アイアン・メイズ/ピッツバーグの幻想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイアン・メイズ/ピッツバーグの幻想
Iron Maze
監督 吉田博昭
脚本 ティム・メトカーフ
原作 芥川龍之介
(「藪の中」より)
製作 イローナ・ハーツバーグ
植木英則
製作総指揮 エドワード・R・プレスマン
オリバー・ストーン
出演者 ジェフ・フェイヒー
ブリジット・フォンダ
村上弘明
音楽 スタンリー・マイヤーズ
撮影 三枝盛男
編集 ボニー・コーラー
製作会社 キティ・フィルム
配給 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年11月1日
日本の旗 1991年10月10日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日本の旗 日本
言語 英語
製作費 $12,000,000[1]
テンプレートを表示

アイアン・メイズ/ピッツバーグの幻想』(原題:Iron Maze)は、1991年制作のアメリカ合衆国日本の合作映画

芥川龍之介の小説「藪の中」を現代のアメリカ・ピッツバーグを舞台に設定し、日米貿易摩擦を絡めたストーリーにアレンジして映画化。エドワード・R・プレスマンオリバー・ストーン製作総指揮。村上弘明が出演している。

あらすじ[編集]

“鉄の街”として隆盛を極めたピッツバーグも、現在はすっかり寂れていた。その郊外の廃墟となった“鉄の迷路”(Iron Maze) のような製鉄所跡にアミューズメントパークを建てる計画を立てていた日本人の青年実業家スギタが、建設予定地の製鉄所跡で何者かに襲われ、瀕死の重傷を負った。

まもなく、地元の若い労働者バリーが警察に自首してきたが、彼は正当防衛を主張する。一方、スギタのアメリカ人妻・クリスは事件直後から行方が分からなくなっていたが、ルール署長にバリーとの関係を告白する電話をかけてくる。しかし、彼女はスギタがまだ生きていると聞くと前言を撤回し、事件は思わぬ方向へ…。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]