キーストン・スタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯34度05分10.37秒 西経118度15分34.80秒 / 北緯34.0862139度 西経118.2596667度 / 34.0862139; -118.2596667

キーストン・スタジオ
Keystone Studios
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス郊外エデンデール英語版
設立 1912年7月4日 (設立時の名称はキーストン・ピクチャーズ・スタジオ)
業種 映画スタジオ
代表者 マック・セネット
テンプレートを表示

キーストン・スタジオ(Keystone Studios)は、映画産業初期に設立されたアメリカ合衆国映画スタジオ1912年7月4日カリフォルニア州ロサンゼルス郊外のエデンデール英語版(現在はエコパーク地区の一部)に、「キーストン・ピクチャーズ・スタジオ」(Keystone Pictures Studio)として、映画プロデューサーのマック・セネット(1880年-1960年)が、俳優、脚本家のアダム・ケッセル(Adam Kessel) (1866年-1946年)[1]、映画プロデューサーでニューヨーク・モーション・ピクチャー・カンパニー(the New York Motion Picture Company)の経営者チャールズ・O・バウマン英語版 (1874年-1931年)の支援を受けて開設した[2][3]。設立後数年間、キーストン・スタジオの映画撮影は、スタジオ内部をはじめ、ロサンゼルス郊外のグレンデールシルヴァー・レイク英語版の周辺で行われ、1915年まで配給はミューチュアル・フィルム・コーポレーション英語版が担っていた[4]

創設時の建造物であるメイン・スタジオは、今日もエコパーク地区に現存している。

映画製作[編集]

「セネット海水着美人」

キーストン・スタジオは、1912年からマック・セネットの下で製作されたキーストン・コップススラップスティック・コメディ映画や、1915年に登場した「セネット海水着美人」(the Sennett Bathing Beauties)の作品で、最もよく知られている。セネットによりヴォードヴィル俳優であったチャールズ・チャップリンが見出され、サイレント映画俳優としてデビューしたのもキーストン・スタジオであった。『キーストン・スタジオのチャーリー・チャップリン』(Charlie Chaplin at Keystone Studios)は、キーストン時代のチャップリンの代表的な作品を、ヴォードヴィル俳優から喜劇映画俳優、監督への転身の記録を交えて1993年に発表された再編集映画である。1915年に、キーストン・スタジオはD・W・グリフィストーマス・H・インスらによるトライアングル・フィルム・コーポレーション傘下の独立製作スタジオになった。

メーベルの劇的な半生英語版』(1913年)における映画館で観客がけんかする場面のキーストン・スタジオの俳優達。ロスコー・アーバックル(中央)、マック・セネット(その右となり、立っている人物)、メーベル・ノーマンド (スクリーン内中央の女性)。
ジョージ・ニコルズ英語版監督によるキーストン・スタジオのサイレント動物喜劇『A Little Hero』(1913年)。主人公の犬がオウムを猫から救う。再生時間: 04:32。

チャップリンの他にも、マリー・ドレスラーハロルド・ロイドメーベル・ノーマンドロスコー・アーバックルグロリア・スワンソンルイーズ・ファゼンダレイモンド・グリフィス英語版フォード・スターリングベン・ターピンハリー・ラングドン英語版アル・セント・ジョン英語版チェスター・コンクリンらのサイレント映画期を代表する多くの俳優が、活動初期にキーストン・スタジオの作品に出演している。

既に名声を得ていたセネットは、1917年にキーストン・スタジオを去り、自身の映画会社を設立している(後に映画の配給はパラマウント映画が行うようになった)。セネット退社後、キーストン・スタジオの事業も縮小していき、最後は 1935年に倒産した。

キーストン・スタジオの照明機材やスタジオの施設の大部分は、ヴェニス (カリフォルニア州)のアワード・シネマ・映画機材社(Award Cinema Movie Equipment)を設立したレイモンド・キング(Reymond King)が、同年11月に購入した。

キーストン・スタジオの名称は、その後ケヴィン・スペイシー主演のコメディー、『ザ・プロデューサー英語版』(1994年)で、製作会社の名前としてクレジットされている。 上記の映画を製作したCineville社のカール・コールパート(Carl Colpaert)と、DVD製作会社のWestlake Entertainment社のリー・キャプリン(Lee Caplin)は2005年、共同でキーストン・スタジオという映画製作、配給会社を設立し、翌年、キーストン・スタジオの名称は新たに商標登録された[5]

画像集[編集]

出典[編集]

  1. ^ Internet Movie Databse
  2. ^ Silent Era.com
  3. ^ MovieMoviesite.com
  4. ^ Mutual Film Corporation at Silent Era. Retrieved 2012-01-30.
  5. ^ Robertson, Willa (2007-07-18). "Cineville, Westlake create Keystone". 雑誌バラエティ. Retrieved 2012-01-30.

さらに読む[編集]

  • Lahue, Kalton (1971); Mack Sennett's Keystone: The man, the myth and the comedies; New York: Barnes; ISBN 978-0-498-07461-5
  • Neibaur, James L. (2011); Early Charlie Chaplin: The Artist as Apprentice at Keystone Studios; Lanham, MD: Scarecrow Press; ISBN 978-0-8108-8242-3
  • Walker, Brent (2009); Mack Sennett's Fun Factory Jefferson, NC: McFarland and Co. ISBN 978-0-7864-3610-1

外部リンク[編集]