成川哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なりかわ てつお
成川 哲夫
本名 同じ
別名義 伍代 勝也・伍代 達弘
生年月日 (1944-04-15) 1944年4月15日
没年月日 (2010-01-01) 2010年1月1日(満65歳没)
出生地 日本の旗, 東京都千代田区飯田橋
身長 173cm[1]
ジャンル 俳優
活動期間 1967年 - 1983年
事務所 さち子プロ( - 1983年)
主な作品
映画
柔の星
テレビドラマ
スペクトルマン
東京バイパス指令
噂の刑事トミーとマツ
備考
国際空手道連盟玄制流成道会会長

成川 哲夫(なりかわ てつお、1944年4月15日[2] - 2010年1月1日)は、日本の元俳優。国際空手道連盟玄制流成道会前会長(創師)。本名同じ。東京都千代田区飯田橋出身[2]法政大学第二高等学校卒業[3]法政大学経済学部中退[4]。別名伍代 勝也伍代 達弘

妻は元女優で、成道会会長の成川昭子(旧姓:関口)。

来歴・人物[ソースを編集]

法政大学在学中より東映演技研修所に入り、1967年3月、『悪魔くん』(NET)第 23話ほか数本の作品にテスト出演[4]。同年、第8期東宝ニュータレントに合格し[5]、数本の舞台出演を経て1968年放送の『東京バイパス指令』(日本テレビ)で正式にデビューした[6]

1969年半ば頃、東宝を退社し、さち子プロに移籍[7]。『柔道一直線』(TBS)へのゲスト出演などを経て、1971年より放映が開始された特撮テレビ番組『宇宙猿人ゴリ』(後に『宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン』『スペクトルマン』と改題)(フジテレビ)で主役の蒲生譲二(スペクトルマンの変身前)役に起用された[8]。同番組は裏番組『巨人の星』(よみうりテレビ)を視聴率で上回る人気番組となり[9]、成川の俳優時代の代表作ともなった。同番組出演中の1971年5月、第8期東宝ニューフェイスの同期だった関口昭子と結婚した[10]

『スペクトルマン』の放映終了後、1970年代中盤に佐野プロダクションに移籍[11]。この間、伍代 勝也(五代 勝也は誤植)、伍代 達弘の芸名を使用した[12]。およそ3年でさち子プロに復帰し、芸名を「成川哲夫」に戻す[12]

再改名後も『噂の刑事トミーとマツ』(TBS)にレギュラー出演するなど活躍したが[13]1982年、1960年代より師事していた空手の師範が交通事故のため逝去。後に指導者として道場を引き継ぐ形となったが、道場が分裂したため国際空手道連盟玄制流成道会を1983年に発足[14]。同年、空手に専念するため芸能界を引退[15]

その後は成道会の会長・師範として尽力した[16]

1991年、当時17歳の長男をオートバイ事故で亡くし[17]、長女は現在成道会の指導員として活動中[18]

2010年1月1日肺がんのため死去。65歳没[19]

『スペクトルマン』で共演した大平透は、成川について礼儀正しく清潔感があり、好青年そのものであったと語っている[20]

出演[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

  • 柔の星(1970年、東宝) - 田波俊介
  • 道(1984年) ※人権啓発映画

吹き替え[ソースを編集]

著書[ソースを編集]

出典[ソースを編集]

  1. ^ 日本タレント名鑑'83』 VIPタイムズ社、1982年、163頁。
  2. ^ a b ヒーロー列伝 1, p. 19.
  3. ^ ヒーロー列伝 1, p. 22.
  4. ^ a b ヒーロー列伝 1, p. 23.
  5. ^ ヒーロー列伝 1, p. 24-26.
  6. ^ ヒーロー列伝 1, p. 27-28.
  7. ^ ヒーロー列伝 1, p. 28.
  8. ^ ヒーロー列伝 1, p. 28-31.
  9. ^ 『テレビマガジン特別編集 巨大ヒーロー大全集』、講談社、1988年、133頁。
  10. ^ ヒーロー列伝 1, p. 48-50.
  11. ^ ヒーロー列伝 1, p. 69-70.
  12. ^ a b ヒーロー列伝 1, p. 70.
  13. ^ ヒーロー列伝 1, p. 71-72.
  14. ^ ヒーロー列伝 1, p. 74.
  15. ^ ヒーロー列伝 1, p. 72、74.
  16. ^ ヒーロー列伝 1, p. 74-76.
  17. ^ ヒーロー列伝 1, p. 12、75.
  18. ^ ヒーロー列伝 1, p. 75‐76.
  19. ^ “成川哲夫氏死去 元俳優”. 47NEWS. (2010年1月2日). オリジナル2014年4月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140416073240/http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010010201000315.html 2014年4月16日閲覧。 
  20. ^ とり・みき 「大平透 ゴア/倉田室長役」『別冊映画秘宝電人ザボーガー』&ピー・プロ特撮大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年11月14日、pp.111-114。ISBN 978-4-86248-805-3

参考文献[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]