエイター。長崎県長崎市出身。

略歴[編集]

1970年日本大学藝術学部映画学科卒業。卒業後、東映テレビプロダクションに入社する。同期に藤井邦夫がいた。助監督を経て1980年、『特捜最前線』の一編(第178話「男たちのセプテンバーソング!」)で監督デビューを果たす。同番組での演出担当は天野利彦に次ぐ第2位。

1981年、東映を退社してフリーランスになる。1986年時空戦士スピルバン』で初のパイロット監督を担当。以降東映の作品と同時に、他社作品も積極的に手がけ、アクション系の監督として活動した。

1997年頃よりTVの仕事から遠ざかり、VP作品の監督やタレント養成所の講師を務めている。また2000年頃から2003年まで、カプコングループのフラグシップに参加し、一時期ゲームソフトの製作にも関わるも2005年ごろに監督業は廃業した。

担当作[編集]

テレビ[編集]

★はパイロット担当 ◎は2時間ドラマ

映画[編集]

  • パチンコ物語(1990年、松竹)
  • ブルースワット(1994年、東映)※第1、2話の編集版。辻のクレジットは「責任編集」。
  • 心ひらくとき(1998年、人権映画)
  • 扉を開けて(2002年、人権映画)
  • Be(2005年)※未公開。制作途中まで進むも資金が足りず制作が頓挫。

ビデオ[編集]

  • 真・仮面ライダー 序章(1992年、東映)
  • パチンコ無宿(1994年、ポニーキャニオン・Knack)
  • パチンコ無宿Ⅱ 港の勝負師(ギャンブラー)弾次郎(1995年、ポニーキャニオン・Knack)

ゲーム[編集]

  • クライシス200X(1999年)
  • バウンティハンターサラ ホーリーマウンテンの帝王(2001年)
  • エルドラードゲート(2001年)
  • ガンサイバー・ディノクライシス2(2002年)
  • 鬼武者2(2002年)
  • バイオハザード0(2002年)
  • クロックタワー3(2003年)
  • スワット7(2003年)